FC2ブログ

赤紫の独白・・・カープ時々サンフレ

万年Bクラスに安住を決め込んだか・・・色褪せた赤ヘルに鯉煩い、快適な目覚めを忘れた広島人のブログ

ようこそお立ち寄り下さいました<(_ _)>


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆横浜16回戦 フロントの「本気度」に「頑固者」マーティも心変わり?

内容はどうあれ、先日のオリックスとのトレードに続き、
この場に及んで飛び込んできた「新外国人投手獲得」の報に、
どうやら球団フロントは、本気で今年に賭けているらしいですね。

150キロ右腕ブラウワー獲得-中国新聞

北京五輪期間中の外国人枠拡大も視野に入れての事でしょうが、
横山投手の復帰がずれ込みそうな事に加え、
不安定なシュルツ投手を使い続けなければならないという
苦しい台所事情もあって、
カープ球団にしては極めて異例の獲得となったようです。

「150キロ台の速球とスライダーが武器」となると、
ほとんどシュルツ投手とダブる印象ですが、
ポイントは、シーズン中の来日で「日本の野球にフィットできるか?」
に尽きると思います。
35歳の年齢といい、正直多くを期待せずに
戦力となってくれる事を願うばかりです。


フロントの異例の動きといい、先日の栗原選手のブログといい
この場に及んでの7連敗に相当危機感を募らせたようですが、
当の現場を預るマーティも何か思うところ有ったようで、
今日の試合では、なんと犠打を4個も記録しました。

交流戦で勝ち越しを決めた際も犠打の増加が見られましたが、
ペナントレース再開と共に元の「バント嫌い」に拍車が掛かり、
7連敗含めたここ10試合でわずか2個だった事を思えば、
これまた、マーティにしては、驚きの心変わりでしょう。

皮肉なもので、バント多用したとはいえ、
試合は、2本の本塁打で何とかサヨナラ勝ちでしたが、
これまでも再三指摘されてきた
「チーム打率の割に得点力不足」という課題克服へ向けて、
マーティが心変わりしない事をこれまた願うばかりです。

広島―横浜16回戦(8勝8敗、18時、広島、21885人)

横 浜001001000―2
広 島000010012x―4

▽勝 永川31試合3勝1敗18S
▽敗 横山29試合2勝2敗
▽本塁打 石原7号(1)(横山)アレックス10号(2)(横山)
7/26 中国新聞 サヨナラ
アレックス、千金サヨナラ弾-中国新聞
劇的なサヨナラ勝ちとはいえ、今日の試合は、
自作自演ばかりか対戦相手の横浜の強力なサポートもあり、
とにかく序盤から本家カープも真っ青の拙攻の連続。

先発の宮崎投手は、6回途中2失点での降板となりましたが、
横浜打線に支えられての印象以外の何物でもない、
先発としては、危なっかしくてとても任せられない内容でしたし、
7回に登板した岸本投手も無失点で切り抜けたのが信じられない、
これまた横浜打線に助けられての内容で、
ようやく借金30抱えて最下位に沈むチームの本領を発揮してくれた
といったところでしょう。

一方の攻撃陣も犠打を多用したとはいえ、
相変わらずあと1本が出ない拙攻続きでしたし、
6回、やっと代打緒方選手がつないでくれたと思えば、
好返球に石原選手がクロスプレーで刺されたり・・・
もっとも、この本塁憤死が8回の同点本塁打につながったようで、
初球から積極的に振った結果、起死回生の一振りとなりました。

7/26 中国新聞 石原

昨日は、マエケンが四球出した直後の初球を同点2ランされ、
初球の入り方に課題を残したばかりですが、
今日の石原選手の同点本塁打といい、
アレックス選手のサヨナラ本塁打といい、いずれも初球、
それも高めの直球でした。

いずれも「一発長打」を狙って打ち気満々の局面だけに、
このあたりの配給というか注意力が散漫なあたりに
いかにも下位に沈む両球団の姿が凝縮されてるようで、
カープ投手陣も反面教師としてもらいたい内容でした。

正直「今日もこのまま押し切られるのか・・・」と諦めモードだった分、
同時刻に開催された広島みなと夢花火大会に負けじと
派手な2本塁打での逆転勝ちという内容に喜びも一入の反面、
あてにできない打上花火での勝利を素直に喜べない、
何とも複雑な心境ではありますが、勝ちは勝ちという事で、
明日の先発は健さんだし、4点取れば勝機も見えてくるので、
足と犠打を絡めたつなぐ攻撃で連勝といきたいですね。


毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島ブログ

スポンサーサイト

Comment

[201] 初代・毛利元就さんへ

殿、昨夜は落雷でネット環境が不通となり、
レスができませんでした。
よりにもよってあんな劇的な勝利を飾ったというのに・・・。

殿のコメントを見た訳ではないでしょうが、崖っぷちシーボルが
ようやく満点回答を出しましたね。
もっとも、マーティに負けず劣らずのヘボ采配を見せた
大矢監督にも救われましたが・・・。
切り札寺原は故障でもしたんでしょうか?
それとも、出すまでも無いとタカをくくったのか?

結果はサヨナラ勝ちとはいえ、
いつになく気持ちを前面に出した大竹投手の力投に
報いる事ができなかったのは反省点だし、
8回もアレックス選手の起死回生の一振りに救われたとはいえ、
打線の仕掛けの遅さは課題ではありますが・・・。

昨日もご指摘の通り5番が機能しなかった打線について、
5番梵は是非試してみたいですね。
ただし、役割をよくよく諭してからという条件付ですが・・・。
どうも見かけによらず不器用で小技が苦手な印象なので、
そのあたりがどうか?でしょうけど。

「カープの攻撃陣の持ち味は、足を絡めたつなぐ野球である」
それから考えれば、まだまだ走者を得点圏に進める点で
課題有りでしょう。
連日の効果的な本塁打攻勢に
マーティ以下目が眩む事がない事を願うばかりです。

[200] 打線にアクセントをつけろ! 第三話

赤紫さん、こんにちは。昨夜はアレックスがサヨナラ2ランを放って4-2で勝利。 1点をもぎ取れば勝てる局面で2点も取ってしまう。そのくせ、甲子園での3戦目で2-2の緊迫した場面や、横浜での3戦目(4-4)とか、神宮での3戦目(3-3)といった終盤の緊迫した場面で「勝負所の1点」をもぎ取ることができない。 やはり打線の組み方に問題がある。いまだに強&弱(=剛&柔)を付けた打線を組んでいない。昨夜の試合では4犠打を決めて、野手の犠打は45になったが、阪神の全野手による88犠打と比べると、まだまだ物足りない。 昨夜の打線と問題点を下記に示す。


1番東出(弱)
2番赤松(弱) *調子のよっては天谷(弱)でも良い
3番アレックス(強)
4番栗原(強)
5番嶋(強)  *梵(弱)&小窪(弱)を使え!
6番シーボール(強)  *嶋(強)を使え!
7番石原(弱)
8番小窪(弱)  *シーボル(強)を使え!
9番投手(弱)

赤紫さん、ブラウンは3番~6番まで強行策でいこうとしているのが明白だ。これでは打線がつながらない。バットの芯で捕らえた打球を三者連続で打っても、必ず1人は野手の正面に打ってしまう。 「塁間22M」というものはそういうものだ。狭い塁間に運動神経の良い選手が2人並び立つと、そう簡単には間を抜けて連続ヒットにはならない。 連打、連打というのはなかなか難しい。 だからこそ犠牲バントをして進塁させ、得点のお膳立てをする選手が必要だ!ブラウンはいまだにわかっていない。

上記の打線だと、弱ー弱ー強ー強ー強ー強ー弱ー弱ー弱となってしまう。 勝負所の7,8,9回に下位打線に回れば、まず点が入らない。7番あたりで打線が切れると、2イニング連続して、まず点が入らない。これでは終盤に競った試合を取ることはできない。おそらくブラウンの頭では7番石原も「強」として考えていると思う。 この打線ではアクセントが無いし、重要な局面で併殺打を連発して喰らうような組み方となるだろう。当然、流れは敵にいってしまう。

赤紫さんが以前いっていたように、「役割分担の明確化」が重要である。そのためには役割分担をしやすいような環境作り(=打線の組み方)をしなければならない。「さあ、犠打を増やすぞ!」といっても、すぐには効果的にはできない。 またセ・リーグはDH制が無いわけだから、8番打者がキーマンになる。ここは「強」を入れておかないと打線が回らないし、チームの四球数が増えない。

ファンの間ではシーボルに関する批判が強い。現在、打率254、打点24、7HR。四球17、犠飛0、長打率381、得点圏283。 荒木(中日)坂本(巨人)金城(横浜)より上かな。併殺打が13と多い阿部(巨人)やセ・リーグの三振王である吉村(横浜)と比較して、ドッコイ、ドッコイだな。私も彼のなでるようなバッティングや無死2塁で右方向へ打とうとしないで、あっさりと三振してしまうシーンを見て失望させられている。特に、彼に中軸を打たせた時、3番、4番との「気持ちのつながり」がない。 私は以前より言っているが、彼を8番に置いて、リラックッスさせて打たせたほうが良いと思っている。
数字を見ると、先発で外すほどの成績でもない。間違っても、「守備重視」とか言って、ショート木村昇、サード小窪にするなんて愚策である。愚の骨頂である。シーボールはまだチームに溶け込んでいないだけだ。 時間が必要だし日本の投手と審判に馴染んでくれば、必ず結果は出ると思う。いや、4番でも打てる能力を持っている。栗原だって必ず調子を落としてくるだろう。その時に絶対に必要な選手だ。阪神は8番にバルディレス、ヤクルトは8番にウィルソンを使ってくる。 1年目外国人の調子が今一の場合によく使う采配。1年目は活躍しても日本人中軸打者との「気持ちのつながり」が期待できないことが多い。そういう時に8番外国人は効果がある。 監督として、外国人打者に関しては結局、「強攻策」を取るしかないわけだから、調子が今一の場合、中軸に影響しない打順に入れて再生をはかったほうが広島のためになると思う。間違っても、守備重視という考えでショート木村昇&サード小窪を選択してはいけない。これはもう自爆的采配であり、愚策だ! シーボルは使い方の問題。 重要な場面の多い中軸に置いてはいけないだけの話し。今の調子なら、6番もやめたほうが良い。8番だ!

赤紫さん、阪神が新井戦線離脱後も4勝4敗と踏ん張っている。 5番打者・関本(リーグ最多犠打数=34)を上手く使って、勝率5割ペースを維持している。同じ状況で果たしてブラウンにこれができるか?私は連敗すると思う。それだけ今の打線の組み方はアクセントがなく、強攻策ばかり取るのを前提として組まれているから、勝負所の1点がとれないし、競った試合で連敗する危険性をもっている。 無死1塁で三振やポップフライが多い。 五番打者がキーマンだ!

梵に関して言うと、彼は入団1年目でセ・リーグ最多3塁打8個を記録したりして、総合評価で「新人王」に選ばれた選手。この選手が今年、「犠打数0」というのは、いかがなものか?この選手こそ、阪神の関本のような活躍をしなければならない。梵の犠打数が多く同時に「ここぞ!」という場面で安打を打つような勝負強いバッティングをする環境にならなければならない。 小窪に頼るということは広島にとっては悪い傾向だ。ブラウンは梵の使い方と打順での働き方を完全に間違えている。
なぜ、間違ったのか? その答えが「漠然としたケースバッティング」だ。梵も東出と同じでカード3連戦で何度か犠牲バントをしながら、4打数1安打1犠打というリズムで、打率を維持していく選手である。梵にとって犠牲バントは必要なビタミンである。ただし、東出よりもパンチ力はある。まさに、うってつけの「関本タイプ」の打者。一方、梵の悪いところは選球眼の悪さだ。ここ改善すれば、リーグを代表する選手になれるし、今年の関本を超える活躍は十分に期待できる。 指導者は梵の再生をやるべきだ! 梵自身のストライクゾーンの確認と審判の傾向を徹底的に研究し、同時にあらゆる局面を想定したハイレベルのバント練習を徹底してやるべだ!よって、2軍では梵独自の調整方法でやらせたほうが良い。

他球団の関係者は梵の再生を最も恐れている。それだけ「梵にはよくやられた。」という実績があるし、実力もあるんだら・・・。

広島の浮上は梵が5番に入り、栗原がシングルで出塁した後にチームのために犠牲バントをどんどんやること。そして、栗原が凡退した時は2塁打、3塁打という長打で勝負所の局面を打開できるようになること。 これができれば打線はつながるし、競った試合でも勝負所の1点がスムーズに取れるようになると思う。

2番赤松&天谷+5番梵の犠打合計(=16)が阪神の関本&平野の犠打合計(=56)に近づくようにならないといけないし、そうなるような打線を組まなければならない。

新加入のブラウアーに関しては中継ぎで使うと思う。シュルツの速球はまだ生きているし、あの速球なら十分いけると思う。
個人的には元西武のマクレーンを取ってほしかった。コズが遠征で2勝して先発のメドがたったから。しかし、球団幹部は7連敗の原因を「投手力の減退」に見たので、投手を補強したんだと思う。 これで1軍外国人枠4人に対して6人体制でいくことになった。以前にも述べたが、1軍登録28人に対して、外国人枠がたったの4人は少ない。日本球界は閉鎖的だ。オーナー松田元及び球団本部長はNPBに向け、日本球界における「外国人枠の拡大」を訴えていくべきだろう。 28人のうち6~8人ぐらいは認めるべきだろう。それでも20人以上は日本人で固めるわけだから。 「1軍の外国人枠は4人まで」というのは少な過ぎる。 その一方で「日本人とメジャーの格差は縮小した。」とか言っているんだから、なおさら門戸を開放する時にきている。もう昔とは違う。多くの日本人プレーヤーがアメリカ市場で受け入れられているんだから、日本市場も外人枠を緩和すべきだろう。

赤紫さん、私が「打線にアクセントを付けろ!」と主張しているのは選手の役割分担を明確にできるし、、それができれば、ゲーム序盤・中盤でもっと犠牲バントををやれる環境になるし、、先制点になれば、試合の主導権を握れるし、終盤になっても、下位打線で勝負所の1点をもぎ取れるような環境作りにもなるし、それが競った試合でも勝てる環境になるということ。
そのためにも「アクセント(=強弱)の付いた打線を組むことが必要だ!」と主張している。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://akamurasaki06.blog17.fc2.com/tb.php/283-e151fa57

«  | HOME |  »

いらっしゃいませ<(_ _)>

ただ今の閲覧者数:

since 2007/12/16


独白者

赤むらさき

Author:赤むらさき
色褪せた赤と紫に染まった憂鬱な日々を過ごす広島人。
最近は、慢性睡眠不足に悩む毎日です。


直近の流れ


We Are CARPぴーぷる


赤紫つながりの輪

このブログをリンクに追加する

いただいたコメント


多謝 トラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


ブログ内検索


AD-Butterfly


よろしくお願いします<(_ _)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 広島ブログ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ようこそ!感謝です<(_ _)>


プロ野球Freak

powered by プロ野球Freak
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

Sports@niftyプロ野球速報


J1順位表


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


広告欄1


目指せ!たばこ銭

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット! >

by FC2


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。