FC2ブログ

赤紫の独白・・・カープ時々サンフレ

万年Bクラスに安住を決め込んだか・・・色褪せた赤ヘルに鯉煩い、快適な目覚めを忘れた広島人のブログ

ようこそお立ち寄り下さいました<(_ _)>


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆中日15回戦 チームに息を吹き込んだ「命がけ」の4番の一振り

正直なところ「やれやれ」といったところでしょうか。

今日は、夏の甲子園を賭けた高校野球の決勝戦
「広陵VS総合技術」を観戦しましたが、
悲願の甲子園に向けて序盤7点リードを奪った総合技術に
「さすがの広陵もこれまで」と思いきや、
一気に7点あげての同点劇から最後は12対10という
壮絶な打ち合いの末、大本命の古豪の意地が炸裂した試合に、
「カープよりよほど熱いじゃん」と感じた次第でしたが、

本家は、攻守共にガタガタで、それも日増しに悪くなっていく状態に
8連敗&2カード連続3タテも覚悟していましたが、
思わぬドラマが待っていたようで、
重い扉をこじ開けたのは、4番の一振りでした。

7/23 中国新聞 栗原
栗原、連敗止める-中国新聞

4安打4打点と火を噴いた4番栗原選手に
「一体何が有ったのか?」と気になってはいましたが、
栗原選手のブログを見て納得しました。

やはりチーム内のムードも最悪だったようで、
更新されない事で有名なブログにつづられた心の叫び。
読んでいて痛々しい気持ちにさせられましたが、
あれこそ「決意表明」のようなものだったのでしょう。

左指の疲労骨折を押しての4番出場も然ることながら
「命懸けで」「頑張ります」という心意気、しかと受け取りました。
結果が伴わないまでも心は折れていない事が解っただけでも
前向きになる事ができました。

中日―広島15回戦(中日9勝4敗2分、18時、ナゴヤドーム、35781人)   

広 島001050110―8
中 日101010000―3

▽勝 コズロースキー25試合2勝2S
▽敗 佐藤亮4試合1敗
▽本塁打 栗原14号(3)(佐藤亮)

4番栗原選手の影に隠れてしまったけれど、
4番のただならぬ決意に呼応したのが東出選手だったようで、
今日はタイムリー含む猛打賞も然る事ながら、
序盤から連続盗塁と仕掛けていました。

立ち上がりは、牽制悪送球に暴投と先発コズの独り相撲で
あっさり先制許し、
同点直後にも荒木選手に2盗、3盗とかき回されたあげくに
あっさりと突き放される嫌な展開でしたが、
結果として満塁まで追い詰められたものの
何とか凌ぎきったコズの踏ん張りも大きかったですね。

4番栗原選手の一振りが思い扉を開け放ったようで、
その後、2死ランナー無しから四球挟んで3連打で2得点と
つながった攻撃には正直驚かされたし、
7回、8回と1点ずつダメを押す展開には、
「昨日までは何だったんだ?」と狐につままれた感じでしたが、
一振りであれだけボロボロだったチームが息を吹き返すとは、
改めて4番の存在感を思い知らされると共に、
栗原選手がまた一段真の4番に近づいたと確信しました。

あと、苦しい台所にもかかわらず、
ふらつき気味のコズを早々に見切った後を受けて登板し、
2回を危なげなく抑えこんで中継ぎ陣の最後の砦を死守し、
壊滅を回避した上野投手もナイスピッチでした。

まぁ、中日も今日は二線級投手の甲羅干しだったようで、
割り引く必要もあるでしょうが、
まずは連敗阻止、それも打つべき人が打って
チーム内に波及効果が広がっての快勝だけに、
遅ればせながらようやく梅雨明けを迎えたと思いたいですね。

栗原選手に言わせれば、選手の皆さんは「命懸け」だそうですが、
それでも昨日までのボロボロぶりを見せられた後だけに、
たかが1勝したくらいでとても浮かれる気にはなれないけれど、
長かった長期ロードも最後を快勝で締めて帰広となりました。

一日挟んで横浜-巨人と地元でオールスター前最後の連戦に
挑む訳ですが、前回、強烈なしっぺ返しを喰らった借りを返すべく、
まずは今日の勢いをもって横浜戦に挑んでほしいものです。

個人的には「たかが1勝」で終わらせる事なく、
再浮上を告げる号砲となってほしいと願うばかりです。


毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島ブログ

スポンサーサイト

Comment

[193] きぬけんさんへ

前日まで空中分解寸前という壊れ方だっただけに、
野球ってホント解りませんねぇ。

寡黙な男がブログでああいった「告白」をせざるを得ない位、
ファンに対する思いやら命がけでプレーしても結果が出ない
焦りやら苛立ちやらがチーム内に渦巻いていたようですね。

その複雑な心境をバットに込めた栗原選手は、
本当に素晴らしいと思います。

昔の4番といえば、
勝てば神様のごとく持ち上げられたかと思えば
負けたらファンの野次や罵声の矢面に立たされる
良くも悪くも「チームの顔」的存在でしたが、
最近は分業制やら攻撃パターンの増加等により、
以前ほど存在感が際立たなくなってる気がしますが、
開幕以来、不動の4番を張り続けている「4番栗原」に
初めて魂が込められたような気がしました。

かつて、苦しい時、「ここで1本」という時にこそ
結果を出してくれたミスター赤ヘルの姿を思い出しました。
「これぞ!4番」っていう姿を・・・。

前後の打者がちょろい分、マークも厳しくなりがちで、
腰痛も心配ではありますが、後半戦へ向けて
更にチームを引っ張ってもらいたいですね。

コズの続投は、やはり同胞に対して白星献上したいとの
思いの方が優ってましたかね?
まぁ、崖っぷちで自滅しなかったあたりが大島あたりとの差
なんでしょうね。
流れが来た後とはいえ、中継ぎ最後の砦となった上野投手も
よく踏ん張りました。

まぁ、勝つ時はこんなものでしょうが、
「4番の一振り」の余りの効果に「究極のカンフル剤」との
思いをより一層強くしました。

[192] 栗原は良い選手になって来ましたね☆

こんなに爽快な勝ち方って、久しくありませんでしたよねぇ・・。^^;
四番がホームラン打って勝つってことがプロ野球において、これほど難しいことだったとは、浩二の時代からすれば考えられないことでした。
昔はそれこそ、王、長嶋が、田淵や掛布にバースに落合らが、スコーンとHR打って勝負あり!って花火みたいな試合がたくさんあったと思いますが、時代でしょうかね、、あるいはカープだけなのか、一ヶ月に一回程度、そうした試合を見れるだけ、、というのは。。
でも、阪神は、しょっちゅう金本がいい所で打ってスポーツ面を賑わしているので、やはりカープだけ、クリーンアップが脆弱すぎるのかもしれない・・・。

ある意味、今日は、神様からのプレゼントみたいな試合で、これが監督采配によるものだったとは到底言えません。
アレックスの四球から新人投手が自滅しただけ、、とも取れます。
これは144試合ある中のほんの2~3試合。
あとは、苦労に苦労を重ねて、守りに守って、送りに送って勝つ以外、借金を返してゆく手だては無いのです。

コズロースキーに勝ち星をあげるために5回までもたせたのも疑問。 5回裏でカンカン打たれてたら、せっかくのムードも台無しだったと思います。
ただ、“勝ちをコズにあげる意識”ではなく、“中継ぎを出し惜しみする意識”ならわかりますが。。

確かにブラウンは浩二のように投手の神経を逆撫でするような継投はしませんが、采配らしい采配もしない、または出来ない。

カープの選手が一生懸命やってるのは伝わってきます。
だからこそ、監督がそれに応えないと・・・。

ここはそろそろ殿が監督をやられる出番ですかな。。^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://akamurasaki06.blog17.fc2.com/tb.php/280-92449538

«  | HOME |  »

いらっしゃいませ<(_ _)>

ただ今の閲覧者数:

since 2007/12/16


独白者

赤むらさき

Author:赤むらさき
色褪せた赤と紫に染まった憂鬱な日々を過ごす広島人。
最近は、慢性睡眠不足に悩む毎日です。


直近の流れ


We Are CARPぴーぷる


赤紫つながりの輪

このブログをリンクに追加する

いただいたコメント


多謝 トラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


ブログ内検索


AD-Butterfly


よろしくお願いします<(_ _)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 広島ブログ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ようこそ!感謝です<(_ _)>


プロ野球Freak

powered by プロ野球Freak
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

Sports@niftyプロ野球速報


J1順位表


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


広告欄1


目指せ!たばこ銭

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット! >

by FC2


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。