FC2ブログ

赤紫の独白・・・カープ時々サンフレ

万年Bクラスに安住を決め込んだか・・・色褪せた赤ヘルに鯉煩い、快適な目覚めを忘れた広島人のブログ

ようこそお立ち寄り下さいました<(_ _)>


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★横浜13回戦 横浜銀行に貯金1じゃ5割遠いのも無理ないか・・・

ご破算で願いまして~は、
阪神7、巨人6、中日・ソフトバンク・楽天各4、
日ハム・オリックス各2、広島・ヤクルト各1、西武・ロッテ各0では?

正解は31、ぶっちぎりの最下位に沈む横浜のチーム別借金ですが、
上位球団がいずれもカモにしているのに対し、
カープはヤクルトと並んでわずかに1勝勝ち越してるだけと
現在の順位をそのまま反映しています。
勝率5割を目前に借金完済に苦しんでるカープですが、
横浜銀行にすら貯金が乏しいのでは、当然の結果でしょう。

中日、阪神の上位球団だろうが、ぶっちぎり最下位の横浜だろうが、
常に五分の戦いしかできないって、強いんだか弱いんだか・・・。

まぁ、一つはっきりしている事は、
「現状の戦いぶりではAクラスは無理」という事でしょうか。
阪神、中日に大きく負け越している分を下位球団で取り戻さないと
どんなに頑張っても勝率5割を超える事はないですから。

マーティは「勝率5割にこだわらない」とコメントしてましたが、
狙えるうちにこだわっておいた方がいいんじゃないですか?
何せ、借金1で勝率5割に挑んだ試合の結果は、
1勝10敗2分と最下位横浜以下の成績ですから。

もっとも、当面の目標は勝率5割ですが、
チームの最終的な目標は「クライマックスシリーズ出場」な訳で、
借金抱えていても「3位までに入ればいい」とも言えますが、
まぁ、そこまでボーダーラインが下がるのは望み薄でしょうけど・・・。

いい加減、5割前後を上下するばかりの
Bクラス限定のメリーゴーラウンドから降りないと
気が付けば「3位の後姿」も遠ざかる一方で、
肝心のAクラス争いに乗り遅れたら、
あとは11年連続の指定席に戻るしかなく、
寂しく「マーティ最後の晩餐」を囲む事になるでしょう。

横浜―広島13回戦(広島7勝6敗、18時、横浜、10739人)

広 島000000000―0
横 浜01201000X―4

▽勝 小林19試合4勝5敗1S
▽敗 青木高13試合2敗
▽本塁打 ジェイジェイ2号(1)(青木高)村田24号(1)(長谷川)

それにしても、取り上げる内容に困るくらい、
あっさりと最下位横浜に捻られましたね・・・
情けないを通り越して呆れるばかりの試合でした。

中国新聞「カープ情報」の見出しは、
拙攻7度目零敗でしたが、
散発4安打では「拙攻」と言うには寂しすぎる気がして、
むしろ「貧打」と言うべきでしょう。

恐らくは、いずれも先頭打者が出塁した際の3併殺を
注しての事でしょうが、新人投手相手にお寒い限りの攻撃でした。

まぁ、初回、先頭打者の東出選手がヒットで出塁した際の
送りバント、エンドランいずれも失敗した挙句に
凡フライを打ち上げた赤松選手の打席が全てだった気もしますが、
思い切りの良さが売りの赤松選手に「右方向に転がせ」と言っても
無理があるように思えてきました。

打撃絶好調で出塁率も高い東出選手の1番起用は、
いかにもマーティらしい起用だとは思いますが、
肝心の2番打者が進塁させられないのでは話になりません。

赤松選手には「足を活かそう」という意識よりも
「思い切り良く振ろう」という意識の方が強いようなので、
「つなぎ」や「進塁打」を要求するよりも一番で好きに打たせておいて、
2番東出選手の方が仕掛けのネタが豊富な気がします。

仮に初回1死2塁にしておけば、
小林投手にも多少の圧力を掛けられた分、
ここまで乗せる事もなかったように思えて仕方ないのは、
単なる結果論としてではなく、交流戦終了後目立ってきた
「足を絡めて仕掛ける事無く、単に打者任せで打たせてきた」ツケが
ここ最近の得点力低下につながっている気がするからですが、
せめて2番打者には、
最低でも右方向に転がせる打者を起用してもらいたいです。

2回、5回と2打席連続で併殺打に倒れた嶋選手にしても、
こうあっさりと注文にハマってしまうのでは、芸が無さ過ぎですが、
まぁ、赤松選手と比べれば、それこそ結果論に過ぎません。

それでなくても、長打力も得点力も低い打線なのだから、
せめて先制点をあげるまでは、確実に走者を進めてほしいものです。

一方の投手陣も先発青木高が自分の持ち味を忘れて、
「打たせないで打ち取ろう」としているような内容でしたが、
緩急や内外角の使い分け無くして通用しないのは当たり前。
もっと自分の持ち味を整理して投球を見直さないと、
いつまでも「打撃投手」の域から抜け出せない気がしました。

後は「先発失格」の烙印を押された42番がリリーフ登場も
主砲村田選手にソロ本塁打を喫して1失点と、
今日もいい結果を出す事ができませんでしたし、
マーティ自ら乗り出した再生は、上手くいっていないようで、
早いうちに由宇へ送って「顔洗って出直してこい」と
突き放すべきでは?と思います。

シュルツ、岸本まで投入した一方で、
梅津、永川といった登板過多の「勝ち組」を
休ませる事ができた点が唯一の救いでしょうが、
今日のような内容の無い敗戦を喫しているようでは、
「取りこぼし」などと言う資格すら無いですね。

まぁ、これで「ただ今6連勝中」とお得意の借金2なので、
今日はマエケンあたりで快勝の番と期待するしか
慰めようの無い「情けない完敗」でした。


毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島ブログ

スポンサーサイト

Comment

[173] 初代・毛利元就さんへ

殿、昨夜はひどい試合でしたね。

最下位横浜の新人投手にあえなく完封を許していては、
どちらが最下位なのか?目を疑いたくなる試合で、
内容の無い、ホント、ネタ探しに苦労する有様。

マーティからすれば
「新人投手の攻略など訳ない」となめてかかったのか?
攻撃陣によほど自信を持っていたのか?
いずれにせよ、とんだ自信過剰が招いた強攻策としか思えない
無策ぶりでした。

まぁ、初回の立ち上がりが全てだったのでしょうが、
赤松の2番は、どうも小技を仕掛けて上手くいった記憶がない、
大抵はサインプレーをミスって強行の末、凡フライと
進塁打すら打てないケースが目立つ気がします。
性格的にも思い切りの良さを活かすべく、
1番がいい気がしますので、東出選手と入れ替えるだけでも
打線のつながりは良くなる気がします。

犠打の数については、予想通りの結果ですが、
首位を独走する阪神の岡田監督の采配は、
クリーンアップの前にランナーを得点圏に送る事といい、
リードしたら「JFK」を送り出す事といい、
愚直なまでに型を押し通す信念が感じられ、
ぶれない事が選手との信頼関係にもつながってるように
思います。

その点、マーティは「セオリー」をどの程度理解しているのか?
何やら奇策はお得意のようですが、セオリー重視で判で押した
ような采配は面白みがないのか?嫌いなようですね。

まぁ、勝負事の世界では、数をこなせばこなすほど
「セオリー」が幅を利かせるようになる訳で、
奇策はあくまでも奇策に過ぎず、やはりセオリー通りに
落ち着くのではないか?と思うんですけどね。

更に、百歩譲ってチームの采配は監督の特権事項なので、
サインよりも自主性を重んじる方針なら、それもいいですが、
勝負事である以上、結果が思わしくない場合は、
何か違うアプローチを探って欲しい気がします。

せっかくの機動力野球をできる俊足の選手や
リーグ屈指の強力代打陣を抱えながら、
どうも目指す野球もはっきりと見えてきませんし・・・
何か使えていない印象ばかり目に付きます。

いい加減、本気で巨人、中日を追い掛けないと、
これ以上、向こうから落ちてくる事は望み薄な以上、
良くて4位止まりと11年連続Bクラスに沈みかねず、
そうなると、マーティも今季限りでお払い箱でしょう。

メジャー復帰の踏み台と考えるなら、
そろそろ結果重視の采配に切り替えるべきでしょうね。

[172] ブラウン野球は犠牲バントをしない。ギャンブル性の強い野球だ!

赤紫さん、おはよう。今日はセ・リーグの儀打数から述べることにする。niftyのデータによると阪神84個、ヤクルト74個、巨人53個、中日と横浜が51個、広島が39個となる。これを見てもわかるようにブラウンは犠牲バントが大嫌いなのがわかる。
阪神とは倍以上の差だ。現在、広島のチーム打率は271でセ・リーグ2位。しかし、総得点が278でセ・リーグ6位。 広島はもっと多く得点できていてもいいのに、ブラウンの「バント否定論」が足を引っぱている。 広島のHR数は57本でリーグ4位。
阪神は42本で6位。しかし阪神の総得点は341でリーグ1位。
長打うんぬんより、この差は犠牲バントをするか?しないか?の差だと思う。阪神は関本&平野で犠打54。二人で広島の総儀打数をはるかに上回っている。

昨夜の試合も1回、2回、5回と無死1塁のチャンスで全て併殺打。これでは流れが横浜に行ってしまう。1回表は絶対に犠牲バントだ!1死2塁アレックスの局面を作っておけば、小林は動揺し、どんな試合展開になっていたかわからない。広島有利になっていた可能性は十分にある。ルーキー小林がコーチから「先頭打者を出すなよ!」と言われてマウンドに送られ、期待に反して東出を出塁させた時の動揺は長谷川や大竹が同じ事をしたときの動揺よりも大きいのがブラウンにはわからないか? 
2回、5回に関しても、以前私が「4番栗原はシングルヒットが多い」と書き、5番には機動力と犠打が期待できる天谷を入れたらどうか?というのを書いたが、相変わらずブラウンの采配は押すばかりで、引くことを知らない。采配が剛ー剛ー剛や強ー強ー強ばかりだ。 柔や弱が無い。攻撃にアクセントがなく、単調だ。結局これが淡白な打線になる。内田コーチは「打線につながりがない」と言っているが、選手たちは3度も先頭打者出塁を果たすなどして、ちゃんとやっている。しかし、肝心な指揮者が必要な場面でバントをしないで打線を途切らせているのが現実だ。

中国新聞によると赤松が第一球目をバント失敗と書いてあるが、それは違う。あれは赤松自らの判断でやった様子見だ! もし監督が必要と考えるのなら二球目もバントさせている。赤松はバントの心構えはできているし、「監督さん、この場面はバントですよ!」というジェスチャーをしているわけだ。 しかし、ブラウンが頑なにそれを拒否しているのが真相だ!中国新聞はその雰囲気を試合中に読み取れないのか? 
ブラウンの考えでいくと、無死1塁や一死1塁で併殺打を打った選手が至らなかったという結論になるんだろうが、併殺打になりにくい環境を与えずして、彼が監督の仕事をしていないのが真の原因だ。 

今のブラウン采配は無死1塁では①自由に打っていけ!②ヒットエンドラン! この2つしか選択肢がない。 これでは相手にすぐ読まれてしまうし、1塁手や3塁手も前進したりしなくて済む。また四球も増えないし、野選も出ない。愚かな采配をしている。
赤紫さん、カープの選手はキャンプでバント練習をしている。しかし、監督が公式戦でバントのサインを出さないのであれば、何のためのバント練習だったのか? せっかくの練習が台無しだ。

ヒット4本放って、3本が無死からの安打。 先頭打者が塁に出るということは攻撃としては良い流れになっている。しかし、監督がチャンスを一瞬にして潰すような采配を続けていれば、勝つチャンスはどんどんなくなってしまう。ブラウンはそのことをわかっていないのか?

私がブラウン采配を見てきて、いつも感じるのは「無死1塁も2死1塁も同じ。HRを打ってしまえば、どちらも2ラン」という愚かな考えがブラウンの根底にあるような気がしてならない。彼の攻撃采配には「アウト・カウント」というものが存在しない。無死1塁も2死1塁も同じ。これが彼の野球観だ!まさにギャンブル野球であり、カジノ野球だ! これでは競り合った展開では勝てない。今後とも多くのファンはブラウンによるバントをしない采配と付き合って、痛い目に合うだろう。

長打のない打線が犠牲バントを拒んでどうするのか? それで得点効率が上がると思うのか?レギュラー選手が3連戦で12打席から13打席立つ過程で、1回~2回のバントをしても、他の打席では自由に打てる機会が十分にあるわけだから、もういい加減、必要な局面では積極的に犠牲バントのサインを出して、確実に進塁させる手法を取り入れるべきだろう。
カープの中で勝ちたい気持ちが最も空回りしているのは数人の先発投手とブラウンだ!

「ブラウンよ、必要な場面で犠牲バントをして進塁させることが、そんなに恥ずかしいのか?」と言いたい。日本の野球がインディアンス3Aの気質に合わないのか? 10年単位で見ると、アメリカン・リーグ中地区で堅実な野球をするのはミネソタ・ツインズであり、ここが伝統的に地区の常勝チーム。 クリーブランド・インディアンスは良い時と悪い時のギャップが非常に激しい。 万年最下位がロイヤルズ。

個人的な見解だが、インディアンスはあまり堅実な野球をするチームではない。どちらかと言うとギャンブル性の高い野球をして、勢いだけで勝っていくチーム。 ブラウンはギャンブル性の高い戦術ばかり身に付け、ギャンブルに出る必要のない場面で再三再四ギャンブルに出て、その落とし穴に何度もはまるような野球を今後続けていく可能性は十分にある。 非常に危険だ。「ブラウンよ、改心せよ!」と言いたい。 3Aでは優秀な選手をメジャーに上げるのが目的であって、そんなに勝負にこだわらないから、バントのサインをほとんど出さなかったのだろうか?DH無しのセ・リーグで儀打数39はやっぱり少ない。

日本では昔と違って、今やメジャー中継は日常の娯楽。 メジャーでも堅実な野球をするチームはちゃんと犠牲バントをすることを日本人はみんな知っている。「ブラウンよ、犠牲バントをためらうな!」と言うしかない。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://akamurasaki06.blog17.fc2.com/tb.php/268-4e087fe3

«  | HOME |  »

いらっしゃいませ<(_ _)>

ただ今の閲覧者数:

since 2007/12/16


独白者

赤むらさき

Author:赤むらさき
色褪せた赤と紫に染まった憂鬱な日々を過ごす広島人。
最近は、慢性睡眠不足に悩む毎日です。


直近の流れ


We Are CARPぴーぷる


赤紫つながりの輪

このブログをリンクに追加する

いただいたコメント


多謝 トラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


ブログ内検索


AD-Butterfly


よろしくお願いします<(_ _)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 広島ブログ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ようこそ!感謝です<(_ _)>


プロ野球Freak

powered by プロ野球Freak
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

Sports@niftyプロ野球速報


J1順位表


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


広告欄1


目指せ!たばこ銭

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット! >

by FC2


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。