FC2ブログ

赤紫の独白・・・カープ時々サンフレ

万年Bクラスに安住を決め込んだか・・・色褪せた赤ヘルに鯉煩い、快適な目覚めを忘れた広島人のブログ

ようこそお立ち寄り下さいました<(_ _)>


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆阪神10回戦 横山投手の離脱でほろ苦い「7度目の赤紫丼」

冒頭から動揺しているのは、
中国新聞「カープ情報」の球炎の書き出しによるものだ。

ここ3試合登板が無く、今日も1点勝負の展開だったにもかかわらず
マウンドに上がる事のなかった不動のセットアッパー横山投手。

公式コメントでは「休養」との事だったが、
どうやら投げれる状態にはないようだ。

ここまで19試合連続無失点とカープの中継ぎ陣にあって
「勝利の方程式」の一翼を担ってきた・・・
というより最も信頼できる「切り札」だっただけに、
持病である「ルースショルダー」の再発でない事、
後半戦には復帰してくれる事を祈るばかり。

今日の試合でようやく上野投手が1回の壁を破って、
2回を無失点に抑えてくれた事で、
「これで中継ぎ陣の負担も軽減できる」と思った矢先だけに、
本当に辛い気持ちで一杯です。

切り札を欠いても、残されたメンバーで戦っていかなければならない、
今思えば、ここ数試合の中継ぎ陣の頑張りには、
こんな気持ちの表れだったのかも知れませんね。


本来ならば、今日の勝利は、開幕以来の念願が叶ってのもので、
チームにとっても実に価値有る1勝だっただけに、
意気揚々としていたのですが・・・。

チームの4番が続いて移籍し、因縁めいていた関係が
決定的になった昨オフの前4番のFA移籍。

それも「カープにいては優勝争いできない」と
三行半を突きつけた挙句に「お涙頂戴」会見と自己弁護に明け暮れ、
移籍した途端に「アニキと揃ってベロを出す」かの態度には、
散々愚弄されたような気がしてきっぱりと縁が切れたものの、
何とか一矢報いる事はできないか?と考えた末に
思い描いたシナリオが
「補償選手として移籍してきた赤松選手による
敵地甲子園でのお立ち台」

それがようやく今日実現した。

「思い切りの良さ」の一方で、あっさりとポップフライを打上げ、
自らの俊足を活かそうとしない打撃には疑問も感じますが、
何だかんだ言っても、打率も3割を維持しているし、
今日の決勝タイムリーもフルスイングゆえのポテンヒットであり、
持ち味を発揮したという事でしょう。

それでなくても、走塁面でこそ期待したほど盗塁数増えてこないものの、
成功率100%だし、守備面での貢献は絶大なるものがある上に、
おとなしいチームにあって貴重な喰らい付いていくガッツもあるし、
本当にいい選手をいただきました。

7/12 中国新聞 赤松

おまけに6回裏の同点のチャンスで1、2塁間に運ばれた打球を
残された後継者の栗原選手が横っ飛びで好捕してのものだけに、
喜びも一入というもの。

どうやら疲労性の腰痛で右方向にしか打てないようだが、
まぁ、好きで移籍した熱狂的なファンの元、
しっかりと風当たりの強さに耐えてもらいたいものです。


阪神―広島10回戦(阪神7勝3敗、18時、甲子園、43528人)              
広 島000010000―1
阪 神000000000―0

▽勝 コズロースキー23試合1勝2S
▽S 永川28試合2勝1敗17S

▽敗 安藤12試合7勝5敗

投打共に絶好調の首位阪神相手に勝利するとすれば、
それでなくても得点力に劣るだけに
「これしかない」という先制逃げ切り、それも最少得点でしたが、
正に横山投手を欠いて奮起した投手陣様々の勝利でした。

中でも、ルイス投手不在の間隙を縫って、
1軍登録即先発してきたコズロースキー投手。

7/12 中国新聞 コズ

リリーフの時は、ランナー背負ったら制球が乱れ、
打たれだしたらカッカとして止まらなくなるといった感じでしたが、
ルイス投手に負けず劣らずの赤鬼のような風貌からは、
想像できないナイーブな性格で「チキンハート」と揶揄されるほどとは。

性格的には、リリーフよりも先発向きという事でしょうが、
今日は「チキン」どころか初先発、それも四面楚歌の甲子園とは
思えないほど、堂々と攻めの投球が目立ちました。

独特の大きなカーブと力の有る直球に加え、
何より課題の制球面で崩れなかったのが好投の要因で、
次回以降もランナー背負って揺さぶられた際にどうか?
更にキャンプ来、チーム事情によりリリーフで調整してきただけに、
スタミナ面がどうなのか?も気にはなりますが、
もし「本物」だったら、
ルイス投手との「ツインタワーズ」揃い踏みは壮観でしょうね。

昨日同様に先制したとはいえ、わずか1点のリードを
しっかりと守りきった中継ぎ陣も頑張りました。

コズの残した2死1、2塁を継いだ梅津投手は、
一瞬冷やりとする当りを栗原選手の好守に救われて、
これで連続無失点記録を22試合に延ばしました。

更に後を継いだ上野投手は、ここまでの信頼性から
1回戦ボーイだったのが、今日は2回を完璧に抑えました。
相変わらず入団時の「パワーアーム」のふれこみと違って、
変化球主体の投球ですが、
今日は、変化球でストライクが取れていて、
制球面の安定が好投につながったように思います。

最後は、これまた連投となる永川投手が3人で締めましたが、
こちらはこれといった故障癖もない上に、
開幕当初に出遅れた分、まだ余力が有るでしょうから、
まだ頑張ってもらえそうです。

今日の投手陣から「打者を攻めるという気迫」が、
共通して伝わってきたのが何とも頼もしい限りで、
横山離脱という危機に「雨降って地固まる」ような気配を感じました。

連日の1点勝負を制して、
首位阪神のマジック点灯を阻止すると共に
連敗を2で止めて、先頃まで居座り続けた借金1に戻しましたが、
ルイス不在の中で連敗を2で止めた事に意義があり、
今日の赤松選手の叩き出した1点は、正に値千金でした。

再び挑む5割到達に加え、大きく負け越しているカード勝ち越しと
今日の試合も結構重要な試合となりますが、
先発は、復調気配の健さんでしょう。

両軍合わせて2戦20イニングで2得点とがっぷり4つに組んで、
そろそろ得点が動きそうな気配がしないでもないですが・・・

そういえば、今日はサンフレもホームに岐阜を迎えての試合を
4-0で圧勝したようですね。

7/12 中国新聞 サンフレ
サンフレ全開4発 岐阜に圧勝-中国新聞

これで先週に続いて今季7度目の「赤紫丼」となりましたが、
サンフレが1試合で4点獲ってるのにカープときたら打てなさ過ぎで、
1ゴールでも分けてもらいたい気分です。


とはいえ、首位独走中の阪神と5分に亘り合ってる渡り合ってる姿に
Bクラスに低迷し続けた面影は消えつつあるようで、
何やら期待を高めつつある自分を戒めなければ・・・。


毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島ブログ

スポンサーサイト

Comment

[163] 初代・毛利元就さんへ

殿、おはようございます。

連日「あと1点」が取れずに連敗したかと思えば、
昨日は正に「虎の子」の1点を守りきっての辛勝。

強いんだか弱いんだか訳が分かりませんけど、
延長戦での連敗に気落ちしてズルズルといかなくなっただけ
でも「変わったな」との印象です。

阪神も同様ですが、改めて「打線は水物」と思い知らされる
と共に、カープ投手陣の頑張りには脱帽ですね。

となると、やはり1点をいかに取りにいくか?が重要となり、
ご指摘のマーティの采配云々が問題となってきますか。

個人的にカープ攻撃陣に注文付けるとすれば、
「相手投手に楽に投げさせて自らの首を絞めてる」ようで、
もっと相手投手を打者としても走者としても揺さぶる事で
集中させない、失投を誘うような仕掛けが必要かと・・・。

機動力野球が発揮されるのが、ランナー1塁に置いて
たまたまの強攻策で外野手の間を抜けた際に一気に
ホームへ生還する時くらいでは、相手チームにダメージを
与える事は無理でしょう。

とにかく出塁したらリードを取って「走るぞ」とのポーズを見せる
だけで、相手投手は打者との勝負に集中できないし、まして
天谷、赤松クラスの走者なら投球も直球系に的が絞りやすい、
こういった仕掛けをした上での強攻策なら結果も変わってくる
のでしょうが・・・何も盗塁する事ばかりが機動力ではない、
そのあたり、自らの武器の使い道を見直してみるのも一考かと
思いますね。

単にバントやエンドランのサインを出すだけでは、誰でもできる
事で「仕掛ける」うちには入りません。
打者と走者が一体となって、相手投手にプレッシャーを与える、
そんな目立たない地味な仕掛けがあってこそ、相手のミスを
誘い好結果につながるのだと思います。

今の攻撃陣は、対戦投手の出来にお付き合いするだけで、
ちょっと格の落ちる投手となると打ち込みますが、
一線級となると途端に沈黙してしまいますが、
一線級の投手を攻略するのに最も有効と思われるのが、
「足を使った揺さぶり」だと思います。

その最高の武器を手にしながら、一向に行使しようとせず、
相変わらず投手との1対1の勝負を挑み続けている間は、
得点力は上がってこないでしょう。

まして、チーム打率が高いという事は、
投手との1対1の勝負には勝っているという事なので、
尚の事、もったいない気もしますし、
逆に言えば、劇的に改善するの可能性も持ち合わせている
と言えると思います。

打撃は、内田統括の指導の下、成果が出つつあるのに対し、
走塁担当の某コーチはどんな指導をしているんですかね?
そろそろ仕事をしないと、他のコーチ陣が明確な成果を
出しつつある中で目立ちませんか?
いっその事、緒方兼任に全権委任してみるのも一考かと・・・。

さて、今日あたり試合が動きそうな気配が感じられますが、
あっさりと勝って5割復帰するようなら、
勢いも本物なんでしょうけどね・・・期待したくなりますね。

[162] ここ最近、投打の成績が良いのに勝ち星が増えないのは攻撃面での采配が原因

赤紫さん、おはよう。昨夜は1-0で勝利したが、負けてもおかしくない試合でもあった。 なぜ勝てたのか? それは阪神が3連戦の初戦を取って、貪欲に勝ちにこなかったからだ。初戦が雨天中止なら昨夜は負けていたであろう。

試合は先発の安藤とコズロースキーの投げ合い。投球内容は明らかにコズの方が優れていた。 安藤は初回からアップ、アップの状態。 安藤はいつ失点されても不思議ではなかったが、広島打線の拙攻もあったし、監督のヘボ采配に助けられた格好だった。 一方、コズは球威ある球をどんどん投げ込み、阪神の打者を詰まらせるシーンが多く、コントロールも良かった。 もし、やられるとしたら、審判の不可解なジャッジだろうと思ってみていた。結局、6回裏まで、3塁を踏ませないピッチングでコズが流れを広島にもってきてくれた。広島打線に関しては、おとといは8安打で1得点。昨夜は7安打で1得点。 1回表の二死満塁でシーボールが凡退。 5回表はソヨギの中ヒットで2塁走者シーボールが捕殺され、8回は二死1,3塁で嶋が外野フライ。カウント0-2から甘い球を捕らえることが出来ない。ここのところずっと効率の悪い攻撃が続いている。犠牲バントをすべき場面も2ケ所あった。

1つ目は3回表、先頭の東出が内野安打で出塁。 無死1塁で打者が赤松。 この局面で赤松はアウトコースの初球にバントの構えを見せ、見逃して「ストライク」。赤松がベンチを見ていた。
赤紫さん、赤松自身はこの局面で「犠牲バントをすべきだ」というのがわかっている。 赤松からすれば、「監督さん、ここはバントの局面ですよ!」というメッセージを込めたジェスチャーとして、初球にバントの構えをしているのに、ブラウンが頑として犠牲バントのサインを出さない。その結果、赤松は「じゃあ、思い切って打ちますよ」と自由に打ちにいき、三塁ゴロで2塁ホースアウト。東出は2進できないまま。 ブラウンは相変わらず意図のない、漠然としたケースバッティングを強制している。 結局一死1塁でアレックスが遊ゴロ併殺打。 もったいない攻撃だ。ブラウンはもっと堅実に1点を取りにいかなければならない。

二つ目は9回表、一死1塁。打者は石原。ここでも石原が初球バントを試みた後、ベンチをのぞき込んでいた。石原もこの局面は「バントをすべきだ」というのがわかっていて、ブラウンに対して「監督さん、ここはバントですよ!」というメッセージを込めたジェスチャーとして、初球にセフティー気味のバントを試みている。
しかし、ブラウンが頑として犠牲バントのサインを出さない。次の打者は9番ピッチャー。 当然、代打要員である緒方&前田智を準備しているわけだし、9回表で1点入れば勝負が決まる場面なんだから、一死からでも「二死2塁」という局面を作らなければならない。しかし、ブラウンは勝負所の1点をもぎ取る野球をしていない。 何のための代打準備なのか? ブラウンは勝利に向けて一直線の采配を足らなければならないのに、いまだに「漠然としたケースバッティング」という寄り道ばかりしている。結局、石原は三振で二死1塁。 ここで代打前田智。 こんな采配をしていると、いつまで経っても得点効率が悪いままだ。ブラウンは勝ちにこだわっていない。未だにふわふわっとした状態で野球をしている。

昨日も述べたが、交流戦後、広島は投打の成績が良い。 この良い状態で勝ち星が増えないのは監督の責任だ!攻撃面での下手な采配が原因だ!通算でもチーム打率は272。リーグ2位。HR数は阪神とヤクルトを上回って4位。しかし、総得点は272点でリーグ最下位。やっぱりこれは監督の采配が原因だ!

それにしても1軍枠28人に対して、「外国人枠が4人」とは少ない。グラウンドでプレーできる外国人は野手2人&投手。合計3人のままでも今のところかまわないが、1軍登録は6人、将来的には8人ぐらいまで枠を拡大すべきだろう。 それでも日本人の1軍枠が20人以上確保されているんだから。NPBは閉鎖的。 松田オーナー、カープ球団幹部はオーナー会議やプロ野球機構に対して「外国人枠の拡大」をもっと主張していくべきだな。

今日見た感じでは、コズロースキーは先発の方が向いているし、やっていけると思う。開幕から先発枠で使えば、長谷川や大竹よりも良い成績を出していたと思う。今後が楽しみな結果となった。今日は先発二番手の高橋建VS阪神6番手の金村。 ここで、もういちど勝率5割に戻したいところ。 広島としては絶対に勝たなければならない3戦目となる。明日は移動で休養日。勝利にこだわって、とことんやってもらいたい。 2勝1敗で横浜に移動したいところ。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://akamurasaki06.blog17.fc2.com/tb.php/262-d36d2c01

«  | HOME |  »

いらっしゃいませ<(_ _)>

ただ今の閲覧者数:

since 2007/12/16


独白者

赤むらさき

Author:赤むらさき
色褪せた赤と紫に染まった憂鬱な日々を過ごす広島人。
最近は、慢性睡眠不足に悩む毎日です。


直近の流れ


We Are CARPぴーぷる


赤紫つながりの輪

このブログをリンクに追加する

いただいたコメント


多謝 トラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


ブログ内検索


AD-Butterfly


よろしくお願いします<(_ _)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 広島ブログ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ようこそ!感謝です<(_ _)>


プロ野球Freak

powered by プロ野球Freak
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

Sports@niftyプロ野球速報


J1順位表


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


広告欄1


目指せ!たばこ銭

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット! >

by FC2


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。