FC2ブログ

赤紫の独白・・・カープ時々サンフレ

万年Bクラスに安住を決め込んだか・・・色褪せた赤ヘルに鯉煩い、快適な目覚めを忘れた広島人のブログ

ようこそお立ち寄り下さいました<(_ _)>


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ヤクルト8回戦 敗北の中に学ばねば上を望む資格無し

1週間前の時点では、横浜-ヤクルトと下位球団との対戦控え、
借金2を返済しての勝率5割到達も時間の問題と意気込んだが、
終わってみれば、2勝2敗1分と絵に描いたような堂々巡り。

よほど勝率5割を目前に上下を繰り返すだけの
色褪せたメリーゴーラウンドの乗り心地がお気に入りなのか?
自ら降りて次のステージに挑もうという素振りも見せない様は、
何か「駄々をこねる子ども」を見ているようで、
いい加減、見てる方は飽き飽きしてきてるんですがね。

広島―ヤクルト8回戦(広島4勝3敗1分、13時30分、広島、15904人)

ヤクルト000101030―5
広  島001000110―3

▽勝 松岡28試合4勝1敗
▽S 林昌勇32試合1勝3敗20S
▽敗 シュルツ19試合1勝1敗
▽本塁打 青木11号(1)(高橋)


結局、昨日に引き続き先制しながらも
これまでの勝ちパターンだった「先行逃げ切り」に失敗し、
追いつかれたら最後、急におとなしくなってしまう
駄馬のごとく意気地の無い打線が全てなのだろう。

首位を独走する阪神が昨日の試合で、
最下位横浜相手に8回に3点勝ち越されながら、
土壇場9回2死1塁から怒涛の攻撃で4点取っての逆転勝ち
なんて試合を見せられれば、なおさらである。

20歳のマエケンですら堪えた蒸し暑さの中で、
6回2失点と踏ん張ったベテランの健さんの粘り、
特に打球の直撃を受けながら後続を断った姿に
報いる事ができなかったのは、残念な限りです。

7/6 中国新聞 健さん
また5割ならず 高橋の熱投が救い-中国新聞

それでも、7回表のピンチを凌いだ直後のワンチャンスに
東出選手が体勢を崩されながら執念でセンター前に落とした
同点タイムリーで一気に気勢が上がらねばならないはずが、
あっさりと突き放されたあたりがチームの限界だったか・・・。

昨日の総力戦のツケが回ってきた事もあろうが、
7回の上野投手といい8回のシュルツ投手といい、
ヤクルト打線の粘りに根負けしての四球から崩れたあたり、
持久戦に対する弱点を曝け出した格好で、
結局、投手陣の層の薄さを露呈する結果となってしまった。

とはいえ、試合後のマーティのコメント
「競った試合ばかりして中継ぎ陣に負担をかけている。しょうがない」
広島、9度目の5割挑戦も失敗 -サンスポ.com

う~ん、確かに「しょうがない」には違いないんですが、
指揮官自ら淡々と語られても・・・それこそ「しょうがない」訳で、
やはり攻撃陣の奮起を促したいところなんでしょうね。

一方で、これから夏本番の暑さを迎えるにあたって、
投手攻略の手本としたくなるような粘りを見せた川島選手を
敵ながらカープも見習うべきでしょう。
市民球場を本拠地とする以上、暑さを味方につける必要があり、
特にあっさりと凡打を打ち上げる傾向の目立つ
赤松、梵選手あたりには、是非参考にしてもらいたい気がした。

それでなくても、ここ2戦で気になったのは、
タイスコアの均衡状態が続いている際に
どうも「一振りで決めてやろう」と有りもしない長打力を狙って
大振りが目立ち凡打を繰り返す選手が目立つ点で、
このあたりが淡白な印象につながっている気がします。

自分達が目指す攻撃とは一体何なのか?
相手投手が嫌がるのは、どんな攻撃なのか?
昨日のヤクルト打線の粘りに屈した反省も踏まえて、
今一度熟慮してもらいたいです。


何か、3連戦通じて「5割の壁」というより、
「現状のチーム力の限界」を見せ付けられたようで、
更にもう1ステージ上がって戦おうにも
「何かが決定的に不足している」そんな印象を受けました。

「それが何なのか?」「打てる手はあるのか?」
模索している間は、行ったり来たりの繰り返しなんでしょうね。
しばらくは、堂々巡りに付き合う覚悟が必要なようです。



毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ FC2 Blog Ranking 広島ブログ
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


スポンサーサイト

Comment

[151] きぬけんさんへ

おはようございます。

嶋選手がレギュラーでないのは、前田智選手と同じ目で
マーティに見られてるからではないでしょうか?

マーティは、スピードを前面に赤松、天谷を使いたい、
外国人のアレックス選手は外さない・・・
となると外野は埋まってしまいます。
クリーンアップ打てる打力を優先させれば嶋、前田智選手の
出番も増えるのでしょうが、結局外野の空きはレフトのみ。
そこを天谷メインのサブで前田智だったのが、
ここ最近は嶋選手の起用が増えているのでしょう。

もちろん内田統括のお墨付きも大きく影響しているとは
思いますけどね。

個人的には、現状のとっかえひっかえでは、選手の皆さんも
好調を維持するのが大変だろうなぁと思いますし、
今の起用法で結果を出せといっても
至難の業ではないでしょうか?

まぁ、マーティに言わせれば「文句有るか?」といったところ
なんでしょうが、もう少し選手起用に対しては、方針なりを徹底
してほしい気はしますけどね。

[149] やはりバッターだっ!

4番バッター論議ですね。。
確かにお二人おっしゃるように、栗原選手はまだまだ4番を張るだけの迫力は無いようです。
毛利元就さん、おっしゃるように、今はアレックスを4番に据えるほうが実戦的かもしれません、、。
(それにしても、本塁打のみならず、二塁打のデータを持ってくるあたり、殿の視点は鋭いですねぇ~☆)

ところで、素朴な疑問なんですが、嶋選手は何故、レギュラーじゃないんですか? まだ32歳だし、我慢して使えば、そこそこ長打力もあるし、成績を納めるんじゃないかなあと思うのですが。。^^;
.270 で、20H 70打点くらい・・・。

怪我ですか~?

[148] 初代・毛利元就さんへ

殿、こんばんは。

開幕以来、4番を張り続けている栗原選手ですが、
「不動の4番」というより一番長打が見込めそうという消去法で
任された4番なので、こんなものでしょう。

昨年初めてフル出場して成績を残しただけだし、
その成績にしても「前4番」の影に隠れて残した数字だけに
多くを望むのは酷なんでしょうね。

と頭で分かってるつもりでも、悲しいかな、
いざ試合になるとつい過剰な期待をしてしまうのは、
反省すべき点かもしれません。

個人的には、栗原選手は前任者と比べて、打撃の上手さや
器用さは上だと思うのですが、それゆえチャンスになると
「何とかしよう」という責任感からか当てにいってるように見え、
腰の引けた右方向へのゴロが目立つ気がします。

前任者のように「とりあえず振っても当らない」のであれば、
相手投手も恐怖感を覚えるのでしょうが、今の栗原選手なら
「打たせて討ち取れる」と見られているのではないでしょうか?

おまけに後を打つ5番打者が嶋だったりシーボルだったりで、
いずれも迫力不足ゆえに
栗原選手に対して厳しい攻めをされがちな点も否めません。

なので、栗原選手を活かすも殺すも5番打者という気がします。
シーボル選手の調子が上がってきたようですが、
彼も栗原選手同様、右打ちを意識した方が強い打球打てるようですし、
5番はちょっと・・・という気がします。

現状、4番としての数字は物足りないですが、
実力で勝ち取った4番ではない点を考慮すれば、
4番襲名1年目を全うできなかった前任者と比べても
栗原選手だからこそ現状の成績残せていると
一定の評価は与えてもいいのではないでしょうか?

いずれ5番打者が定着するようなら、長打も打点も増えてくる
と淡い期待をしています。

マーティには、4番頼みの得点パターンに頼らず、
足を絡めて下位打線からでも1点を積み上げる野球を徹底して
もらいたい意識の方が強いです。

[147] 4番にアレックスを! 栗原を4番に固定するにはまだ早い。

赤紫さん、こんにちは。 5割を直前にして全部負けている。本当にハートが弱い集団だ。 選手たちは勝つ気があるのか? 5割近辺で満足しているのか?志が低いのか?この考えではAクラスは無理だ。
投打のバランスがチグハグだし、昨日の試合もヤクルト9安打。広島も9安打。 相変わらず3安打以上で1得点。どうも打線の組み方が悪いような気がして仕方がない。 特に栗原。勝敗の分岐点となるチャンスでことごとく凡打を繰り返す。精神的にまだ弱いし、140試合無理して4番打者を強制する必要はないと思う。今年に関しては4番1年目。140試合トータルで栗原が4番を打つ機会がチーム内で最も多かった程度で良いと思う。 こだわる必要はない。このあたりで3番や6番を打たせて、少し気持ちを楽にさせたほうが良い。 3番でも4番の働きは十分にできる。 メジャーには「3番最強説」という言葉があるぐらいだから・・・。栗原の安打がここ最近、チャンスメークになるケースが多い。
今年の栗原は2塁打が13本、HRは9本と長打が打てない。セでは2塁打21本の新井を筆頭に20本が阿部、和田。19本がラミレス、金本。17本が内川。16本がアレックス、仁志。
15本が青木、関本。 14本が中村紀。現状の栗原は迫力がないし、長打を期待できない。  HR数も8位。 栗原を楽な気持ちで打たせてやる時期にきている。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://akamurasaki06.blog17.fc2.com/tb.php/255-2d3f277c

«  | HOME |  »

いらっしゃいませ<(_ _)>

ただ今の閲覧者数:

since 2007/12/16


独白者

赤むらさき

Author:赤むらさき
色褪せた赤と紫に染まった憂鬱な日々を過ごす広島人。
最近は、慢性睡眠不足に悩む毎日です。


直近の流れ


We Are CARPぴーぷる


赤紫つながりの輪

このブログをリンクに追加する

いただいたコメント


多謝 トラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


ブログ内検索


AD-Butterfly


よろしくお願いします<(_ _)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 広島ブログ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ようこそ!感謝です<(_ _)>


プロ野球Freak

powered by プロ野球Freak
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

Sports@niftyプロ野球速報


J1順位表


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


広告欄1


目指せ!たばこ銭

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット! >

by FC2


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。