FC2ブログ

赤紫の独白・・・カープ時々サンフレ

万年Bクラスに安住を決め込んだか・・・色褪せた赤ヘルに鯉煩い、快適な目覚めを忘れた広島人のブログ

ようこそお立ち寄り下さいました<(_ _)>


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーティは進退を賭けて「未完の大器」大竹と心中か?

ペナントレース再開までの中休み2日目という事で、
ネタらしいネタも無い中、スポーツ各紙の紙面を賑やかしたのは、
ブラウン監督、5割以上で「続投」も-スポーツナビ

先日も上位の中日、巨人がもたついていると見るや、
スケベ根性丸出しで
CS開催権獲得へ!広島オーナー2位厳命-スポーツナビ
などと能天気な発言し、ファンの感情を逆撫でしたばかりですが、
ペナントレース再開へ向けて檄を飛ばしたつもりなのでしょうね。

5割もしくはAクラス入りが残留条件として、
マーティに示された訳ですが、
オーナー自身の事は棚に上げての責任転嫁とも取れる発言に、
ちょっと気の毒な気がします。

つくづくオーナーは、その時の様子に一喜一憂するばかりで、
チーム強化の計画性もなく現状の把握もできない事を
自ら証明してみせたように感じます。

確かにルイス様に代表される新外国人選手を獲得し、
赤松、小窪ら新戦力の加入もありました。

が、今季のカープは「エースと4番の同時離脱」という
前代未聞の危機的状況からのスタートだった訳で、
一昨年、昨年と比べれば、交流戦終了して借金2なら
戦力補強分だけの上積みはできているように思います。

現状での借金2という成績は、
エースと4番サードの穴を新戦力で補って、
なおかつ穴が埋めきれていない結果のはずですが、
オーナーの頭の中には「エースと4番サードの同時離脱」による
戦力ダウンは「過去の話」として片付けられてるようで、
新戦力が活躍しているのだから、もっと勝てるはずという
安易な発想が根底にある気がしてなりません。

マーティ自身も自らの進退を賭けて臨むにあたり、
アンタッチャブルであった前田智選手をスタメンから外すなど
今季に賭ける意気込みを見せてはいますが、
チームの投打の柱を失った代償はきわめて大きい上に
先発投手陣に不安を抱えている以上、楽な試合運びは望めない中で
現在の成績ならば、充分評価してしかるべきだと思うのですが。

まぁ「阪神が走っているが、2~5位が混戦だからチャンスが出てきてる。
2位までにはいかないといけない。まずは貯金を目指してほしい。
もう借金はイヤじゃから」などと自軍の戦力分析は棚に挙げて、
しゃぁしゃぁと「感情論」を披露する神経の持ち主ですから、
マーティに責任転嫁しても何ら不思議ではありませんけど・・・。

幸い、当のマーティ自身は、チームの現状に手応えを感じてか?
至って楽観的とも受け取れる強気一辺倒なので、
チームに不協和音が広がる事はなさそうですが、
オーナーには、「現場に注文付けるのなら、しっかりと現状分析をした上で、
マーティが「言い訳できない」程度の戦力補強をサポートした上で
発言してもらいたいと切に願うばかりです。

交流戦も終了し、いよいよペナントレース再開するにあたり、
最初のカードでGとの「Aクラス争奪戦」の幕が切って落とされますが、
てっきり初戦はルイス投手とばかり思っていたら、
今日の中国新聞カープ情報を見る限り、
またも開幕投手に、この大切な直接対決の初戦を担わせるようで、
マーティも大竹と心中する旨腹をくくったようですね。
6/26 中国新聞 大竹
大竹がリーグ再開初戦先発 援護直後の失点反省-中国新聞

個人的には、精神的な甘さを捨て去るべく、
2軍降格させてみっちりと投球の原点を見極めて欲しい。
「やってくればければ困る」は、あくまでも希望的観測に過ぎず、
現状のままでは何回1軍で先発マウンド踏んでも、
自ら墓穴を掘り続ける気がしてなりませんが・・・。

まぁ、自らの進退を賭けるマーティが、
どうしても大竹に一人前になってほしいという想いから
再開後初戦先発を任せて心中図ると言うのであれば、
その決定を尊重し、支持したいと思います。


さて、今日はJ2サンフレの試合VS徳島戦が有りましたが、
結論から言えば、1点先行されたのを2得点奪っての
逆転勝利で無事勝ち点3を積み重ねたようです。
6/25 中国新聞 高萩
今季初の逆転勝ち 高萩、流れ呼ぶ同点弾-中国新聞
日本代表に招集され、昨日チームに合流したばかりで
復帰と同時に決勝ゴールを決めたエース佐藤寿選手の
精神的な強さには、エースのプライドが感じられました。

大竹投手には是非見習ってもらいたいですが、
「節目の試合を任されて意気に感じる」くらいの
精神的なタフさを早く身に着けてほしいです。
いつまでも子供じゃないんですから・・・。



毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ FC2 Blog Ranking 広島ブログ
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

Comment

[126] 初代・毛利元就さんへ

殿、いつもながら熱いコメントありがとうございます。

今回のFA取得期間の短縮は、
選手会側の主張にオーナー側が歩み寄った結果ですが、
どうも選手会側の「権利の主張」ばかりが目立っているように感じますね。

能力に見合った報酬を求める気持ちは解らないでもないですが、
球団経営の面から考えると、
球界全体にとっていい方向に進んでいるとは、到底思えません。

この調子で行くと、資金力の有る球団どころか
日本球界そのものが「3A化」してしまう気がしてなりません。

まして、日本プロ野球界は、
メジャーのように球界全体で利益を分配する仕組みを持つ訳でもなく、
Jリーグのように地域に密着している訳でもない、
単にオーナー企業の広告塔的な経営のため、
年俸高騰によるコスト増と選手のメジャー流出に伴う観客離れ、
テレビ視聴率の低下による収入減というダブルパンチに耐えうるだけの
体力は持ち合わせていないのが実情でしょう。

お互いが言いたい事を言い合ってる内は、
余り建設的な結論は期待できないように思います。

外人枠の問題については、以前から全撤廃してもいいのでは?と感じています。
かつての助っ人と違って、最近は害人も結構目立つ訳で
そう特別視する必要も無いように思います。

中には外国人が多くなって、それこそ「3A化」するのも良し、
逆に純和風で臨むも良し、それぞれの球団が考えて
チーム編成すればいいのではないでしょうか。

ドラフトに関しては、やはり何らかの形でFAと連動させた方がいい気がしますね。
そうする事で「育成」に力を入れる球団の生きる道が残される気がしますので。

個人的には、「地元選手の優先指名権」みたいなものを設けるのも一つの手か?
とは思いますが、無理でしょうね。

地元出身の選手が地元球団に入団し地元のファンが熱い応援をする、
プロとアマが一体となって地域を盛り上げる、
そんな「地域密着型」の野球が理想のように思うのですが・・・。

どうも球団や選手を取り巻く環境が複雑になり過ぎてしまっている気がして残念です。

[125] 08年6月25日、FA制度改悪の歴史的瞬間について

赤紫さん、おはよう。今朝のスポーツ誌はどこも「FA権取得の短縮」という内容を取り上げている。 その主たる内容は現行の9年から8年に短縮。07年ドラフトで入団した選手に関しては高校生が8年、大学・社会人は7年にFA短縮。というもの。  赤紫さん、この改正をどう思われますか?

要するに選手会がやったことは育成重視に逆行するような決定をしたということ。 こんなことをすれば何が起こるか?それは簡単に想像できる。 まず、優秀な日本人選手が短期間でFA権を取得し、その争奪戦(=ドロ試合)が国内球団同士で頻繁に行われるということ。 資金力が十分でない球団は優秀な日本人選手を下衆マスコミ発信によるガセネタによって、巨人、阪神へ引き抜かれていく機会が増えるということ。 これはもう「FA改悪」というしかない。その一方でメジャーのようにFA選手を取った球団が翌年のドラフト1位指名権をFAで優秀な選手を失った球団に譲渡するという制度が作られていない。これでは不公平だ!!FAで優秀な選手を獲得した球団がドラフトでも同じ扱いというのはやり過ぎだ!。 日本プロ野球界はメチャクチャな事をしている。 過去のFA取得選手の数を見れば、巨人と阪神、この2球団が突出してFA選手を金銭で獲得している。 今回の改悪はこの流れをさらに加速させる制度になるのは明白だ!!「育成」に重視を置いた球団はどんどん厳しい立場に追い込まれていく。 それでいて大手スポーツ誌は全体的にこの流れを歓迎しているような気配すら漂う。選手会長の宮本(ヤクルト)は何を考えているのか? 馬鹿か?大手スポーツ紙と変な関係でもあるのか? おそらく、海外への移籍を現行9年のままにしているので、「優秀な選手が海外へ流出するのを抑止する」という主眼で新制度を考えたのだろうが、的が外れている。
ポスティングを利用すれば現行通りFA権取得の2年~1年半前にそれを利用してメジャーに移籍できるわけだから、その抑止効果はほとんど無い。 イチロー、松坂、井川、岩村のようにシビレを切らしてポスティングでメジャーへ行くケースが増えるだろう。だからと言って、私はポスティングを否定しない。むしろ良い制度だと思っている。 今回のFA制度改悪を見て、今のプロ野球をダメにしているのはオーナー側ではなく、選手会側だと思った。 彼らが主張している内容が戦力均衡とかファンのためになっていない。 むしろオーナー側のほうがプロ野球の伝統を重んじ、ファンのためになるような案を真剣に考えている。 ところで、赤紫さん、カープ球団並びに広島人は今後何を主張していけば良いのか? 
赤紫さんはどう思われますか? 

個人的な意見だが、私はカープ球団が外国人枠の拡大(=現行の2人増)をもっと強く主張すべきだと思う。 今回の改正は国内球団における優秀な日本人選手の争奪戦を加速させるわけだから、資金が十分でない球団はどんどん引き抜かれてしまう。FAの人的保障なんて、あまり効果ない。これはプロテクトの規定を変えられたら、意味を成さなくなるから。 そういうふうに考えると、現行の外人枠がベンチ入り28人に対して4人といのは非常に少ないと言える。 カープ球団はこの部分を改正するよう主張すべきだと思う。 メジャーには外国人枠が無い。 日本では「ベンチ入り28人に対して4人だけ」といの規定があり、閉鎖的だ。 これだけ多くの日本人がアメリカ市場に受け入れられている時代に外国人への門戸を制限しすぎている状況とはいかがなものか? 松田元オーナー及び本部長はプロ野球機構に対して、以下2点の内容を主張してほしい。
①外国人1軍登録枠の拡大。 現行の1軍登録外人枠:4人を6人に増やすこと。 グラウンドでプレーできる外国人も野手3人&投手1人に拡大。(=これは難しいかな?)
②FAで失った球団へのドラフト1位指名権譲渡。
以上2点を主張してほしいというのが私の願いだ。 今の松田元は静観しているだけで良くない。 何か行動を起こしてほしい。 「何もしないんだったら、オーナーをやめろ!!」と言いたいぐらいだ。 何か手を打たなければ、この先、国内優秀選手をFAで引き抜かれ、外国人補強も制限され、資金の十分でない球団が「補強のチャンス」を失っていくばかりだ。 来年は優勝を目指せると我慢してきた球団が「よく辛抱して育てたなぁ」という選手を引き抜かれ、その悪循環の繰り返しが起こる。 これだけは回避しなければならない。 特に広島は外国人補強が上手い。優秀なスタッフがアメリカにいる。この分野に関しては12球団の中でも競争力があり、外国人獲得は広島の得意分野なんだから・・・。それを生かすような主張をしていかなければならない。  キーワードは「補強のチャンス」という言葉。 資金が十分な球団もそうでない球団もチャンスだけは平等に与えられるべきだ。 「外国人枠を拡大すると日本人の機会が減るから」という意見は的外れ。 今、ファンが望んでいるのは競争力のある選手であり、その選手が自分たちの応援するチームで勝利に貢献する姿だろう。 競争力の無い日本人選手ばかり抱え込んでいても意味がない。 1軍登録の外人枠が6人ぐらいになれば、大竹寛のように、いつまで経っても自覚がない、責任感がない、成長がない選手を1軍先発枠で使わざるを得ない状況はほとんど無くなる。また国内の優秀なFA選手獲得もそれほど効果のあるものにはならないだろう。  広島人は上記の2点を主張すべきだ!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://akamurasaki06.blog17.fc2.com/tb.php/238-d4e85eff

«  | HOME |  »

いらっしゃいませ<(_ _)>

ただ今の閲覧者数:

since 2007/12/16


独白者

赤むらさき

Author:赤むらさき
色褪せた赤と紫に染まった憂鬱な日々を過ごす広島人。
最近は、慢性睡眠不足に悩む毎日です。


直近の流れ


We Are CARPぴーぷる


赤紫つながりの輪

このブログをリンクに追加する

いただいたコメント


多謝 トラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


ブログ内検索


AD-Butterfly


よろしくお願いします<(_ _)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 広島ブログ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ようこそ!感謝です<(_ _)>


プロ野球Freak

powered by プロ野球Freak
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

Sports@niftyプロ野球速報


J1順位表


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


広告欄1


目指せ!たばこ銭

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット! >

by FC2


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。