赤紫の独白・・・カープ時々サンフレ

≫2009年10月

ようこそお立ち寄り下さいました<(_ _)>


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「最後の切り札」って事は勝負手でしょ!

「今季の補強ポイント」と言えば、ご承知の通り、
「左投手」と「右打ちの強打者」のはずですが、
野村新監督の下で優勝目指して雰囲気が一変した現場と比べ、
フロントの動きは、何か物足りなさを感じますね。

「左投手」に関しては、今ドラフトの目玉菊池君に対し
わざわざ「1位指名しない」宣言までやってのけたと思いきや、
今度は、メッツを契約解除された建さんに対して
「ちょっと様子見」だそうです。
広島、高橋建については動向を見守る方針 -サンスポ

「右打ちの強打者」についても
日本球界復帰を決めた城島選手は、早々と
縦ジマだジョー!城島の阪神移籍決定的に-スポニチアネックス

対するカープは・・・と言えば、
広島 右の大砲獲りに金子洋ら調査-デイリースポーツ

「1位指名しない」宣言やらドラフト隠し球の存在やら
要らん事はマスコミにリークするくせに
せめて建さんに対して「新体制の力になってくれ!」位の
ラブコールを送る位のリップサービスはできんかね?

「城島選手のような大物を獲れ」とは言わないし、
「金子選手がダメ」とも言いませんが、
少しはダボハゼ球団の姿勢も見習ったらどうか?
今季の成績を踏まえて「補強」に対する意気込みは充分に伝わって来る、
ダボハゼ球団の喰いつきの良さを目の当たりにすると、
改めて「カープファンの悲哀」を感じてしまいます。

FAで迷ってるらしい横山投手やら
ルイス、シュルツ両投手は大丈夫ですか?
誰が欠けても「優勝」はおろかAクラスも遠くなりますが・・・。

野村監督の下で現場の雰囲気は一変したようですが、
球団フロントも一変・・・とまでは行っていない・・・。
「最後の切り札」を切った以上は、勝負を賭けてもらいたい。

担いだ神輿が「優勝目指す」とぶち上げた以上、
全力でしっかり担いでこそ「ALL-IN」じゃないですか?


毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島ブログ

スポンサーサイト

優勝へ向けて、滑り出しは上々

早いもので、野村監督の「優勝目指す」宣言から1週間。
栗原選手のサードコンバートで幕を開けた秋季練習も
今日は休日の様子。

優勝目指そうという野村新監督の熱き思いそのままに
投手陣の打撃練習や走塁練習といった細かい内容続きで
ブラウン時代とはずい分勝手が違ってさぞお疲れの事でしょうから
ゆっくり休んで明日以降また頑張ってもらいたいです。

その秋季練習の様子を総括しているのが、
チーム一変、はつらつ練習 野村新体制1週間-中国新聞
10/20中国新聞カープ情報

大竹投手はともかく、横山、林両投手の場合は、
中継ぎ故に打席に立つ機会も少ないであろうに、
「例外無し」というあたりに本気度が感じられます。

12年連続Bクラスに居座る格下が
Aクラスの常連相手に優勝目指そうというのなら、
今季のようにイージーミスから自滅していては話にならない。

まずは、監督の意図するところを理解して
「当たり前の事を当たり前にできる」ようになる事から。
まぁ「野球はミスがつきもの」の競技なので、
それが一番難しいんでしょうけどね・・・。

何はともあれ、野村新体制の滑り出しは、
監督の目指す野球が明確に練習に反映されているようなので、
この調子で秋季キャンプも「野村イズム」を徹底してもらいたい。

と、カープネタはここらにして・・・。

城島選手が日本球界復帰を決めたようですが、
当然古巣ホークス復帰への出来レースかと思いきや、
またも「だぼはぜ」のごとく、某球団が喰いつきましたね・・・
もはやGを凌ぐ金満体質に骨まで冒されましたか・・・。

確かに不動の4番は衰えが隠せず、弟分も給料泥棒気味、
チームの要矢野選手も寄る年波に勝てず故障続きと
踏んだり蹴ったりのチーム事情と言うか、
正にチームの穴にピタッとハマりはしますが・・・。

来季を睨んだ時には「目の上のたんこぶ」の存在なだけに
ここは城島選手の男気に期待して、是非古巣復帰を願いたい。
だって「これぞ補強!」って感じで余りにもハマりすぎでしょう?

と書きつつ来季は「優勝目指す!」でしたね、
つい本音が出てしまいました(^_^;)


毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島ブログ

「ポスト野村」はこの人を置いて無し・・・

色褪せて輝きを失った赤ヘル戦士を象徴する存在・・・
そして、野村新体制が目指す野球が最も似合いそう・・・
そんな雰囲気を感じさせてくれる梵選手。

何せ駒大の後輩だし、
「ポスト野村」を宿命づけられたドラ1ですから・・・。

前田智選手同様にマーティの下で
「何があったか知りませんが・・・」組だけに
野村新体制になって一番ヤル気になってるでしょうし、
野村監督の期待も並々ならぬものがありそうです。

10/20中国新聞「カープ情報」
梵、定位置奪回へ 機動力野球のキーマン-中国新聞

マーティも当初は「チームリーダー」として
期待していたように見えたのですが、
どうも一昨年の一件以来、歯車が狂ったようで、
期待に応えきれないまま、
今や完全に小窪選手の後塵を拝する存在に・・・。

それでも、どうしても見限れない存在なのは、
とにかく、赤いユニフォーム姿が似合うし、
何故か「チームリーダー」の雰囲気が感じられて、
「やはり『ポスト野村』はこの人をおいていない」
と思わずにはおれないから、我ながら不思議・・・。

しっかり野村監督や緒方コーチの愛のムチを受けて、
小窪選手に負けない位「真っ黒なユニフォームが似合う」
そんな勇姿を新球場で見せてほしい。



と、昨夜ここまで入力して更新したつもりが・・・
どうやら「下書き」になっていたようでお恥ずかしい限り<(_ _)>



気を取り直してカープニュースを見ると、
中国新聞とは、ニュアンスの違った見出しが・・・
10/20スポナビ
野村広島、快足スペシャルチーム結成じゃ-スポナビ

「走塁スペシャルチーム“レッド5”」に「走塁革命」と
ずい分頼もしい文句が躍ってますね。

確かに梵選手に限らず、東出、天谷、赤松、木村と
足の速い選手は揃っていますが、
それが相手に脅威を与える武器として使えていない以上、
「機動力野球」とは張子の虎に過ぎなかったと
昨今の戦いぶりを見て感じているだけに、
野村監督に緒方コーチとくれば、
張子の虎に魂を注ぎ込んでくれると思います。

何より野村監督の目指す方向性が
練習を通じて見えてくる気がするのは本当に頼もしい限りで、
選手の皆さんは、心技体共にしっかりと磨きを掛けて
野村イズムの下、優勝目指す戦士へと衣替え願いたいです。


12時間遅れの更新で失礼しましたm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島ブログ

優勝目指して「野村新体制」浮上中!

先日も「来季のカムバック賞は「当確!」って事で・・・」
前田智選手への想いを書きましたが、
3年ぶりとなる日南秋季キャンプへ参加だそうです。

まぁ、今季は未出場なので当然と言えば当然ですが、
敢えて「野村さんの役に立ちたい」との気持ちで志願した
と善意に解釈したいと思います。

それにしても、中国新聞の野村新監督のコメント

「僕が監督になったからには、十分期待する。
今季は故障なのか、何があったか知りませんが、
来季はいいところで働いてくれると思う」


いいですね、「僕が監督になったからには」というあたり・・・。

ブラウン前監督時代には、いきなりキャプテンに任命された
と思いきや、2000本安打達成した途端に
スピードと守備強化を盾にレギュラー剥奪され、
挙句の果てには、衰えたとはいえ前田智選手と比べ物にならない
フィリップス選手を急造外野手として起用し続ける・・・
そんな仕打ちされちゃ、前田智選手ならずとも気持ちも折れますわね。

そこら辺を配慮しての野村監督のコメントでしょうから、
前田智選手が意気に感じるのも当然かと思います。

「(野村監督の)現役時代から背中を見てやってきた。
何とか役に立ちたい。こういう形で終われない。
最後、打席に立って終わりたい」


もうここまで来たら体が壊れるまで完全燃焼してほしい、
「カープに前田智あり!」と言わしめて野村カープを助けてほしい。
いっその事、サード栗原の後釜でファースト前田智も見てみたい。
まぁ、前田智選手の事だから、そこまでは無いか・・・。

ともあれ、また一人、熱い思いがチームに加わり、
そうそう、心配してた倉選手会長もFA無しで残留のようだし、
秋季日南キャンプへ参加する53名全員が野村監督の下、
また一歩「真のALL-IN」に近づいた気がします。

ドラフト情報については、
1番人気菊池君を避けて今村君で決定したようですね。

「センスと将来性、他球団の動向を考慮した」との事ですが、
言い訳がましい気がして、すっきりしませんね。

菊池君は「喉から手が出る」左腕、それも逸材ですが、
国内ばかりかメジャーとも熾烈な競合が必至であり、
より競合の少ない今村君で・・・という事なんでしょうから、
素直に「今のチーム事情考えるとギャンブルできないから」
と白状した方がまだ納得もできようというもの。

まぁ、カープにとっちゃ「高嶺の花」という事で、
2位以降で左腕投手と右の大砲を狙ってほしいです。

もっとも今村君とて最終的には4、5球団の競合となりそうなので、
まずは野村監督にしっかりと腕を磨いてもらわんと・・・。

最後に今日の中国新聞カープ情報は
投手陣のバント鍵 野村流、つなぐ意識徹底

今季の投手陣の犠打数25はセ・リーグで2番目に少なく、
最多のヤクルトの43の6割弱。
バント失敗で上位打線につなげず、流れを切るシーンが数多く見られた。


それ以前に、下位打線が貧打で、
塁上にランナーいるケースが少なかったのでは・・・
と突っ込みたくもなりますが、
まぁ、打てないチームがこれじゃ点取れませんわね。

チームの惨状がいかに酷いかを物語っているすが、
優勝目指すには「当たり前の事が当たり前にできる」のが最低条件で、
当たり前にできるようにするには、練習あるのみ。
しっかりと課題をクリアしてもらいたいものです。

特に大竹投手・・・

「一つ一つのプレーで細かくアドバイスがあるので、
あらためてしっかりやろうという意識を持った」


って、何を今更・・・高校生じゃないんだから・・・
マエケンに笑われるぞ!

毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島ブログ

「投手王国」再建への勇気ある挑戦

いきなり「栗原コンバート」で始動した野村新体制ですが、
今日は、スポーツ各紙揃って音なし・・・
一転して全くと言っていいほどカープネタがありませんね。

まぁ、ネタにならない地道な練習に終始したと
いい方に解釈したいと思います。

唯一のカープネタは、中国新聞「カープ情報」
起動野村カープ(下) 投手力の向上 若手成長へ完投指令

連載3日目は、投手陣について触れられていますが、
「ブラウン体制では配球のマニュアルがあり、
バッテリーはこれに沿って外角中心に組み立てた」

との情報には、正直驚きました。

石原捕手などは、ピンチになるとしょっちゅうベンチを窺っていましたが、
何とマニュアルがあったとは・・・。

道理で外角一辺倒のリードが目立った訳ですが、
一応、チーム防御率も3点台と結果も出ているため
評価の難しいところではありますが、
高校野球ならともかく「プロ」としては何か寂しい気がします。

もっと攻めの投球をしてほしいとしばしば感じましたが、
「新体制は内角の使い方を工夫させ、臨機応変の投球を求める」
点には期待したいと思いますが、
懸念されるのは、きっちりと投げ込めるコントロールと度胸がないと
かえって返り討ちにあってしまいそうで結構ハードル高そうです。

あと、先発陣の投球数制限撤廃についても、
マーティの下では、ローテが大きな狂いもなく回ったのは事実で
その分、中継ぎ陣には負担が掛かったものの、
故障による戦線離脱は、篠田、梅津両投手くらいに留まった訳で、
実際の球数というより精神面での意味合いであって欲しい気がします。

先発陣を引っ張るという事になると、替え時の見極めが重要で
今年以上にベンチワークの比重が高くなる分、
大野コーチの責任が相当重くなってきそうですね。

成績を残しているものを変える事は非常に勇気のいる事ですが、
優勝目指す上で求められる更なる飛躍、
「投手王国」再建への挑戦が実を結びますように・・・。


毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島ブログ

優勝目指すための「聖域なき構造改革」

昨日から秋季練習が始まり野村新体制が始動しました。

コーチ陣の入れ替えも発表されないままの始動に
少々拍子抜けの感もあるものの心配は無さそうですね。

10/16中国新聞カープ情報
栗原三塁コンバート 新指揮官、早速練習へ-中国新聞

赤松やフィリップスといった選手も真っ青のオールドスタイル、
その姿を見るだけで熱意が伝わって来る気がしますが、
昨年から今年にかけて「不動の4番ファースト」というチームの顔の
コンバートにいきなり着手するとは・・・。

正に一昔前の小泉首相時代によく見聞きした「聖域なき構造改革」、
12年連続Bクラスに沈んだ負け犬今生の染み付いたチームを立て直す
そんな意気込みが伝わって来るようで他の選手への刺激にもなりそう。

今季は4番として「2年目のジンクス」にハマった感のある栗原選手にとっても、
サード守備の練習で左右のフットワークを鍛え直す事で
下半身の強化につながれば、打撃面でも好影響が期待できそうだし、
フィリップス選手との交渉如何によっては、新外国人を補強するにも
ファーストなら選択肢も広がりそうといい事尽くめの気がします。

それにしても、始動初日から変革の風を吹かせるあたり、
野村新監督は、やはり只者ではない、さすが!と感じました。

そして、昨日に引き続き、中国新聞にしてはひいき目なしの記事
起動野村カープ(中) 1点を取る野球 一発長打頼み脱却へ

担当記者の中で、最も共感できる「球炎」を執筆されている
木村氏の筆による記事で「道理で・・・」と思った次第。

新球場元年に向けてチームが標榜していたのは
「足を活かして自ら仕掛ける野球」だったはずでしたが、
機能できないまま、マクレーン、フィリップス両大砲を補強し、
長打頼みに切り替えた時点から下降線に拍車が掛かった訳で、
そのあたりを野村、大野両氏はしっかりと理解されている様子で
「打てなくても点が取れる野球を目指す」との事。

せっかく投手陣は、新球場を味方につけて健闘しただけに
野手陣の「攻走守」全てにおいての「意識改革」に期待します。


毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島ブログ

もう1枚の「切り札」大野コーチも負けじと熱い!

10/15大野ヘッド兼投手コーチ就任会見
大野豊 ヘッドコーチ 就任記者会見!-球団HP

昨日の歴代最高に熱い監督就任会見に続き、
今日はもう1枚の「切り札」大野コーチの就任会見です。

既に中国新聞「カープ情報」に記事がアップされてますので、
まずは↓↓↓をお読みいただく事をおススメいたします。
「球数制限を撤廃」 大野コーチ就任-中国新聞カープ情報

自分なりに感じた点を述べれば、

>このたび野球観、カープへの思い、そうゆうものが同じ考えの
>野村君が新監督として球団に入るというタイミングで、
>その監督をサポートしながらチームの再建に向けて力になる
>という強い決意、気持ちがあります。


新体制の2枚看板が「同じ野球観、カープへの思いを抱いている」という事で、
チーム再建へ向けての意思統一は問題なさそうなのが何よりです。

>今のチームは確かに低迷はしていますが、若い選手も伸びてきているので、
>何かを変えることによって、何かを意識することによって、
>選手の力、気持ちが変わるかもしれない。


ここ数年「勝負所で萎縮したり必要以上に力んで」墓穴を掘り、
マーティを嘆かせてきただけに、実力も然る事ながら気持ちの面で
「負け犬根性の払拭」に期待したいと思いますが、
大野コーチの言わんとする「何か」とは、

>今の若い投手は伸びる可能性が十分にありますが、
今までの調整法を変えていく必要があるんじゃないかと思います。
>基礎をしっかりつくりながら、投げ込みもふまえて、
>走り込み、基礎体力をしっかり身に付ける。
>その中で、投手コーチとして望むものは、
投手としてやる以上は9回を投げる、という気持ちで入って欲しいな
>という気持ちが強いですね。


どうやら「調整法」と「9回を投げる気持ち」という事のようですね。

10/12の中国新聞「カープ情報」における
ブラウン改革回顧 カープ担当記者座談会
の中でも同様の指摘がなされていました。

加納 
>久々にカープ担当に復帰したが、練習量の少なさに驚いた。
>良くも悪くも、ブラウン体制では才能のある選手しか頭角を現せないんじゃないかな。
五反田 
>選手のコンディション重視の面では効果が大きい。
>ただ、控えの選手は練習量が足りなかったと思う。


このあたりを捉えて「投球数制限撤廃」という見出しばかりが、
マスコミ各紙に取り上げられているようですが、
大野コーチの言いたい事はむしろ次の点のように感じます。

>力がありながら出せない、もしくはまだ力不足の選手は
>いろんな意味で弱さからだと思うので、
>そうゆうものを変えていくために厳しい練習になります。
>あとは選手がそれをどうとらえるかです。
>それが厳しいと思うか、
>それくらいやらなければ強くなれない、うまくなれない。と思うか。
>自分たちが何をすべきかということをきちんと伝えて
>それに対して取り組んで欲しい。
やらなくてはうまくなれない、やって当たり前だという意識をもって
>取り組んで欲しいですね。


要するに「自らの弱さを克服するには、
厳しい練習に裏づけされた自信が必要」
という事でしょう。

野村新監督自ら「笑われようが何をしようが」と言うくらい
12年連続Bクラスにどっぷりと浸かってしまっているチームが
優勝を目指そうというのですから、確かに「やって当たり前」でしょう。

確かにかつてのカープは、12球団一厳しい練習と言われ、
その一方で、故障者や潰れていった選手も多かった訳で
それでなくても戦力層が薄いだけに正直、心配な面もありますが、
それでも昨年、今年と勝負どころでことごとく自滅していった姿を思えば、
強くなるためには避けて通れない道なのだと思います。

奇しくも今日の中国新聞「カープ情報」のもう一つの記事
起動野村カープ(上) 考える野球 そつない走塁、復活へ
でも「選手・コーチの甘さ一掃」との見出しが目を引きました。

中国新聞にしては、何時になく辛口の内容ですが、
読めば読むほどチームの深刻な状態が思い起こされ、
単に「戦力不足だから補強すれば解決する」というレベルではなく、
相当な厳しさを持たずして再建は有り得ないと感じました。

とはいえ、戦力補強も不可欠ですのでフロントも奮起願いますm(__)m

最後に大野コーチは、次のように結んでいます。

>球場を見てもらうのも必要でしょうけど、
>チーム・選手の戦う姿をみて満足してもらえるようにしていきたいです。


今季、一番寂しく感じられたのは、
勝負どころでチーム全体に戦う姿勢が感じられない事が度々あった点で、
そのあたりは、大野コーチも感じられたのでしょう。

戦力で劣るチームが気力で負けていては話にならないし、
今年のようにミスを連発して自滅してるようじゃ、それこそ笑われます。

「優勝宣言」が真実味を持つようになりますように
大野コーチ、厳しいご指導よろしくお願いいたしますm(__)m


毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島ブログ

野村謙二郎・・・「最後の切り札」にふさわしい就任会見

10/14野村新監督就任会見
野村謙二郎 新監督 就任記者会見!-球団HP

第18代15人目にして「最も熱い」就任会見ではなかろうか?
何より、昨今のチームについて、
我々ファンの想いが共有されているのがうれしい限り。

>僕は勝てる野球を目指します。
>今シーズン、本来カープがやらないといけない走塁を他のチームにやられていました。
>あれを見たときに、非常に残念なことだと思いましたね。
>すばらしい走塁、これはカープの伝統でもあるので、
>もっともっと選手にやってもらいたいです。
>単なるスピード野球・機動力といいますと、言葉がおおまかになってしまうのですが、
>カープらしい野球をしていきたいです。


ここ数年チームが標榜してきた機動力野球は、
ゲームでは「張子の虎」で相手に脅威を与えるには至りませんでしたが、
かつて自らのプレーで体現してきた野村謙二郎が言うと
説得力が違います。
現有戦力を見渡しても、勝利への活路を見出すにふさわしいと思います。

>来年以降、みなさんに愛されるチームであるとともに、
>ファンの人たちにこの球場に来るのが楽しい、試合に勝って楽しい。
>と思われるようなチーム作りをしていきたいと思います。


既にファンに愛され、新球場へ行くのも楽しい訳で、
後は「試合に勝って楽しい」という点だけでしょう。

>自分の目指す野球を一生懸命やって、
>とにかくクライマックスが目標ではないわけですから、優勝を目指す!
>選手にもそうゆう気持ちで、Aクラスを目指すというのはやめてもらいます。


久々に聞いた「優勝宣言」という気がしますが、
前にも書いた通り、Aクラスは優勝狙って敗れたチームが落ち着く先。
戦う前から「CS進出」なんて目標だから指定席のBクラスに落ち着く訳で、
その点で、来季は少なくとも気持ちの面では期待がもてそうです。

>選手たちに言う第一声は、「勝ちに行くぞ!」になると思う

「よくぞ言ってくれた!」と拍手したくなりますねぇ。
負け犬根性が染み付いた今のチームに最もふさわしい喝と思います。

>僕が現役をやめるときに、 3つの日本一という言葉を言ったんですけども、
>僕は今この球場は日本で1番すばらしいと思いますし、ファンも日本一、
>あとは選手が結果を残して日本で1番すばらしいチームになることだと思います。
>改めて3つの日本一を自分の胸にしっかり構えて戦っていきたいと思います。


これぞ、我らが待ち望んだ「切り札」野村謙二郎です。
日本一のファンに仲間入りできるよう力の限り応援して、
3つの日本一を目指して共に戦いましょう!
真のALL-IN目指して!

毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島ブログ

「新旧」野村監督の今後に注目!です

ここへ来て何かと因縁めいた形相を呈してきたのも何かの縁か?

似たような色のユニフォームながら、
球団創設5年目にして初のCS進出を決めた楽天は、
「功労者」野村監督の勇退とは名ばかりの解任騒動でモメて、
後任にはカープ監督を辞任したマーティの名が挙がっている。

一方我らが「元祖」赤ヘルカープは「切り札」野村謙二郎氏が
監督就任を受諾し、今日記者会見を行うとの事。

奇しくも新旧野村体制で明暗がくっきりと分かれて、
そこにマーティが絡むのだから何とも興味深い。

個人的には、マーティに楽天監督に就任してもらい、
因縁の対決で盛り上げてほしいと思うものの、
日の出の勢いの楽天と色褪せる一方のカープとでは、
日本シリーズという最高の舞台では望み薄なので、
まずは交流戦での実現に期待したいものです。

そんな期待を一身に背負っての「切り札」野村新体制ですが、
中国新聞カープ情報では、なぜか記事が二本立てとなっており、
一体何の意味があるのか?訳が解らないが、
これも野村新体制に対する期待の表れなんでしょうか?

カープ監督、野村氏受諾 大野氏は投手コーチへ

再建へ切り札投入 カープ監督、野村氏受諾

内容は多少前後しているようだが、内容は似たり寄ったりで、
要は大野コーチはヘッドコーチではなく、投手コーチに就任し、
他のスタッフは大幅な入れ替えをしない方針のようだ。

引退した緒方コーチの役割も気になるところですが、
「野村-大野」ラインだけ替えても果たして機能するのか・・・

切り札投入にしては、少々拍子抜けの感もあるものの
まぁ、詳細は明日の野村新監督自身の発表を待つとしよう。


毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島ブログ

来季のカムバック賞は「当確!」って事で・・・

緒方選手が引退したからという訳ではなかろうが、
今日のスポーツ各紙は「前田智復活」一色でした。

前田智、来季も現役!21年目の復活へ-スポーツナビ

新球場のフィールドに立つ姿を見るのが
緒方選手の引退セレモニーになるとは夢にも思いませんでしたが、
体調はともかく気持ちは萎えていないようで一安心しました。

シーズン中に何度「前田智がいてくれたら」と思った事か・・・
特にフィリップス選手が加入して、
スタメンレフトで目を覆わんばかりの守備を目の当たりにする度に
「前田智選手が復帰してくれてフィリップス選手がサードに回れば・・・」
と思ったものでした。

今朝の中国新聞の担当記者座談会でも触れられてましたが、
日野
>5番打者の不振も響いた。
>嶋が開幕から結果を残せず、外国人も安定感を欠いた。
>結果として4番に相手のマークが集中し、
>栗原も苦しむ悪循環に陥ってしまった。

五反田 
>選手の間では得点力不足の一つに前田の不在を指摘する声もあった。

現実には、もはやスタメンで連続出場は叶わないかもしれないし、
前田智選手の打撃面でのプラスと守備面でのマイナス両面あれど、
慣れないレフトでフィリップス選手を起用した事を思えば、
P砲が本職のサード起用で打撃に専念できる効果も見込める点と
さらに、4番栗原の後に控えて投手に睨みを効かせられるのは、
今のメンバーを見渡しても前田智選手しかいない点を考えれば、
少なくとも5番マクレーンよりは、上積みが見込めるのでは?

そして、緒方選手引退セレモニーでの感動的な抱擁で、
最後のV戦士として、きっと何かを託されたからこそ
自らを奮い立たせているに違いないと思うのです。

度重なる怪我と闘いそれを乗り越えてきた姿は、
タイプこそ違えど、衣笠-野村-緒方と続く
真の赤ヘル戦士の王道へと通じます。

第一、あの張本選手にお墨付きをもらい、
イチロー選手の憧れだった前田智選手がこのまま終わるなんて
到底考えられません。

と、あれこれ理屈を書き連ねてきましたが、要は

「新球場で元気な前田智選手のプレーを見たい」

ただそれだけです。


個人的には「来季のカムバック賞は当確」と信じています。
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島ブログ

感動の余韻もそこそこに「さぁ、来季へ!」

「緒方引退」一色に染まった感のある紙面で
ひっそりと取り上げられていた
「倉、横山両選手のFA資格取得」。

共にチームの屋台骨を支える貴重な戦力だけに
その去就について気が気でありません・・・。

特に横山投手は、ブラウン体制下で中継ぎに負担の掛かる中、
フル回転続けてきただけにご褒美の1つ位要求されても
何の不思議もありませんし、仮に流出なんて事になれば
その穴を埋める事は容易ではないだけに
「FA宣言=退団」が既定路線のカープですが、
来季へ向けてのフロントの本気度がさっそく試されますね。

横山投手のいない中継ぎ陣なんて想像したくもありません。
来季も赤いユニフォームで強気のマウンドさばきを見たいものです。

新球場効果に加えて「緒方効果で商売繁盛」も結構ですが、
12年連続Bクラスの危機的状況のチームに
いつまでも感動に浸っている余裕はありません・・・。


毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島ブログ

緒方選手もマーティも最後まで「自分らしさ」を貫きました・・・

この歳になって言うのも何ですが、
仕事が手につかなかったのも人目を憚らず泣いたのも久しぶり、
しかも、不覚にも2度も涙が止まりませんでした。

上司の粋な計らいで職場全員でテレビ観戦となりましたが、
日頃の怨念も通り越して皆、涙でした・・・。

確かに「ご祝儀」の大盤振る舞いだったとはいえ、
今シーズンのやり切れない思いも忘れさせてくれるナイスゲームでした。

スタメンに緒方選手の名前が無かった事で、
「余程腰の状態が思わしくないんだなぁ」と思いましたが、
神様も何と粋な計らいをなさるものです。

守備についた8回表最初の打者がかつての同僚木村拓で、
彼がまた、きっちりと狙った通り「平凡な」センターフライを打ち上げる、
1塁を回った時のあの笑顔は「してやったり」の確信犯でしょう。

その裏の打席では、正直ゴンザレスが続投していただけに
「空気が読めないのでは?」と心配しましたが、
何の事はない、ど真ん中のストレートという「ご祝儀」でした。

まぁ、それでもご祝儀を逃さず、初球から打っていった、
それも全盛時を思わせる右中間への鋭い打球も去ることながら、
衰えを感じさせる足取りでも躊躇する事無く3塁へ向かい
倒れこむようなヘッドスライディングを見た瞬間に感極まりました。
緒方の花道、三塁打 「自分のスタイルで終われた」-中国新聞

そして、直後のワイルドピッチに当然のように突っ込む姿・・・
確かにプレー自体は寂しさを感じさせたものの

常に全力で、試合が終わればユニフォームが真っ黒に
そんな選手でありたい。


試合後の挨拶そのままに「今の全力」を尽くしてのプレー、
最後はホームベース手前で完全に燃え尽きたのでしょう。
何ら恥じる事無い、最後の最後まで緒方選手そのものでした。

1回裏に東出が見せた気迫の走塁で得た虎の子の1点を
巨人打線の早打ちという「ご祝儀」があったとはいえ、
無四球完封で守り抜いた大竹も確かによく投げたものの、
試合後の「まるで優勝したかのようなはしゃぎ方」には、
半ば唖然ともさせられましたが、こちらはマーティへの餞別か・・・。

そして、緒方選手の挨拶は、彼らしく涙なしの力強い内容で
こちらも泣くには至らなかったものの、
背番号1の姿を見た瞬間には抑えきれない感情が吹き出てしまいました。
前田が花束 ナイン惜別-中国新聞

新球場のフィールドに立つ前田智選手の姿をどれだけ待ち望んでいたか・・・
二人の抱擁を見て、人目も憚らずに泣きました。

スーツ姿の健さんもスタンドから観戦されてましたが、
ホント年甲斐も無く「カープファンで良かった」と感動しました。

そして、緒方選手の影に隠れる形でチームを去るマーティ・・・
ブラウン監督、有終白星 「心残り何もない」 晴れやかな表情-中国新聞
胴上げもファンへの挨拶もありませんでしたが、
先の辞任会見は、今日の展開を予想してのものだったのか・・・
などと思い、少々寂しい気持ちになりました。

「心残りは何も無い」との言葉通り、最後を勝利で飾った事が
せめてもの餞別となったら・・・と思います。

この4年間、悲喜こもごもではあったけれど、大変ご苦労様でした。


さぁ、明日から優勝へ向けて再スタートだ!
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島ブログ

今年も秋風が吹く季節となりました・・・

ヤクルトの信じられないような失速で盛り上がったCS争いも
終わってみれば順当な結果となりました。

棚ボタで得たCS進出のチャンスをモノにできなかったカープには、
ため息しか出ませんが、
阪神も昨年来の失速傾向がより顕著となっているようで、
来季へ向けて最大のライバルとなりそうな気配。

もっとも若返りという点では、我がカープの方が一歩先んじており、
今年のFA市場が不作の事を思えば、逆転の目も有りかと・・・。

順位も確定した事で球界にも秋風が吹く季節となり、
カープにも第一弾の秋風が吹きました。

尾形選手は、「ポスト野村」を期待させる選手でしたが、
やはり古傷が致命傷となってしまい、本当に残念です。
今となっては「涙の復活サヨナラHR」がいい思い出です。
'07/8/24 中国新聞「カープ情報」

牧野投手は、昨年は先発のチャンスも与えられましたが、
年齢的にもちょっとしんどかったですね。
それにしてもマーティ好みの「パワーアーム」との振れ込みには、
ことごとく裏切られましたね。
岸本、宮崎、上野・・・当りはルイス、シュルツの両外国人だけ。
やはり「投手はコントロール」に尽きるようです。

比嘉選手も「早稲田最強カルテット」の一員として
多いに期待したものの、怪我に泣かされましたか・・・
奇しくも昨日の試合でヤクルト青木、阪神鳥谷両選手が
チームの中軸として活躍している姿を見ただけに
改めてプロの厳しさを感じさせられました。

吉田選手もデビュー時には光るモノを感じさせてくれましたが、
それ以上に光り輝く事無く埋没してしまいました。

皆さん、お疲れさまでした。

後、ついでと言っちゃぁ何ですが、
小早川、リブジー両コーチの退団も発表されましたが、
不振を極めた打撃コーチにマーティの話し相手とくれば
まぁ、こちらの方は当然と言えば当然かと・・・。

それにしても、
「栗原が立派な4番に成長した」との小早川氏のコメント。

4番として、成長はともかく「立派な」とまで言われると・・・

最後まで「ピントがずれてる」気がするんですが・・・



いよいよ「漢」緒方の見納め・・・最後勝って締めよう!
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島ブログ

4年間Bクラスで「悔いなし」に「感謝してる」ってどうよ?

試合が無い寂しさ以上にさっさと寝れる安堵感、
全く今年の秋も寂しい限りですね。

各紙では「マーティ辞任」が報じられていますが、
解任されるのはプライドが許さないのか?

もっとも今の球団からクビを言い渡されるのは、
マーティならずとも「自分だけの責任かい!」
という気になるのも解る気がしますが・・・。

そのあたりがブラウン監督辞任「4年間悔いなし」-スポーツナビ
って事になるんでしょうが、
この4年ともBクラスじゃ「悔いなし」って言われてもねぇ・・・

確かに昨年も今年も3位に手が届きかけてのBクラスだけに
底上げは出来てきたとも取れますが、
やはりプロである以上「善戦虚しく」じゃ物足りませんねぇ。

まぁ、責任を取ってチームを去る者に鞭打っても仕方ないですが、
一方で居残る構えのオーナーのコメントには違和感を覚えます。

「ブラウン監督に就任してもらった時、
彼に望んだのは閉塞(へいそく)感からの脱却でした。
彼は立派に使命を果たし、可能性の広がったチームにしてくれました。
感謝しています」


何故「Aクラス入りを逃した責任を取ってもらった」と言えないのか?
いくら社交辞令とはいえ、オーナーがこんな甘い事を言ってたら
今季もAクラスを逃し12年連続Bクラスとなった総括もままならず、
結局、責任の所在も曖昧なまま、野村新体制で来シーズンへ・・・。

本当にこれで来季の展望が描けるのですか?

そもそも「目標がAクラス」って事自体が甘いんじゃないですか?
優勝目指して敗れたチームが落ち着くところがAクラスであって、
最初から「Aクラス」が目標じゃ、上位に食い込めるはずもない・・・

オーナー自身が紳士ぶる必要がどこにあるんでしょうか?
もっと現状を嘆き、勝利への執着心を顕にしてもらいたい!

結局、今日もすんなり寝れなくなってしまった・・・


毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島ブログ

純国産メンバーで臨むも寂しい限り

外国人4選手が登録抹消され、純国産のメンバーで
CS進出を賭けて正念場の阪神相手にどんな試合をするか?
と思ってたら、何の事はない、単なる消化試合でした・・・。

大島投手あたりは「消化試合に付き合ってる場合なの?」
と心配してあげたくなりますね、防御率12点台って・・・。

マエケンも悪いなりに3失点と粘ったものの14敗目・・・
防御率3.358にしちゃ厳しい星勘定だけど、
まぁ、今のカープじゃ、3点は致命傷って事でしょう。

マーティの辞任発表もあったし、
この悪天候の中でも28977人が詰め掛けた地元ゲームで
こんな試合しかできないなんて・・・

今季、そして4年間のブラウン体制の最終戦ぐらいは、
緒方選手の引退試合でもあるし、
来季につながるような締めで終えてほしいですね。


話は変わって、健さんが帰国されましたね、
紆余曲折有ったけど、見事メジャーリーガーとして凱旋です。

シーズン当初は思いもしなかったけど、
今季健さんの抜けた穴は、意外に大きかったのかも・・・。

星勘定以前にだらしない攻撃陣に喝を入れられた存在だっただけに
健さんがいれば、ちょっとは打線も奮起してCSに手が届いたかも。

ルイス様は達観してるし、マエケンじゃ荷が重い、
大竹寛の場合は、せいぜいはぶてるのが関の山・・・。

下手な打撃コーチを招聘するくらいなら、
健さん復帰へフロントは本気で動いてもらいたいなぁ。


毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島ブログ

「代理人を黙らせる」ような条件出してみろ!

複数年契約だってチーム最高年俸だっていいじゃないか!
ルイス様のありがたいお言葉に足を向けて寝れません・・・。

ルイス、残留に前向き 「チーム・街に愛着」-中国新聞

実績からすれば「今季年俸が1億4300万円」・・・カープ価格だなぁ、
無節操な某球団なら果たしていくら出すだろうか・・・
あいにく「大リーグの球団に限り移籍可能」という事のようですが、
相手がメジャーとなると「正直分が悪い」と思えるだけに、
ありがたいお言葉ですね。

新球場効果も有りますし、野村新監督へのご祝儀って事で、
個人的には「3年9億円」程度は最低ラインで示してほしい・・・
正に球団フロントの本気度が試されますが、
くれぐれも恥ずかしい金額掲示で失笑を買うような真似だけは、
ご免被りたいものです。

「買い物上手」も多いに結構ですが、
今のカープに必要なのは、
大型契約をぶち上げて本気度を示す事で
来年へ向けての「士気高揚」だと思いますけどね。

年俸の話となるとつくづく「カープ価格」を思い知らされますが、
そういえば「カープ価格」といえば、

疑問符だらけ! 楽天次期監督にブラウン急浮上のワケ-夕刊フジ

マーティって12球団最低年俸のカントクさんでしたか・・・
4000万円ねぇ、値ごろ感・・・有るかなぁ(笑)
確かに「野村監督の後任にはうってつけ」かも知れませんが・・・。


毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島ブログ

「赤鬼」ルイス様の見納め・・・なんて事はないですよね

まぁ、ダントツ最下位の横浜相手に何とか勝ち越しを決めて、
同一リーグで勝ち越し無しという醜態だけは免れただけ・・・。

と言っても借金40抱えるチーム相手にわずか貯金2ですから、
やはり5位が指定席って事なんでしょうね。

打上げ花火3発にルイス投手で3-0ですか・・・
毎日こんな試合ばかりだったらマーティの白髪も減ったろうに、
ホント退任決定のご祝儀ですかね。

こんな来年も見れるかどうか解らない一発で勝つ野球より、
6回表の無死1、2塁を確実にモノにする、そんな野球が見たいです。
ついでに言えば、4打席4三振喰らうような選手を使うなよ、
いくらドラ1とはいえ・・・無様な・・・

退任のご祝儀といえば、
何でも楽天の次期監督最有力に浮上だそうで、
まぁ「捨てる神有れば拾う神有り」とはよく言ったもんで・・・
似た色のユニフォームでせいぜい頑張って下さいませ。


ルイス様、何卒来年もよろしくお願いします・・・m(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島ブログ

good-bye Marty・・・フロントも辞表まとめろ!

最後の最後まで理解に苦しむ采配続きでした。

ダントツ最下位の横浜相手に3点ビハインドという状況は、
自分の進退が掛っている事も考えれば
諦めるには早過ぎるようにも感じましたが、
横山でもシュルツでもなく林と来ましたか・・・。

失点を重ねたからという結果論ではなく、
その起用に「決してあきらめない」という意図が込められていたか?
どうも最後までスッキリしない幕引きでした。

猫の目打線、エンドランへの固執、外国人への肩入れ・・・
結果が伴えば「マーティマジック」と解する事はできても、
結果が12年連続Bクラスの5位では失格の烙印もやむなしでしょう。


もっとも、同情すべき点があるとすれば、
マーティがいくらバットケースのバットや一塁ベースを投げて
ベンチの士気を高めようとしても一向に火が付かないばかりか
肝心要の勝負どころで萎縮したり力みかえしたりと自滅を繰り返す
負け犬根性に骨の髄まで冒されたチーム体質に尽きるのでは?

マーティからすれば
「選手は一定の技量は備わっているので、
後はムードさえ変えれば結果は自ずと付いてくる」
との性善説に従ったのでしょうが・・・。

こんな負け犬集団のまま、いくら首脳陣だけ替えたところで、
ロクな結果が出るはずもなく、
チーム不振の責任を現場にだけ押し付けることなく
その前にフロントの刷新も併せて行うべきでしょう。


まして次期監督に「切り札」野村謙二郎を担ぎ出そうとするのであれば・・・。


12球団最年少の43歳・・・3年やそこらでは辞めさせられんぞ!
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島ブログ

一皮剥けたと思いきや「化けの皮」かい!

初回に先制しその後もたとえ1点づつでも反撃しただけに
余りにも悔やまれる立ち上がりの惨状でした。

全てをぶち壊してくれた・・・とまでは言わないけれど、
余りにも悪い予感がハマり過ぎて怒りもこみ上げてこない・・・

痛恨のエラーを犯した東出選手もここまでの姿を思えば
とても責める訳にはいかないし・・・。

9勝とはいえ、5回戦ボーイの斉藤悠はハナから2流だが、
一皮剥けたかと思いきや、一体お前は何枚皮をかぶっているんだ!
万年独り相撲の大竹よ・・・

所詮自分自身をコントロールできないようではまだまだ2流、
万年エース候補もマエケンに返上しろ!
緒方選手の引退試合を消化試合にしやがって・・・
全く「○○につける薬なし」とはよく言ったもんだ・・・。

いっその事、明日から毎日志願先発して汚名返上すればどうだ?
力みかえる元気も無くなった位が丁度好投できるんじゃないか?
全く何時になったら青二才から卒業してくれるんだ・・・。


マーティ、とうとうお別れのカウントダウン開始だね(^_^)/~
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島ブログ

遅まきながら「その気にさせる」ような勝利!

4番の責任感がようやく力みから集中力に変わってきたか・・・
一昨日に続いて4番で勝った今日の試合。

もちろん4番だけの勝利ではない。

惜しくも二ケタ勝利は持ち越しとなったものの
重圧に負けずに力投したマエケン。

何時になくインコースを突いた石原のリード。

緒方選手の引退に魂を揺さぶられたか・・・窓際族の嶋。

今日ばかりは「負けられない」という気持ちが
負け犬根性を凌駕してました。

何より勝敗を分けたのが「継投」だったのが印象深く、
横山投手で「あわや・・・」という展開に
正直「またか・・・」とため息も出ましたが、
後続を同点どまりで絶ったシュルツ投手様々でした。

その裏にヤクルトの継投が裏目に出た分、
「ベンチワークのアヤで勝つ」なんて事自体が価値があります。

でも・・・「負けられない直接対決に勝った」とはいえ、
まだまだ借金9で5位という現実・・・
気分を入れ替えて、明日は前回3タテのリベンジを果たすこと。

ダントツ最下位で3タテ食わせたばかりの横浜が
今日は1-0で完封勝ちしてるんですから負けられません。

頼むぞ!大竹・・・って言いたいところですが、
いつも以上に力みかえって自滅されても困る訳で、
やはり打線の奮起をお願いする方が無難な気がします。


明日勝ったら「CSモード」解禁します(^_^)v
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島ブログ

さらば緒方孝市・・・真の赤ヘル戦士

あらゆる面でかつての強かった頃のカープを体現していた。


全国区ではなかった高校から入団し時間をかけて花開いた。
練習の虫で常に全身全霊を傾けてのプレー、
寡黙なれどグラウンド上でのプレーを通じて強烈な自己主張をし、
その代償であろう怪我、特に下半身の故障に悩まされ続けた。

相手バッテリーの警戒をかいくぐり、戦局を鋭く切り開く走塁、
そして勝負強い打撃・・・ここ一番の研ぎ澄まされた集中力は、
正に強かった頃の赤ヘル戦士そのものでした。

23年間、本当におつかれさまでした。
願わくば指導者として、かつての「隙あらば鋭く切り込む」赤ヘル魂を
叩き込んで赤ヘル軍団の再興にご尽力願いたいです。

ただ最後の関東遠征を控えたこの場に及んでの引退表明は、
何か緒方選手らしからぬ違和感も感じる訳で・・・
選手諸君よ、このまま去らせていいのか?


真の赤ヘル戦士に最後のはなむけを!奮起せよ!
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島ブログ

何とか「最後の関東遠征」までは繋がりました・・・

チームの置かれている現状そのままの試合でしたが、
幸いダントツ最下位の横浜が相手で救われた感も・・・。

案の定「4番の活躍でサヨナラ勝ち」という最高の波に乗り損ねたというか・・・
まったく陸に上がった鯉そのもの。
今日も投手陣に救われました・・・ホント頭が下がります。

闘争心が逆噴射してしまったルイス投手のヘルメット投げも
まぁご愛嬌かと・・・。
下降線のフィリップス選手はとんだトバッチリでしたが、
まぁ、怒りは対戦相手に向けて欲しいものです。

これでようやく借金も両手で足りるところまで来ましたが、
まだまだ「CS進出」なんてはしゃげません。

何はともあれ、いよいよカープの今季、そしてブラウン体制の命運を賭けた
最後の関東遠征4連戦までは漕ぎつけました。

奇しくも昨年も「必ずここへ帰ってくる」と送り出して裏切られただけに
あえて「負けたら帰ってくるな!」と送り出しますか・・・。

甲子園の高校球児諸君の爪の垢でも煎じてみては?
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島ブログ

 | HOME | 

いらっしゃいませ<(_ _)>

ただ今の閲覧者数:

since 2007/12/16


独白者

赤むらさき

Author:赤むらさき
色褪せた赤と紫に染まった憂鬱な日々を過ごす広島人。
最近は、慢性睡眠不足に悩む毎日です。


直近の流れ


We Are CARPぴーぷる


赤紫つながりの輪

このブログをリンクに追加する

いただいたコメント


多謝 トラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


ブログ内検索


AD-Butterfly


よろしくお願いします<(_ _)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 広島ブログ

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ようこそ!感謝です<(_ _)>


プロ野球Freak

powered by プロ野球Freak
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

Sports@niftyプロ野球速報


J1順位表


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


広告欄1


目指せ!たばこ銭

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット! >

by FC2


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。