赤紫の独白・・・カープ時々サンフレ

≫2008年06月

ようこそお立ち寄り下さいました<(_ _)>


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★巨人12回戦 Aクラス攻防のガチンコ勝負の末、力尽きての敗戦

多くの方が午前中まで雨が残った時点で
「やはり中止か」と思ったであろう事は、
日曜日のデーゲームにもかかわらず
昨日よりも少ない観客数が物語っています。

それでも雨の中18000人が足を運んだ市民球場の
コンディションを整えた球場関係者の仕事ぶりには、
営業成績が掛っているとはいえ、賞賛に値するでしょう。

そんな関係者やファンの思い同様に
両チームとも今日の「Aクラス攻防戦」に賭ける意気込みが
感じられた試合でしたが、
一言で言えば「ガチンコ勝負に力負けした」という印象・・・。

広島―巨人12回戦(広島7勝4敗1分、13時30分、広島、18026人)

巨 人010000005―6
広 島000001000―1

▽勝 豊田21試合3勝
▽敗 永川21試合2勝1敗13S
▽本塁打 ラミレス20号(4)(永川)

交流戦を乗り切り、勝率5割とAクラスという目標へ向けて、
昨日もドローとはいえ、2度までも勝ち越されながら
その都度、すぐに追いつく粘りと勢いを感じさせたカープ。

一方、普段なら余裕から受身に回りがちな巨人も
スタメンから高橋由、小笠原の2枚看板を外すなど
原監督もなりふり構わず臨戦態勢で臨んだ「ガチンコ勝負」。

奇しくも同じ左腕の高橋という両先発の投げ合いも相譲らず、
1点を争う緊迫した試合展開でしたが、
特に巨人1点リードで迎えた6回の攻防は、見応え充分でした。

6回表に巨人の追加点を阻んだ東出、赤松両選手のファインプレー。
素晴らしい守備からリズムを作った直後に、
出塁するや足で高橋尚投手を警戒させた末に産まれた
栗原選手の同点タイムリー。

流れが一気にカープに傾く中で、前田智選手を迎えて、
同じ左対左にも係わらず、左腕の山口投手へスイッチして
後続を断った原監督の采配。

カープサイドからすれば、惜しむべくは、
巨人の度重なるバント失敗等ミスに付け込めなかった事ですが、
それでも両チームとも相譲らない緊張感漂う試合展開でした。

正に一触即発で流れがどちらに転ぶとも限らない、
そんな試合展開の中で投入された投手の調子がイマイチだったら、
日に油を注ぐ大炎上も止む無しといったところでしょう。

6/29 中国新聞 永川炎上
永川、今季初の救援失敗-中国新聞

今日の永川投手は、恐らく今季初めて課題の制球が乱れ、
投球が高めに浮いてどうしようも無かったですね。
切り札フォークが甘くなったところを痛打され、
あげくはラミレス選手に息の根を止められました。

何か、これまで広島投手陣に抑え込まれて溜まっていた鬱憤が
砂防ダムが決壊したかのごとく一気に噴出したようで
重量打線の面目躍如といった感もありましたが、
あそこまで打ち込まれると思考も感情もフリーズして
呆然と眺めるばかりでした。

まぁ、今季初めて打ち込まれた訳ですが、
ちょっと打たれ過ぎなのが気にはなりますが、
恐らくは、雨天中止を見込んで昨晩羽目を外した結果・・・
だと信じたい気持ちで、次回を注目しましょう。

こうなると、マーティが嘆いたように
昨日の雨天強行でシュルツ投手が背中を痛めた事で
「勝利の方程式」の1枚を欠いてしまった影響が出た
とも言える気がしますが、
これからの連戦等考えると、
シュルツ投手の早期復帰を願うばかりです。


という訳で、念願の5割到達と3位浮上賭けて
ガチンコ勝負を挑んだ巨人3連戦でしたが、
マエケンで初戦を制したものの、
昨日は、ルイス様で押し切る事ができずドロー、
そして今日は最後の最後で粉砕されるという流れに
Aクラスそして5割浮上の壁にまたしてもはじき返され、
力負けを痛感し脱力感に覆われています。

おまけに今日はサンフレも山形相手に
試合を支配しながらも痛恨の逆転負けを喫したようで・・・。

山形に逆転負け-中国新聞

今年初めて味わう「赤紫共倒れ」という苦過ぎる結果で、
昨年まで散々悩まされた目覚めの悪い朝の再来となりそうですが、
カープ、サンフレの共倒れだけは救いがないので、
本当に勘弁して欲しいものです。



毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ FC2 Blog Ranking 広島ブログ
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

=巨人11回戦「常に先手を取られた」以上、ルイスで引分けもやむなし

新生カープの船出を思わせる快勝の翌日、
勝てば念願の借金完済しての勝率5割で
先発予想がルイス様とくれば、少々の雨でも・・・
といったところでしょうか?

巨人戦で土曜日のデイゲームとはいえ、
雨が降り続く中での観客22890人は、すごい数字で
多くの方が手応えを感じている証明でしょう。

広島―巨人11回戦(広島7勝3敗1分、14時、広島、22890人)

巨 人0020100―3
広 島002010 ―3
(七回表二死降雨コールドゲーム引き分け)

▽本塁打 小笠原12号(2)(ルイス)

ところが、肝心のルイス様の調子が今一つでした・・・。

6/28 中国新聞 ルイス
制球難、ルイスもがく 初の毎回被安打-中国新聞

プロフェッショナルらしく一切の言い訳をしないまま、
「到底、納得できない」とのコメントしかしないルイス投手ですが、
雨でぬかるんだマウンドの影響なのか?
投げ終えた後に再三バランスを崩し加減でしたし・・・
5回で既に100球超えてしまったあたり、
球威はともかく、とにかく制球に苦しんでいました。

で、甘く入った所を結構捉えられての毎回被安打、
これで3失点と試合を壊さなかったのがせめてもの救いですが、
気になるのは、ここ2戦続けて本来の投球見れなかった点。

前回登板の楽天戦でも
10勝同士対決ながら6回3失点で負け投手でしたが、
あの時は風邪の影響だろうと特に不安視もしませんでしたが、
ひょっとすると疲れが溜まってきた結果なのかもしれませんね。

こうなると、オールスターファン投票で第1位となっている事は、
果たして幸か不幸か・・・休養させたい気もしますね。

いずれにせよ、今や大黒柱なだけに、
これから夏場に向って連戦が増える事を思えば、
その存在感は増す一方なだけに心配ではあります。

どうか単なる雨苦手でありますように・・・。

降雨コールドで引き分けとなった今日の試合。
降りしきる雨の中でいつ中止になっても不思議でない状況で、
「先制点が何よりの勝利の近道」だとすれば、
ルイス様の調子がイマイチで常に先行されていた展開で
その都度、すかさず反撃して同点に追いついた打線に
確かな粘りと勢いを感じました。

唯一の汚点といえば、やはり3回の攻撃でしょうか?
1死1、2塁からシーボル選手が痛烈なレフト前ヒットを放った
にもかかわらず、2塁走者アレックス選手が
サードをオーバーランした所でサードコーチの制止で急停車、
丁度、ラミレスからの返球がサードに渡ってタッチアウト・・・。

今日ばかりははっきりと名指しさせてもらいますが、
サードの高コーチは状況判断悪いですね、今に始まった事でなく。

サードベースを勢い良く回った時点で制止しようとしても
勢いに乗ったアレックス選手も急には止まれませんので、
なぜもっと前に制止するか回すかの判断を下して、
大きなゼスチャーで示せないのか・・・酷過ぎます。

結局、2死1.3塁となって、続く廣瀬選手が打ち上げて同点止まりも
もしあそこで1死満塁だったら勝ち越せたのに・・・。

今日はことごとくチャンスで廣瀬選手に回りましたが、
結局、結果を残す事ができませんでした。
せっかくの相手投手が左腕対応のスタメンだったのに、
いいところが何も無かったような・・・また由宇行きか。

と、勝てるチャンスもあるにはあったものの、
雨のふりしきる中で2度までも勝ちこされ、
その度に追いついた打線は、かなり粘りが出てきた気がします。

今日はアレックス-栗原-シーボルのクリーンアップトリオが
いずれもタイムリーを放つ・・・シーボルは幻の・・・ですが・・・
これは心強い限りで、現状1番に目下首位打者の東出選手が
4割を超える出塁率を誇っている以上、
得点圏にランナーを置いてクリーンアップトリオに回る公算が大のため、
得点パターンが機能しやすいと言えます。

シーボル選手は今日も2安打でしたが、
打球が揚がらないのが玉に瑕ではあっても、
以前と比べて思い切りが良くなった分、
強い打球が飛ぶようになったのは好材料です。
もっとも5番任せるには迫力不足は否めませんが・・・。

せっかく昨日完勝して勢いを感じさせる展開だっただけに、
一気に5割到達して3位浮上したかった気は山々ですが、
雨が降り続ける中でいつ中止になってもおかしくない状況で、
2度までも勝ちこされながらすぐに同点にした結果の引き分けで、
まぁ、勝ちたかったけど負けずに良かったというとこでしょうか。

どうやら明日もデイゲーム予定なので、ほぼ中止となりそうで
念願の借金完済は持ち越しという事になりそうですが、
今日の試合見る限りでは、そう高くないハードルという気がします。

次節は、なにやら復調気配の漂う横浜相手の東北遠征から
地元広島に戻って薬物違反によるリオス解雇で揺れる
東京ヤクルト戦と貯金シリーズと行きたいですね。

最後に心配なのは、背中の張りを訴えたらしいシュルツ投手。
ようやく安定してきた「勝利の方程式」の一角として、
ここまで下馬評覆す好リリーフを見せていただけに
大事に至らない事を願うばかりです。



毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ FC2 Blog Ranking 広島ブログ
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

☆巨人10回戦「新生カープ」という言葉に「魂が灯った」試合

鬼門だった交流戦も何とか勝ち越して乗り切り、
ペナントレース再開して最初の対戦が
Aクラス目指す上で「目の上のたんこぶ」の巨人戦。

ペナントレース再開後の初戦であり、
Aクラス攻防戦の直接対決でもある重要な初戦の
先発を託すのは、巻き返しを期す大竹投手・・・
とばかり思い込んでいたので、
テレビ画面を見た瞬間には、
思わず「おおっ」と声を出してしまったほど驚きました。

スポーツ各紙はもちろん地元中国新聞の先発予想すら
「大竹」一色だったにもかかわらず、マエケンとは・・・
マーティの陽動作戦にものの見事に嵌められましたが、
再開後の初戦を託しただけの事はありました。

6/27 サンスポ.com マエケン
赤ヘル、鮮やかG倒で借金完済目前-サンスポ.com

マーティに言わせれば陽動作戦でも奇襲でもなく、
「マエケンは自分の投球に自信をもっているし、
やってくれる、勝ってくれると思ったから」と勝算があったようですが、
「大事な初戦を任され絶対に勝つという気持ちでマウンドに上がりました」
と監督の期待に応えるべく強い気持ちで臨んだマエケンも
「お見事!」の一言、改めて能力の高さを確信させる投球内容でした。

前回登板の日ハム戦の時にも感じましたが、
決め球のカーブを駆使した「緩急の妙」を心得ているあたり、
20歳の若造の力任せの勢いだけでない投球内容だけに、
「投手としてのセンスの良さ」を感じさせる内容でした。

しかも「打者に向っていく気持ち」が前面に出ていて、
「心技体」で言うところの「心」と「技」は、既に一級品であり、
未だ体力面に不安はあれど、ローテを担う存在感を
内外に十二分にアピールする内容でした。


広島―巨人10回戦(広島7勝3敗、18時、広島、18713人)

巨 人000000100―1
広 島01301001X―6

▽勝 前田健 5試合2勝
▽敗 グライシンガー16試合6勝6敗
▽本塁打 栗原8号(3)(グライシンガー)阿部7号(1)(前田健)


共に交流戦を勝ち越して臨んだリーグ再開戦でしたが、
勢いの差が歴然としていたように感じました。

打線では、昨年まで苦手にしていたグライシンガーから
試合を決定付ける3ランを放ったクリケンが
「4番の仕事」を果たした事が大きかったですが、
前振りとして、足を活かしてファーストゴロを内野安打にすり替えた
天谷選手の仕事も評価したいですね。

あと、東出選手の4安打固め打ちは、
現在の3割6分という高打率が勢いでなく、
持っていたセンスの開花によるものである事を自ら証明したようで、
オールスターファン投票で二塁手トップである事から、
野球ファンの多くが「日本一の二塁手」と認めつつあるようで、
ファンとしてとても喜ばしい限りです。
6/27 サンスポ.com 東出
広島・東出が猛爆4安打!-サンスポ.com

更に先日観戦した際は「重症」と見たシーボル選手も
先制タイムリー含むマルチヒットを記録するなど、
復調気配を感じさせる内容でしたが、
クリーンアップは不安でも7番に座るとなれは、
相手投手に対して結構圧力掛けられる打線となりそうです。

唯一心配なのは、今回、囮に使われた感の有る大竹投手で、
何せ散々その気にさせておきながら、ふたを開けてみれば
「後輩のマエケン」が先発して期待以上の好投を見せた事で
ますます立場が無くなってしまった訳で・・・

この屈辱をバネにして次回登板で意地を見せるか?
あるいは「見限られた」と感じて腐ってしまうか・・・
吉と出るか?凶と出るか?次回登板が見物となりました。

という訳で、ペナントレース再開初戦という節目を
ルイスでも大竹でもない「20歳のマエケン」が投げ、
クリケンが4番の一振りで相手の息の根を止めるという
「W健太」の活躍による快勝で発進できた事は
およそこれ以上は考えられない最高の展開なだけに
チームの勢いが加速するのは必至でしょう。

昨年来、言われていた「新生カープ」という言葉に
初めて「魂が灯った」そんな印象を受けた試合でした。



毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ FC2 Blog Ranking 広島ブログ
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

マーティには、もうしばらく頑張ってもらった方が良さそう?

ようやく待ちに待ったペナントレース再開、
今日から「Aクラス攻防戦」となる巨人3連戦。

借金2の現状からして初戦を全力で勝ちに行って欲しかったが、
マーティの選択はルイス投手ではなく大竹投手との事。

誰が見ても先発の頭数そのものが不足している上に
計算できる先発がルイスのみでは、確実に行き詰るだけに
あえてルイスでなく大竹再生に賭けたという事だろう。

何だかんだ言っても、大竹無くして先発ローテは組めないのが
正直な所だけに、
何とか復調のきっかけを掴んでくれる事を願うばかりだが、
今シーズンを左右するギャンブルとなりそうだ。

大竹が「仕切り直し」で結果を出せば、ルイス様が後に続いて、
連勝スタートで念願の勝率5割到達となるが、
これまでと変わらずに「学習能力も意地もない」投球見せるようだと、
チームの士気に水を注す結果となりかねない。

それゆえか、マーティは正にほめ殺しとも思える絶賛ぶりを披露。
大竹、G倒先陣!「無心」必勝!-スポーツナビ

>「大竹は力的にはルイスとも変わらない。野球はやり直しがきく職業。
>前半とは頭を切り替えて、勝ちを1つ1つ積み重ねるようにしてもらいたい。
>絶対にいい結果は出ると思う」と絶大な信頼を寄せた。

「野球はやり直しがきく職業」ときましたか・・・。
確かに2勝9敗と7つも負け越しているにもかかわらず、
チーム全体では借金2に留まっているのだから、
切り替えて今から勝ってくれても充分取り返しは可能で、
大竹投手の負け越しが減る分だけ
貯金が増える計算は成り立ちはしますが・・・。
まぁ、多くを期待せずに大竹自身が仕切り直せるか?
注目したいと思います。


そういえば、昨日の残留条件の提示を受けて、
今日のマーティは巧みな反撃に転じたようですね。

ブラウン監督「来年も続けたい」-スポーツナビ

>「監督が無理なら、2番目の選択肢として
>日本の球界に残りたい。日本球界に恩返しがしたい」

一見すると、大の親日家の面目躍如といったところですが、
実際にカープを去る事になった場合、他球団からすれば、
「カープをカモにできる最高のカード」となるだけに
某球団あたりが選手のみならず、すかさず手を差し伸べそうな気配。

マーティも老けたとはいえ、まだ45歳なので
コーチ業でも充分務まりそうですし・・・。

カープにとってはやりにくいでしょうね、マーティ敵に回すと。

そんな事を考えたら、安易に残留条件達成できなかったので
「はい、サヨナラ」という訳にもいかないので、
あれこれ理由付けて残留という目も考えられます。
次回契約時には「国内球団、特に同一リーグへの入団不可」
といったオプションを入れとく必要が出てくるかもしれません。

まぁ、調子に乗ったオーナー発言に対し、
ささやかな牽制球を投げ込んだといったところか。

「新球場移転と同時に野村新監督」なんて、
いかにも球団フロントが飛びつきそうなシナリオも有りますが、
先発陣にこれだけ不安を抱えている状態では、
まだまだ担ぎ出してほしくないと感じるだけに
マーティには、もうしばらく頑張ってもらった方が
何かと都合がよろしいようで・・・。

という訳で、まずは今日先発の大竹投手には、
チームの勢いを加速させるためにも
自らの仕切り直しのためにも
「結果を出してルイス様へつなげ!」と激を飛ばしたいです。


そういえば、これだけスポーツ各誌が
オーナー発言やマーティの進退について取り上げてるのに
何故か中国新聞さんは全くと言っていいほど触れていませんが、
何か意図があるのでしょうかね?気になります。



毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ FC2 Blog Ranking 広島ブログ
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

マーティは進退を賭けて「未完の大器」大竹と心中か?

ペナントレース再開までの中休み2日目という事で、
ネタらしいネタも無い中、スポーツ各紙の紙面を賑やかしたのは、
ブラウン監督、5割以上で「続投」も-スポーツナビ

先日も上位の中日、巨人がもたついていると見るや、
スケベ根性丸出しで
CS開催権獲得へ!広島オーナー2位厳命-スポーツナビ
などと能天気な発言し、ファンの感情を逆撫でしたばかりですが、
ペナントレース再開へ向けて檄を飛ばしたつもりなのでしょうね。

5割もしくはAクラス入りが残留条件として、
マーティに示された訳ですが、
オーナー自身の事は棚に上げての責任転嫁とも取れる発言に、
ちょっと気の毒な気がします。

つくづくオーナーは、その時の様子に一喜一憂するばかりで、
チーム強化の計画性もなく現状の把握もできない事を
自ら証明してみせたように感じます。

確かにルイス様に代表される新外国人選手を獲得し、
赤松、小窪ら新戦力の加入もありました。

が、今季のカープは「エースと4番の同時離脱」という
前代未聞の危機的状況からのスタートだった訳で、
一昨年、昨年と比べれば、交流戦終了して借金2なら
戦力補強分だけの上積みはできているように思います。

現状での借金2という成績は、
エースと4番サードの穴を新戦力で補って、
なおかつ穴が埋めきれていない結果のはずですが、
オーナーの頭の中には「エースと4番サードの同時離脱」による
戦力ダウンは「過去の話」として片付けられてるようで、
新戦力が活躍しているのだから、もっと勝てるはずという
安易な発想が根底にある気がしてなりません。

マーティ自身も自らの進退を賭けて臨むにあたり、
アンタッチャブルであった前田智選手をスタメンから外すなど
今季に賭ける意気込みを見せてはいますが、
チームの投打の柱を失った代償はきわめて大きい上に
先発投手陣に不安を抱えている以上、楽な試合運びは望めない中で
現在の成績ならば、充分評価してしかるべきだと思うのですが。

まぁ「阪神が走っているが、2~5位が混戦だからチャンスが出てきてる。
2位までにはいかないといけない。まずは貯金を目指してほしい。
もう借金はイヤじゃから」などと自軍の戦力分析は棚に挙げて、
しゃぁしゃぁと「感情論」を披露する神経の持ち主ですから、
マーティに責任転嫁しても何ら不思議ではありませんけど・・・。

幸い、当のマーティ自身は、チームの現状に手応えを感じてか?
至って楽観的とも受け取れる強気一辺倒なので、
チームに不協和音が広がる事はなさそうですが、
オーナーには、「現場に注文付けるのなら、しっかりと現状分析をした上で、
マーティが「言い訳できない」程度の戦力補強をサポートした上で
発言してもらいたいと切に願うばかりです。

交流戦も終了し、いよいよペナントレース再開するにあたり、
最初のカードでGとの「Aクラス争奪戦」の幕が切って落とされますが、
てっきり初戦はルイス投手とばかり思っていたら、
今日の中国新聞カープ情報を見る限り、
またも開幕投手に、この大切な直接対決の初戦を担わせるようで、
マーティも大竹と心中する旨腹をくくったようですね。
6/26 中国新聞 大竹
大竹がリーグ再開初戦先発 援護直後の失点反省-中国新聞

個人的には、精神的な甘さを捨て去るべく、
2軍降格させてみっちりと投球の原点を見極めて欲しい。
「やってくればければ困る」は、あくまでも希望的観測に過ぎず、
現状のままでは何回1軍で先発マウンド踏んでも、
自ら墓穴を掘り続ける気がしてなりませんが・・・。

まぁ、自らの進退を賭けるマーティが、
どうしても大竹に一人前になってほしいという想いから
再開後初戦先発を任せて心中図ると言うのであれば、
その決定を尊重し、支持したいと思います。


さて、今日はJ2サンフレの試合VS徳島戦が有りましたが、
結論から言えば、1点先行されたのを2得点奪っての
逆転勝利で無事勝ち点3を積み重ねたようです。
6/25 中国新聞 高萩
今季初の逆転勝ち 高萩、流れ呼ぶ同点弾-中国新聞
日本代表に招集され、昨日チームに合流したばかりで
復帰と同時に決勝ゴールを決めたエース佐藤寿選手の
精神的な強さには、エースのプライドが感じられました。

大竹投手には是非見習ってもらいたいですが、
「節目の試合を任されて意気に感じる」くらいの
精神的なタフさを早く身に着けてほしいです。
いつまでも子供じゃないんですから・・・。



毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ FC2 Blog Ranking 広島ブログ
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

終わった交流戦の総括以上に注目したい「先発コズロースキー」

昨日で1ヶ月24試合に亘った交流戦も終了し、
カープは13勝11敗の貯金2で12球団中6位と健闘しました。

本来ならば交流戦の総括をすべきなのでしょうが、
勝ちこしたとはいえ、トータルでは未だ借金2を抱える身だし、
それも日程的に余裕のある中で、
ルイス様を中4日でフル回転させての結果だけに
手離しで喜んでいいものかどうか・・・。

個人的には、単なる通過点に過ぎない意識が強く、
中国新聞「カープ情報」に総括されていたので、
こちらを紹介するに留めておこうと思います。

6/25 中国新聞 交流戦総括 
新戦力が起爆剤 コイ交流戦初の勝ち越し-中国新聞

攻撃陣の健闘が目に付きましたが、
交流戦最初のソフトバンク戦の連敗スタートをきっかけに
マーティの采配が変わった事が影響しているように思います。

交流戦通じて12球団トップの22盗塁もさることながら、
注目すべきは、25で3位となった犠打の急増。

交流戦前は、選手に任せていたのか無策でランナー進められず、
3安打しなければ1点取れなかった事を思えば、
ようやく先の塁に手堅く走者を進めて1点を取りに行くという
カープの身の丈に合った野球をするようになった結果、
確実に得点力が向上したという事でしょう。

むしろ問題は、昨年より1点以上悪くなった防御率。
それもルイス様が6試合登板した上での数字だけに
いかに他の投手が失点を重ねたか?その悲惨さを物語っています。
ルイス投手以外の先発陣が総崩れに近い状態では、
ペナントレース再開後の6連戦は乗り切れない・・・
どうしてもそちらの方が気になってしまうのが本音です。

そんな中で「明るい」と言っていいのかどうか分かりませんが、
個人的に総括以上に注目したのが、
6/25 中国新聞 コズ
初先発コズ5回1失点 ウエスタン・リーグ-中国新聞

「左殺し」の触れ込みでリリーフでスタートしたものの、
結果はイマイチだったコズロースキー投手。
「左のワンポイント」で結果が出せなかったとはいえ、
投球自体は、それほど手が付けられないほどではないので、
「先発転向」には大賛成で期待しまくっています。

ここまで「左のエース」としてローテ守ってきた健さんが
ここ数試合、掌を返した別人のように打ち込まれ、
挙句の果てに登録抹消されました。

若かった頃から気温の上昇と共に成績が下降する傾向で、
仮に復帰しても開幕当初の安定感が取り戻せるか?考えると
やはり歳も歳だし多くを期待するのは酷な気がします。

期待していた若手左腕の大島も先発任せるに至らず、
篠田に至っては2軍降格と左腕壊滅状態にあって、
コズロースキー投手の先発転向は、窮余の策とはいえ、
今後のカープの命運が賭かっていると言っても過言ではありません。

願わくば「右のルイス、左のコズロースキー」の2枚看板、
仮称=「先発ツインタワーズ」の揃い踏みを見てみたい。

何も「左のルイス」ばりの投球を要求する訳でなく、
6回を3失点で投げきってくれる程度で充分。

要は、一向に喝の入らない大竹や長谷川といった「懲りない面々」に
「2軍で顔洗って出直して来い!」と引導渡せるようにしたい、
というだけの事なんですが・・・高望みでしょうかね?

肩を作るのにもう少し2軍で調整が必要なようですが、
その間、大竹や長谷川を先発で使わざるを得ないので、
浮上の芽はしぼんだまま・・・。

順調に調整が進んで一日も早く1軍再デビュー果たしてくれる事に
期待する方が、大竹、長谷川が一皮むける事に期待するより
よほど報われる気がしてなりません。

頼むぞ!「助っ人左腕」の真骨頂を見せてくれ!



毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ FC2 Blog Ranking 広島ブログ
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

☆楽天4回戦「5点差を逆転勝ちで交流戦初の勝ち越し」

今日は、市民球場お隣の県立総合体育館にて
職場の研修を受講し、終了したのが16時過ぎ。

屋外で出てみると青空に風が心地よい絶好の観戦日和。

本来ならば交流戦も終了し閑散としていたはずの市民球場は、
土曜日の雨天中止に伴い本日ナイター開催で
おまけに市民球場で行われる最後の交流戦とくれば
観戦しない訳にはいきません。

という訳で、今年の交流戦最終戦を飛び入り観戦しました。

結果から言えば、5点差を逆転勝ちで交流戦初の勝ち越しを決め、
有終の美を飾ってくれた訳ですが、
立ったり座ったりで疲れました・・・と言っても応援のせいではなく、
見るに見かねて「もう帰ろう」と席を立ったものの、
「せめて前田智選手だけでも見たい」と思い留まったりの繰り返し。
今日の所は「結果オーライ」で結構課題も目に付いた試合でした。

6/23 中国新聞 交流戦勝敗表
交流戦初の貯金 全日程終了-中国新聞


広島―楽天最終戦(2勝2敗、18時、広島、9675人)

楽 天102300000―6
広 島00110401X―7

▽勝 横山26試合3勝3S
▽S 永川20試合2勝13S

▽敗 有銘29試合1敗1S
▽本塁打 リック5号(2)(長谷川)緒方2号(3)(松本)

そもそも今日が交流戦通じて9勝2敗と絶好調の
カード2戦目にもかかわらず、即観戦と決断できなかったのは、
予想先発が好投-KOを交互に繰り返してきて、
今日はKOされる番に当る長谷川投手だったからでしたが、
予想通りというか目を覆わんばかりの体たらくぶりで、
さすがのマーティも3回3失点でさっさと見切りましたね。
6/23 サンスポ.com 長谷川
広島・長谷川が早々降板 ルイスに続く柱出ず-サンスポ.com
何しろ何を投げてもストライクが入らない、
あげくに置きにいった末に痛打を浴びるというお定まりのパターンで、
初回もよく1点で収まりましたが、3回のリックに喫した2ランなど
初球から簡単に放り込まれるなど投球の呈を為していませんでした。

今日見る限り、とても先発任せる気になれませんが、
もっとも次回は好投する番なので、案外いいかも・・・などと
軽口叩きたくなる位情けない内容でした。

さっさと見切って投入したのが、
密かに先発復帰を期待していたぺろ~ん青木高でしたが、
立ち上がりは良く見えたのですが、
こちらも2死から突如連打を浴びたと思ったら、
単調になって打たれ出したら止まらない悪癖が出て、
「気持ちは燃えても頭は冷静でなければならない」という
毎度の課題がクリアできぬままに3失点。

投手陣、特に先発ローテを担って欲しい投手の乱調ぶりは、
目に余るほどで、とても手離しで喜べる状態ではありませんね。


一方の打線については、6回の代打攻勢が見事に的中し、
今日ばかりはマーティの早仕掛けが功を奏したようですが、
今日、観戦していて改めて気付いた点は、
「1点取った後のチャンスにもう1点が取れない」事が
試合展開を苦しくしているように映りました。

今日の朝井投手の出来は、長谷川投手と大差なく、
とにかく制球面で相当苦しんでいたにもかかわらず、
3回、4回共に1点返した後のチャンスに畳み掛けられない。

同点に追いついた6回の攻撃にしても、
前田智選手のタイムリーで1点返してなおも1死1、3塁のチャンスで
東出選手の当りは浅いレフトフライでシーボル選手が返せず、
結果として、続く代打緒方選手の一振りで同点にはしたものの、
波状攻撃が仕掛けられない点は今後の課題と思います。

打線で今日注目していたのは、シーボル選手ですが、
ちょっと見ない間にずい分線が細くなったような印象を受け、
楽天のリック選手と比べても下半身の安定感が感じられず、
打席でも膝が突っ張ったような印象で下半身が上手く使えておらず、
その分、手打ちになりがちでインコースはまず捌けそうも無い印象。
ヒットは出始めたようですが、打球が揚がる気配が感じられず、
まだまだ低空飛行が続きそうな気配と見ました。


とまぁ、苦言はこのあたりにして、
今日は6回の攻撃に立ち会えただけでも満足すべきと思える位、
鳥肌立つほどに興奮しましたが、
その前に忘れてならないのが5回から2イニングをしっかり抑えた
上野投手の投球。
今日の試合、3人目にしてようやく「まともな投球」をしてくれた事が
6回の攻撃につながったと言っても過言ではないでしょう。

その6回、1死2、3塁で代打前田智選手がコールされた際の
球場全体から沸き起こった地響きのような声援と
その声援に応えるべく、
打球が詰まりながらもセンター前に落ちた際の絶叫。

そして東出選手の浅いレフトフライで3塁走者のシーボルが
タッチアップからスタートしかけて自重した際のどよめきの中、
小窪勝負と思いきや、ベンチ前に緒方選手が姿を現した瞬間の
先の前田登場時を再現するかのような声援。

この時「ひょっとしたら田中マー君が連投で出てくるのでは?」と
密かに警戒したのですが、コールは松本投手でしたが、
正直、投球練習見て「これまでの投手より球が走っていない」とは
感じたのですが・・・。

その声援が静まったと思った瞬間、初球を捉えた打球が
ライナーでレフトポール際へ吸い込まれていった際の
一瞬の静寂の後に一気に沸点に達しての地鳴りのような響き。
6/23 サンスポ.com 緒方
広島・緒形、執念の同点3ラン-サンスポ.com
確かに内角寄りの甘い球ではありましたが、
初球からしっかりと振りにいった緒方選手の気合勝ち、
あの場面で「代打の心得」をしっかりと実践できるあたり、
「さすが」と脱帽するしかありません。

先に挙げた「畳み掛けられない」課題を抱えながらの同点劇で
勢いは完全にカープに傾き、密かに「サヨナラか?」と
期待に胸を高ぶらせていた8回にようやく栗原が4番の意地を見せ、
試合を決めてくれました。
6/23 中国新聞 栗原
当りはよくなかったものの「何とかしたい」という気持ちが
あそこへ打球を運ばせたという事でしょうか?
栗原選手の表情が全てを物語っているようですが、
4番に求められる気持ちで打った決勝打と映りました。

最後は、守護神永川投手がようやく3人できっちりと締めて、
カープにしては珍しい大逆転勝利で交流戦初の勝ち越しを決め、
見事有終の美を飾ってくれました。


先発ローテを担うべき投手が揃って打ち込まれるわ、
代打緒方選手の一振りで事なきを得たとはいえ、
相変わらず1点取った後のチャンスに後続が続けない等々
ペナントレース再開へ向けての課題考えると、
決して手離しで喜んでばかりはいられない状況ではありますが、
明日からはペナントレース再開後へ向けて、
憂鬱な日々を過ごす事にして
今日ばかりは、市民球場最後の交流戦を逆転勝ちで締めた
という余韻に浸ろうと思います。



毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ FC2 Blog Ranking 広島ブログ
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

★楽天3回戦「ルイス様でも勝てなかった鬼門のカード初戦」

交流戦初の勝ち越しと5割復帰を賭けて
満を辞してルイス様を立てて臨んだ対楽天3回戦。

やめときゃいいのにマーティが自慢げに挑発した結果は、
案の定、あえなく返り討ちに遭ってしまいました。

鬼門の交流戦を五分で乗り切ってきたとはいえ、
これでカード初戦は3勝9敗と大きく負け越しが確定。

ここら辺が大きく連勝できない原因であり、
来年への課題を持ち越す事となりましたが、
先手を取られないとエンジンが掛らないというのでは、
余りにも情けない・・・やはりメンタル面に問題ありのようです。

6/22 中国新聞 ルイス
ルイス、交流戦6勝ならず-中国新聞

頼みのルイス様に関しては、今日は別人の出来で、
病み上がりの影響か?雨上がりの蒸し暑さの影響か?
いずれにせよ、マウンド上でしんどそうでしたね。

立ち上がりから高目に浮いて制球に苦しんでましたし、
必殺スライダーの切れもイマイチだったように見えました。

おまけに前回登板の西武戦でも感じたのですが、
初球からカウント整えに来る傾向が研究されてきたのか?
ファーストストライクを積極的に狙われているようで、
横川選手に喫した先制2ランも初球のインハイのストレートを
右翼席上段まで運ばれました。

まぁ、このあたりはマーティ含めて自覚しているようなので、
次回登板以降、しっかり修正してくれるとは思いますが・・・。

広島―楽天3回戦(楽天2勝1敗、14時2分、広島、22798人)

楽 天021000000―3
広 島000010000―1
▽勝 岩隈14試合11勝2敗
▽S 田中14試合6勝4敗1S
▽敗 ルイス16試合10勝5敗
▽本塁打 横川2号(2)(ルイス)

悪いなりに持ち応えての6回3失点と言う内容では、
ルイス様を責める訳にはいきませんが、
相手もここまで10勝と本来の投球取り戻している岩隈投手だけに
できれば先制点は与えたくなかったのが本音。

何しろカープ打線の勝負弱さは、逆転勝ちを収めたのが
中継ぎ陣が精彩を欠く千葉ロッテ戦のみで、
後の試合は、先制を許した途端に沈黙してしまうという根性無しだけに
岩隈投手相手に3点追いかける展開になった時点で
勝機が遠のいた面は否めません。

惜しむべくは5回の攻撃で1点返してなお1死1、3塁というチャンスで
4番栗原選手があろう事か併殺打に倒れた場面で、
もう1点返して1点差なら楽天にもプレッシャー掛けれただけに
外野フライ一つ打てない4番というのも物足りませんが、
どうも最近の栗原選手は器用さが災いしてか
当てに行く打撃が目に付く分、迫力不足が否めず、
もっと積極的に、強引に振り切ってほしい気がしてなりません。
4番が三振を恐れていても仕方ないと思うのですが・・・。

とはいえ、暑さの中で岩隈投手も疲れが出るだろうと
終盤の反撃の機を期待してしたところが、
7回から田中マー君にスイッチされてしまい、
勝機と見るや先手を打ってきた野村監督はさすがでした。


終わってみれば、勝負手のルイス様で負けてしまい、
交流戦終了時点での5割浮上が無くなったばかりか、
交流戦の勝ち越しも危うくなってしまいました。

ここ最近のパターンとして、
何度となく借金2の壁に跳ね返されている感がありますが、
明日は初戦と打って変わって、9勝2敗と絶好調の2戦目、
先発を託すのは・・・長谷川投手ですか・・・。

いい時と悪い時が交互に来ているここまでの傾向通りなら、
今日は期待しない方がいいのでしょうが、
勝つと負けるとでは雲泥の差の最終戦だけに、
たまには期待を裏切らずに有終の美を飾ってくれる事を願うのみです。



毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ FC2 Blog Ranking 広島ブログ
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

そろそろ「赤ヘル中毒」の禁断症状が心配・・・

結局、昨日も一日中降ったり止んだりの空模様で
早々と中止決定となってしまい、
今もしとしとと雨が降り続いているので、
この分だと明日もデーゲーム予定のため難しそうですね。

交流戦初の勝ち越しに5割浮上を賭けた重要な2連戦に
いいムードに水を注されたようで、入れ込み気味でしたが、
どうも一呼吸入れた方がいい
そう思える見出しが目に付きました。

ブラウン監督ノムさん挑発、連勝で5割へ-日刊スポーツ

正直、この手の挑発が大好きなマーティですが、
得てして返り討ちに遭う結果が多い印象だけに
「おいおい、止めとけよ」といった感じです。

それでなくても根に持ちそうなノムさんだけに
つまらん挑発して刺激与えるよりは
「組み易し」と思わせておいて勝たしてもらった方がいいのでは?
そんな気がしてなりませんね。


もっとも、案の定「あわや返り討ち」となりかねなかったところを
「救いの雨」で事なきを得た感もあるのは、
ルイスに恵みの雨 風邪ひき体調崩す-中国新聞

異次元の投球で打者を牛耳るルイス様も「人の子」といったとこか・・・
雨の日に屋外で練習している事自体驚きですが、
こうなると、もう一日ゆっくりと休養して体調整えてもらう事が優先。

こうやって考えると、カープにとっては「恵みの雨」になりそうで、
せっかくの「水入り」なので、この際「仕切り直し」といきたいものです。


あと、目に付いたのは、昨日の「星野ジャパン最終候補選出」で
カープから唯一選出された石原選手関連で、
6/22 中国新聞 石原

広島松田オーナーが石原を祝福-日刊スポーツ

早々に祝福って、いかにもオーナーらしいですが、
つくづく「単なる野球好きの素人なんだなぁ」といった感想。
先日は「2位を狙え」とスケベ根性丸出しの発言をしておきながら、
勝負どころの8月に24日間もチームを離れる事態を
何と心得ているのでしょう。

もっとも、オーナーの能天気さを支える心強い記事もあって、
走らせない 盗塁阻止率12球団トップ-中国新聞
6/22 中国新聞 盗塁阻止率

今季は「足を活かして自ら仕掛ける野球」という看板で、
仕掛ける方ばかりに気をとられていましたが、
対するディフェンス面でこれほどの数字を残しているとは
正直、驚きでした。

このあたりの数字も最終候補選出の決め手になったのでしょうが、
主戦を張る石原選手の不在は、不安ではあっても、
いよいよ「選手会長」倉選手にご登場願うこととして、
充分カバーできそうだし、むしろリード面では安心かも・・・。

この際、石原選手には五輪代表になってもらって、
代表選出投手の投球を受けたり、修羅場での経験を積む事で
より一層リード面や駆け引き等に磨きを掛けて帰ってもらい、
課題山積みの投手陣の実力以上の力を引き出せる
そんなレベルアップした姿に期待したい。

という訳で、今回のオーナー発言は「お咎めなし」って事で
個人的にも、石原選手には頑張って最終メンバーに残ってほしい
としっかり応援したいと思います。


さて、カープの試合だけが中止となった交流戦ですが、
優勝争いが非常に面白いことになってきました。

交流戦、4チームに優勝の可能性残る-日刊スポーツ

ソフトバンクは相変わらずここ一番での勝負弱さが出て、
巨人に最高の形での勝利を献上してしまいました。

これで勢いに乗らなきゃウソという感じですが、
ペナントレース再開直後に対戦する相手だけに
心中穏やかでありません、ソフトバンクの意地に期待です。

もう一方の日ハム-阪神も「さすが前年覇者」といった戦いぶりで、
阪神の勝ちパターンを封じ込めた日ハムの貫禄勝ち。
相変わらず肝心のところで仕事ができない元4番見る限り、
日ハムに分がありそうな気配ですが、
果たして地元甲子園で意地を見せられるかどうか・・・。

まぁ、FAの常連と資金力に余裕のある球団ばかりなので、
「優勝賞金5千万」程度ではモチベーション揚がらんでしょうから、
日ハム本命ってとこでしょうか。


そうそう、根っからの野球好きでして、
すっかり後回しになってしまいましたが、
今日は、サンフレもアウェーで対水戸戦に臨みました。

チームの大黒柱であるエース佐藤寿選手が不在とあって
「どうなることか」と注目していましたが、
驚きのFW不在・・・こういうのもありなんですね、
サッカー素人の自分としては、驚きでした。

一体どうやって点を取るのか?
全然得点イメージができませんでしたが、
案の定、前半戦は得点に至らず、
後半から途中出場したFW平繁選手の2得点で
何とか勝ち点3を上積みできたようですが、
負けたら尾を引きそうな試合だっただけに
エース不在となっての初戦に内容はともかく勝てた事は、
チームにとっても価値有る1勝となった事でしょう。

6/22 中国新聞 平繁
平繁2発 勝利呼ぶ-中国新聞

サンフレの勝利も何よりですが、
野球人間の自分としては「カープの試合が見たい!」と
そろそろ禁断症状が心配になってきました。

今日のソフトバンクVS巨人戦も相譲らずの好ゲームで
それなりに楽しめはしたものの、
やはり赤いユニフォームがグランドを走り回る姿が見たいです。
今日は・・・何とかなりそうかな?



毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ FC2 Blog Ranking 広島ブログ
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ 

The Best Will Comes at Last“激”の実現に向けて

いよいよ今日から待ちに待った対楽天2連戦を前に
交流戦の中休みも2日目。
昨日は一日中まとまった雨となった広島ですが、
心配された今日の天気も何とか午後から回復との予報で
この分なら試合できそうでホッとしています。

昨日は、北京五輪で最後の金メダルに挑む星野ジャパンの
最終候補39人が発表されましたが、
我がカープからは、栗原選手も漏れて石原捕手のみが選出。
6/20 サンスポ.com 星野&ミスター
星野ジャパン、最終候補39選手を発表-サンスポ.com
たった一人しか選出されなかった事に寂しさを感じる一方で、
代表に選出されれば、8月がほぼまるまる不在となるだけに、
目下1、2位の阪神、中日から最多6選手が選出されたのは、
星野監督がかつて在籍した事と無関係ではないでしょうが、
これでペナントレースの行方も俄然混沌としてきた分、
カープにもAクラスへの望みが出てきたのも事実と
何とも複雑な心境ではあります。

いずれにせよ8月でどこまで3強と差を詰めれるか?が焦点で、
そのためにも、これからの1ヶ月間の戦いが非常に重要となります。
8月頭まで何とか今の位置を維持できれば、
楽しみも増すのでしょうが、何とも頭の痛いのが先発投手陣。

ルイス様一人で孤軍奮闘する一方で、
ここまで健闘していた左のエース建さんも離脱してしまい
先発2番手からして「投げてみないと分からない」という
現在の成績自体が奇跡的とも思える危機的状況。

そのためか?昨日の各紙見出しには、
誤算の左腕トリオの名前が揃い踏みしていました。
大島、前回の登板を反省 先発へ攻めの投球を誓う-スポニチAnnex
コズロースキー先発で再生へ 近く2軍戦登板予定-スポニチ.Annex
広島青木高、安定感戻った先発もう1度!-日刊スポーツ.com

「左殺し」との触れ込みだった割にあっさりボロを出した
コズロースキー投手は残留賭けての先発転向になりそうだし、
3人の中で1番の誤算である青木高投手も2年目のジンクスか?
どうも「一発病」に苦しんでいます。

もっとも「べろ~ん」の愛称通り、タイミング外す事が生命線のはずが
キャンプで黒田投手参考に力感溢れるフォームへの修正などと
方向違いの改造に乗り出した事自体がケチの付き始めでしたか。

いずれにせよ、この3人のうち1人でも2人でも
独り立ちしてくれない事には「先発ローテそのものが組めない」
という非常事態が目に浮かぶだけに、
藁をも掴む思いで注目せざるを得ないですね。
この3人が独り立ちしてくれれば一転して「左腕王国」となるだけに
「白と出るか黒と出るか」何かオセロゲームのような心境です。

あと、篠田やら斉藤やら「左投げ」だけはやたら目に付くだけに
星野ジャパンも結構だけど、
OBとして何とかコーチ就任お願いできませんかね、大野さん。
大野コーチ、「投手11人で5人が先発」 ーサンスポ.com

仮にうれしい誤算でコズロースキー投手が先発転向果たすと、
一段と立場が苦しくなりそうなのが1軍復帰したシーボル選手。
6/21 中国新聞 シーボル
シーボル正念場 復帰後も打撃不振-中国新聞

スタメン復帰した日ハム戦でも快音が聞かれずじまいでしたが、
おまけに2軍調整している間にサードを守った小窪選手が
攻走守3拍子揃ったセンスを感じさせる活躍を見せて
すっかりスタメンに定着したばかりかファンの支持も得ているようで、
小窪グッズも好調 売り出し中の新人に注文殺到-スポニチAnnex
「不在」を感じさせる事無く、かえって打線のつながりが良くなった分、
頼みはマーティの信頼感だけという厳しい状況に追い込まれました。

自他共に認める「スロースターター」とのレッテルに対し、
そろそろ自らのバットで現状打破をしなければ、
このまま「過去の人」となりそうな気配だけに
マーティが辛抱している間、あるいは梵選手が復調してくるまでに
結果を出さねばならない・・・残されたチャンスは多くはありません。

最後に中国新聞に交流戦での観客動員が取り上げられてましたが、
6/21 中国新聞 交流戦観客動員
交流戦好調 客入り上昇 平均2500人増-中国新聞

市民球場のスタンド見てれば明らかですね。
当たり前の事ですが、交流戦で勝ち越しているように
結果が伴っている分、応援の熱の入れようが違うし、
昨年までが余りにも目を覆わんばかりの惨状でしたので・・・。

特に交流戦に入って、マーティの采配に変化が生じた事もあって
結構、得点力が上がってきてますし、
昨年の交流戦の勝利数を一人で稼いだルイス投手の活躍もあり、
日によって「いい悪い」の落差はあれど、日程にも助けられ、
結構いい形の野球ができるようになっている分、
球場へ足を運ぶお客様が増えてるのは間違いなさそう。

この調子を維持して「Aクラス争奪」レースに参加してる間は、
結構、観客動員も期待できるだけに、
こちらも「ペナントレース再開後の一ヶ月」が鍵を握りそうです。

市民球場最後の年を盛り上げるべく、
正に「The Best Will Comes at Last“激”」といきたいものです。 
球団HP「最後の晩餐」ポスター



毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

日増しに強まる「ルイス依存症」に対するジレンマ

交流戦も残すところ、ホームでの楽天戦を残すのみですが、
週末までお預けを食わされ、何と待ち遠しいことか・・・。

この調子だと交流戦終了後、ペナントレース再開までの
4日間のブランクが今から憂鬱になったりもしますが、
まぁ、このゆったりとした日程のおかげで、
鬼門とされた交流戦を何とか負け越す事無く乗り切れた訳で
「贅沢言える立場ではない」と自らに言い聞かせています。

2連戦となった事で、ただでさえ先発投手陣の駒不足のところへ
大竹、長谷川両投手が背信の投球を続け、建さんも離脱という
誤算続きにもかかわらず、何とか五分に渉り合えてる訳で
日程の恩恵を最も享受しているのはカープでしょう。

そんな中で、今日の中国新聞「カープ情報」は、
交流戦の立役者の大黒柱ルイス投手を取り上げていました。

6/19 中国新聞 ルイス
ルイス、交流戦最多タイの6勝狙う-中国新聞

交流戦登板5試合で5勝、37回を投げて失点9、防御率2・19。
先発で全て100球前後投げながら、中4日が2度、中5日は3度と
正に大車輪の活躍で、恐らく楽天3回戦で「6戦全勝」に挑むでしょう。

もはやエース黒田投手の穴を埋めるばかりか、
補って余りある存在感ですが、
一方で余りの「独り舞台」ぶりに不安すら覚えるようになりました。

ペナントレース再開後、蒸し暑い夏に向っていく中で、
果たして今の投球が続けられるのかどうか?
海の向こうでは、同じく中4日で登板していた黒田投手が
肩の違和感で「故障者リスト入り」したばかりですが、
果たしてルイス投手は1年乗り切れるのか?

万が一、彼が離脱した日には、
即、計算できる先発投手陣が皆無という情けない状況だけに
5割復帰だのAクラスだのと言っても、心底喜べない・・・
そんな心境が日を追うごとに強くなっています。

元々、長く在籍してくれるとは思っていませんので、
「メジャー凱旋が今オフか?来オフか?」の違い程度ですが、
この間、チームが為すべき事は山積しています。

中堅、若手先発陣の育成、整備に
10年連続Bクラスという屈辱で染み付いた負け犬根性の払拭等々
今季の戦いぶり如何でいくらか改善される可能性はあれど、
現時点では、まだまだ序の口に過ぎないだけに
何とか今年1年は頑張ってもらわねばと感じています。

特に先発投手陣については、誤算続きで、
若手の台頭もようやくマエケンが初勝利挙げてくれたとはいえ、
全然計算が立たない状況だけに、
ルイス健在の間に一人でも二人でも先発ローテ担う投手を
独り立ちしてくれる事を願うばかりです。

ルイス投手の投球から学ぶべき点は
「制球力」と「強い気持ち」後は「投げながら修正するクレバーさ」
といったところでしょうが、
いずれも他の投手にとっての課題なだけに
ある意味、小林コーチ以上に「生きた手本」として頼りになる、
是非、健在の間にしっかりと吸収してもらいたいものです。

特に「借金大王」と化した「開幕投手」の大竹投手あたりは、
ルイス投手の力で抑え込む投球内容ばかり真似ようとして、
力みかえって制球を乱し、単調になって打ち込まれる・・・
と「異次元の投球」ゆえ真似できないところばかりにこだわり、
肝心の制球力や強い気持ち、悪いなりに修正する対応力は
一向に進歩しないという勘違いも甚だしい限りだけに、
爪の垢でも煎じて中堅若手にもれなく飲ませたい気がします。

「究極の切り札」を持つが故の過剰なまでの依存体質・・・
早期に「ルイス依存症」からの脱却を目指さなければ、
その「禁断症状」から来る副作用でチームは崩壊してしまう、
そんな強い危機感を感じてしまいます。

ここまであわよくばAクラスに手が届く善戦ができているのも、
ルイス依存過多による「砂上の楼閣」のようなもので
解決の道は、大竹、長谷川、青木高等の再生に
篠田、前田建、斉藤といった若手の育成にかかっており、
球団も目先の勝利ばかりに気を取られることなく、
リスク管理にも最大限の注意を払って欲しいのだが、
オーナーもすっかりその気になってるAクラス挑戦の一方で、
日増しに増していくであろう「ルイス依存度」に対するジレンマ。

「今年さえ良ければ」と割り切れれば、どれだけ楽なことか・・・。



毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

☆日ハム最終戦「待望の孝行息子、前田健太参上!」

火の車の台所を「大黒柱」が一人で支えている一方で、
頼みの放蕩息子は、懲りもせずに同じ失敗を繰り返す、
そんなカープ投手陣にさっそうと現れた「孝行息子」
といったとこでしょうか?

6/18 球団HP 前建プロ初勝利

昨日の大竹投手が力で抑え込もうと直球とシュートを
ムキになって投げ込んで打ち込まれたのと対照的に、
今日のマエケンは、大きな落差の有るカーブを使って
緩急を上手く見せていました。

球速や球の力だけ見れば大竹投手の方が上でしょうが、
単調になれば、仮にも相手はプロの打者だけに
あっさりと打ち返されてしまう。

どうも大竹投手は、大黒柱ルイス投手を見て、
力で相手をねじ伏せる投球に感化されたようですが、
あれは異次元の投球のなせる業であって、
学んで欲しいのは、激しい闘争心やら
リズム感溢れる投球やら低目への制球なんですけどね・・・。

その点、マエケンは、20歳という若さにもかかわらず、
勢いでなく、上手さを感じさせる「味のある投球」に加え、
2回のピンチでも咄嗟にアウトコースに外すのでなく、
もっともバントしにくいインハイへ投げれる冷静さといい、
さすが「桑田2世」と称されただけの事はあります。

この際、可愛がってる後輩に「投球術のいろは」について、
教えを請うてみてはどうですか?大竹先輩。

6/18 中国新聞 マエケン
前田健、初勝利 7回までノーヒットノーラン-中国新聞

とはいえ、マエケンと大竹とでは「モノが違う」と感じたのは、
6回当りからギアをもう一段上げた投球を見せた事。

前回登板では、スタミナ切れと指摘されましたが、
あれはどうも「精神的なスタミナ切れ」だったようで、
終盤に向って三振を獲る投球に切り替えれるのは、
スタミナ無くしてできる芸当ではないでしょう。

終盤にきて、もう一段上げられるギアを持つ事は、
好投手の条件でもあり、
それに比べれば大竹投手あたりは、
原チャリをフルスロットルで吹かし上げている感じで、
余裕が全然感じられない印象です。

緩急を使って「抜くところは抜く」、
抑えにかかるところでは、気持ちを前面に出して打者に挑む

悩める「開幕投手」が後輩から学ぶ点は、多々有るようで・・・。

広島―日本ハム最終戦(2勝2敗、18時、広島、18527人)

日ハム000000001―1
広 島10001000X―2

▽勝 前田健4試合1勝
▽S 永川19試合2勝12S

▽敗 多田野7試合3勝1敗
▽本塁打 天谷4号(1)(多田野)スレッジ9号(1)(永川)

本来ならば、昨日見せた勢いで
早目にマエケンを援護したかった打線ですが、
苦手の軟投派ルーキー多田野投手を案の定攻めあぐみました。

もっとも初回の立ち上がりの東出-小窪の新1、2番は、
鮮やかな先制攻撃を見せてくれましたが、後続が・・・。

野手陣の主役は、4回の守備で魅せ、
5回には決勝点となる本塁打を放った天谷選手でしょうか?
このところ下降線を描いて心配していましたが、
まだまだ赤松選手に遅れを取るには至らない様子。
6/18 中国新聞 天谷

対照的に「過去の人」を印象付けた・・・は言い過ぎでしょうが、
1軍復帰して早々にスタメンに戻ったシーボル選手は、
復調ぶりを何一つ示す事ができませんでした。
また、辛抱の日々が続く事になりそうですね。


終わってみれば、昨日の勝てる試合を落として、
相性がいいとはいえ負けられない最終戦を制した事で、
交流戦の負け越しは無くなった訳で、
改めて今日の勝利は価値ある1勝でした。

交流戦では貯金2、通算でも借金2という成績で、
いよいよ最終カードの楽天戦を残すのみ。
ここまで来たら、交流戦勝ち越しと5割復帰という
カープにしては「両手に花」で交流戦終えたいものです。

最後に、前田健太投手、プロ初勝利おめでとう!
そして夢と希望をありがとう!
次回以降の登板でも「モノの違い」をしっかりと魅せてくれ!




毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

★日ハム3回戦 今更のオーナー発言も先発大竹も「恥を知れ!」

鬼門連破で交流戦3連勝と波に乗って帰広し、
地元で日ハム、楽天を迎え撃つ・・・はずだったのが、
まぁ、何とも無様な試合をしてくれたもんです。

せっかくの5割、そしてAクラス浮上も手が届きそうだったのに
全て台無しにしてしまった先発投手の罪は重いです。

広島―日本ハム3回戦(日本ハム2勝1敗、18時、広島、19860人)

日ハム021032000―8
広  島200100040―7

▽勝 ダルビッシュ14試合7勝3敗
▽S マイケル中村19試合2勝12S
▽敗 大竹13試合2勝9敗
▽本塁打 赤松5号(1)(ダルビッシュ)田中9号(1)(大竹)

もっとも、何をトチ狂ったのか?
中日、巨人のもたつきを真に受けて、スケベ根性丸出しで
今更ながらの大号令を掛けたお偉いさんには、
頭を冷やすいい薬になったのではないですかね。

CS開催権獲得へ!広島オーナー2位厳命-スポーツナビ

球団の黒字経営ばかりに執着して銭勘定にご執心の余り、
10年連続Bクラスという惨状を打開するために何ら動こうとせず、
あげくに「エースと4番に見切りをつけられる」に至ったという
これまでの選手やファンに対する仕打ちの数々を
よもや忘れたとは言わせない・・・。

これまでの自らの行いを振り返れば、
「今更、言えた義理か!」と憤りすら通り越し、
呆れて空いた口が塞がりません。

欲の皮が突っ張ってスケベ根性丸出しの挙句の放言には、
ホント、同じ広島人としても恥ずかしい限りですが、
投げてみないと調子が分からないという低レベルの投手を
ローテで回し続けなければならない限り、
Aクラスはおろか、勝率5割浮上も高望みに過ぎないという
現実を思い知らされたでしょう。

いくら「借金はいやじゃ」と言ったところで、
自ら種をまかない事には、育つものも育ってこない訳で、
今更、虫がいいにも程が有り、「恥を知れ!」と言いたいです。


「エースの中のエース」ダルビッシュ相手に
初回から先頭打者本塁打に相手エラーで2点を先制すれば、
普通は、勢いが加速しそうなものですが、
相変わらず「得点直後の失点は避ける」という投手の鉄則を
懲りもせずに2度までも冒してしまったばかりか
日頃打席に入る機会が少ないダルビッシュ自身に
同点タイムリーを許していては、救いようが無く、
リーグワーストの9敗目もやむなしでしょう。

それでなくても、ルイス投手の投球しながら修正できる
「クレバー」さを見るにつけ、
同じような失敗を繰り返す大竹投手の頭を疑いたくなります。

6/17 中国新聞 大竹KO
乗れぬ大竹9敗 八回の猛反撃及ばず-中国新聞

「恥を知れ!」と一喝するのもいい加減嫌になってきましたが、
どこまで「甘ちゃん」なんだか・・・。
単に「いい球を投げる」だけではプロ相手に通用しない訳で、
「失敗から学べない」頭の悪さに
「打たれだしたら止まらない」逆上せ上がる性格、
「調子のいい悪いに関係なく試合を壊さない」強い気持ち
どれを取っても成長が感じられないという救いの無さ。

先発ローテ担う以上、波に乗る乗れないのレベルで
一人で7つも黒星先行させている自覚も感じられないまま、
相変わらず投げてみないと分からないなんて、
高校生じゃあるまいし、先発ローテ担う資格無いでしょう。

いっそ3軍で滝修行でもこなした方がマシな気がします。

せっかく調子イマイチとはいえ、ダルビッシュから
先制し、勝ち越された直後にすぐに同点に追いついたばかりか
8回に安定感抜群の武田久投手をも炎上させた
打線の粘りが勝利に結びつかなかった事が
本当に悔やまれます。

ムードメーカー赤松選手が先頭打者本塁打含む猛打賞、
上位打線はいずれもマルチ安打を記録するなど、
投手さえしっかり投げていれば勝てた試合だけに、
安易に「惜敗」なんて甘い言葉で片付けて欲しくないですね。

嫌なムードで今日の先発をマエケンに託すのは、
「荷が重い」気がしないでもありませんが、
持って産まれた「運」を感じさせるだけに
今日こそ絶対に連敗は許されないという
強い気持ちで試合に臨んでほしいし、打線の早目の援護で
少しでもマエケンを楽に投げさせてやってほしいものです。

ああ、もったいない試合でした・・・。



毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

今、チームに必要なのは長打力でなく投手力のはず!

いよいよ今日から交流戦最後の難所に差し掛かるカープ。

残り4試合を3勝1敗なら待望の勝率5割となり、
あわよくば、もたつくGを凌いで3位浮上も望めるだけに
厳しい数字ながらも簡単に引き下がってもらっては困る。

交流戦優勝を狙う2強、日ハムと楽天との対戦は、
日程的にも余裕が有る分、エース級との対戦が見込まれ、
一方のカープは、大竹-マエケンで迎え撃つ構え。

6/17 中国新聞 若手投手陣
高橋の穴、若い力で埋める 初の交流戦勝ち越し狙う-中国新聞

前回登板で復調の兆しを見せてくれた大竹投手に
打ち込まれはしたものの、持って産まれた運なのか?
負け投手どころかチームが逆転勝利を収めたマエケンには、
否が応でも期待してしまうものの、
重要な初戦の鍵は、
前回土を着けたとはいえ、撃沈するに至らなかった
ダルビッシュを打線が捉えられるか?にかかっている。

ここへ来て、足を絡めての得点が目立ってきて、
指揮官自ら掲げる「機動力野球」の看板に恥じない攻撃で
一時のお家芸と化した目を覆うばかりの拙攻は影を潜めているが、
「打線は水物」と言われるだけに過信は禁物でしょう。
おまけにホームゆえにDH制も無い事から、
これまで以上に足を絡めて、とにかく得点圏に走者を進めて
1点ずつ積み重ねる地道な攻撃を余儀なくされそう。

そんな事を思っていたら中国新聞カープ情報に
こんな見出しが躍っていた。
新外国人獲得を検討 長打力不足解消へ-中国新聞

肩痛で2軍調整中のシーボル選手が1軍復帰へ向けて始動
と思った矢先だけに、何とも複雑な心境ではあります。

というより、
今のチームに必要なのは、本当に「長打力」なのだろうか?
とちょっと引っ掛かっています。

現状の布陣を見ると、サードに小窪選手が定着しつつありますが、
シーボル欠場の間、得点力が落ちた印象はありません。
むしろ、ルーキーながらしぶとい打撃で四球も多く、
サードの穴を埋めるのに充分過ぎる働きと評価しています。

現状の穴は、強いてあげれば、
「本命」梵選手が精彩を欠くショートでしょうが、
ここ数試合は木村選手がスタメン出場を果たし、
打つ方は目も当てられませんが、安定した守備と足で
チームに貢献できているように思います。

その他、守備面に課題は残すものの、
喜田剛に廣瀬、更には松山と見てみたいサード候補もいて、
おまけにシーボル選手自身、スロースターターという事で
復帰後、日本の投球に慣れて本来の打棒が復活する
可能性も無きにしも非ず。

おまけに来年のドラフトでは、
地元出身の早大の上本君に亜大の岩本君という
即戦力野手の1巡目指名が濃厚な事も考えたら、
今更長打力の見込める外国人打者を獲る必要性が有るのか?
と疑問に感じてしまいます。

むしろ来年以降の新球場対応考えれば、
後は梵選手の復調待ちとはいえ、
現行のしぶとい内野陣でも充分いけるんじゃないか?
とさえ思います。

一方で、これ以上無い負けっぷりで
どっぷりと最下位に沈み込んでいる横浜が
立て続けにトレードで投手を獲得していますが、
正直「やられた!」という気持ちで見ています。

シーズン当初の構想からすれば、
うれしい誤算はルイス様のみで後は社会人トリオを筆頭に
誤算続きの投手陣。
懸案だった左腕不足に輪を掛けるがごとく、
シーズン直前の斉藤に始まり、ルーキー篠田に
コズロースキーにとうとう建さんまで離脱という
正に非常事態とも取れる窮地と思えるのですが・・・。

日程に余裕の有る交流戦ゆえにルイス大車輪で
何とか勝ち越してはいるものの、
リーグ戦再開後の投手事情が厳しいのは明らかなのに
この場に及んで長打力の見込める外国人野手なんて・・・。

これから本気でAクラスに挑もうというのなら、
今のチームに必要なのは1にも2にも「投手」に尽きる
と思います。

先発陣も中継ぎ陣も計算できる戦力が限られる以上、
最悪、リーグ有数の選手層を誇る外野陣の一角を
出血放出しても投手陣の補強を求めたい気持ちです。

まぁ、今の時期に獲れる外国人投手に
多くを期待する事自体が間違いとも思いますけど・・・。

シュールストロム駐米スカウトに期待するのはただ一つ、
「第2のルイス発掘」のみ、ってありえないか。



毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

☆西武4回戦「鬼門連破で3連勝も6度目の赤紫丼ならず」

鬼門だった交流戦、中でも鬼門中の鬼門だったはずの
千葉マリンスタジアム、西武ドームの連戦にもかかわらず
パリーグ首位の西武をあっさりと2タテ食らわしての3連勝。

西武―広島最終戦(広島3勝1敗、13時、西武ドーム、28657人)

広 島101001010―4
西 武001100000―2

▽勝 ルイス15試合10勝4敗
▽S 永川18試合2勝11S

▽敗 帆足12試合6勝1敗
▽本塁打 G・G・佐藤17号(1)(ルイス)石原4号(1)(帆足)

こうもあっさりと連勝決められると「昨年までは何だったんだ?」と
戸惑いすら覚えますが、正に「自縛から解き放たれた」結果で
これぞマーティの待ち望んだ姿なのでしょう。

もっとも、今年の交流戦に関して言えば、
昨日の勝利を受けて、必勝を確約されながらも
期待通りの投球で、自身5連勝で早くも10勝目と
正に「異次元の安定感」を示すルイス様々でしょう。

それもきっちりと「中4日」で結果を出し続けてくれるのだから、
これでは、勝ち越せない方がおかしいでしょうね。
6/15 中国新聞 ルイス
ルイス最速10勝-中国新聞

その絶対的信頼感からか、
ルイス登板時は、打線も得点を重ねる傾向にありますが、
今日も序盤から得点を重ねたとはいえ、
2回1死2、3塁、4回、5回は共に1死1、3塁と
本来なら初回から5回まで毎回得点とすべきところを
スクイズ失敗やら連続三振と拙攻の連続で、
あわや流れを手離しそうになりました。

それでも、ルイス投手のオーラなのか?
今のカープには、少々のミスを取り返せるだけの勢いがあって、
5回裏の廣瀬選手の捕殺は、打球とランナーの足を考えれば
やや暴走気味に救われた感もありますが、
試合の流れを引き戻すには充分過ぎるプレーでした。

直後に飛び出した石原選手の勝ち越し本塁打は、
「二度と打てない」ような素晴らしい打球でしたが、
昨日の倉選手の活躍に刺激を受けていたのは間違いなく、
いい形での相乗効果が発揮されている印象です。

8回の木村選手も牽制に引っ掛かりながらも、
思い切り良く走った結果が2盗となって、
続く赤松選手のどん詰まりタイムリーで2死からの追加点と
西武には相当ダメージの残る攻撃となったでしょう。

木村選手は、スクイズ失敗含む3連続三振を喫するなど
打つ方では「スタメンのレベルに非ず」ですが、
安定した守備に加えてあの足を見せられると
梵選手が復調途上の分、しばらくスタメン任せてもいい、
そんな気にさせられます。

久々のスタメン起用だった緒方選手のみノーヒットなのは、
残念でしたが、それでも7回にはエラー出塁で即盗塁と
一応の見せ場は作ってくれましたし、
正にチーム全体の勢いが加速している手応えを感じました。

継投も8回横山-9回永川という「勝利の方程式」で完封でしたが、
特に一番嫌な思い出を抱えているはずの永川投手の
何時にもまして落差の大きなフォークでの連続三振で締めた姿に
「完全に苦手意識が吹っ切れた」事を確信しました。
6/15 中国新聞 永川
きっちりと3人で締めて区切りの100セーブ。
あくまでも通過点だとは思いますが、キャンプの頃の事が
思い出されて感慨深いものがありました。

交流戦最後の遠征を3勝1敗で乗り切って、
交流戦の貯金、通算での借金をそれぞれ2として地元に帰還、
いよいよ市民球場で日ハムー楽天の2強を迎え撃つ
最後の戦いを残すのみとなりました。

幸い、日程的にも余裕が有る分、
地元でじっくりと腰を据えた戦いが期待できそうなので、
更に連勝を伸ばして5割浮上目指してもらいたいものの、
残り4試合で3勝1敗は、数字的には厳しいながら
今の勢いならひょっとするかも・・・等と思いつつ、
今日の拙攻見る限り「勝って冑の緒を締めた」方が無難かと。

奇しくも今日のサンフレは、最後のロスタイムに失点し、
痛恨のドローに持ち込まれてしまい、
惜しくも今季6度目となる赤紫丼はお預け・・・。
6/15 中国新聞 同点ゴール
痛恨ドロー ロスタイムに失点-中国新聞
これまではサンフレ勝ってもカープがこけるケースが多かったので
今日のように先にカープが勝ってると「今日はいただき」と
ラジオ実況聴きながら、何となく「今日も勝てそう」という
漠然とした油断が有ったのは、自分だけでしょうか?

J2で圧倒的本命に押されているサンフレと
大方の予想で最下位争いとされるカープとでは、
連勝の受け止め方は違えど、
地元に戻っての「気の緩み」につながりやすいのは
同様かと思います。

鬼門を克服しての3連勝と勢いに乗ってはいても、
決して気を抜ける立場ではない事を再認識して、
格上に勢いをもって挑戦するという気概だけは
決して忘れないでほしいものです。



毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

西武3回戦「チームの危機に選手一丸となっての鬼門撃破」

昨日は長年の不摂生がたたって入院中の義父を
見舞いに行った先でのテレビ観戦となりました。

大のカープファンながら病に気力をも蝕まれているようで
テレビも付けていなかったのですが、
自分見たさでカードを購入し二人して観戦することに。

道中RCCラジオは聴いてましたが、テレビは、3回裏の守りからで、
丁度、4回表の「足を活かした機動力野球全快」での追加点に
義父も身を乗り出して「いい攻めをするのぉ」と納得顔で、
いい薬になったようでカープには感謝しきりです。

西武―広島3回戦(広島2勝1敗、14時2分、西武ドーム、30374人)

広 島012300002―8
西 武000000010―1

▽勝 長谷川9試合3勝5敗
▽敗 岸12試合6勝3敗
▽本塁打 片岡2号(1)(長谷川)

西武ドームに3万人とは、よくも集まったものですが、
恐らくは、7連勝中とカモにしているカープ相手だけに
確勝見込んでのことだったでしょうが、
どっこい、左中間スタンドから左側は、真っ赤に染まってましたね。

過去、7連敗でも特にサヨナラ負けの印象ばかりと
「鬼門中の鬼門」だったはずでしたが、
その余韻は、少なくとも試合開始時点では生きてましたね。

昨日も「初戦を勝って白星先行」してもらいたく
ルイス先発をお願いしましたが、
マーティが先発を託したのは、ローテ通り「建さん」でした。

が、試合前から首の違和感を訴えていたそうですが、
いきなり1死満塁のピンチを招いた挙句の降板・・・。
「やはり鬼門中の鬼門だったか」と思いきや
急遽登板した長谷川投手が満点解答となる2者連続三振で
この投球こそ鬼門を打破する鍵だったようです。

案の定、直後の2回表にマズイ攻めはあったものの
倉選手のタイムリーで先制し、
得意の「先行逃げ切り」へ持ち込めるか?と思いきや、
これまでのうっぷんを晴らすかの攻撃で快勝でした。

今日の主役はなんと言っても長谷川投手に尽きる訳で、
前回の5回8失点でのKOという不甲斐なさに
「もう先発長谷川は要らない・・・」とダメ出しした次第でしたが、
本人もインタビューで「不甲斐ない投球」と振り返ったように
前回の反省を活かして、フォークのワンバウンドが目立つなど
徹底して低目を意識していたようで、
西武の大振りにも助けられ面白いように奪三振を重ねて、
何より、いきなり建さんの作った絶体絶命の場面での登板に
「いい意味で開き直れた」気の持ち方が迷いを吹っ切れさせたようで
危なげない投球でした。
6/14 サンスポ.com 長谷川
広島・長谷川、一回からの緊急登板も動じず -サンスポ.com
まぁ、投げてみないと分からない面が今日はいい方に出た
という事で、次回はどうなるか?期待せずにおこうとは思いますが・・・。

今日の攻撃陣は、ブラウン監督が掲げる
「足を活かして自ら仕掛ける野球」の看板に偽りなし
といった攻めで、西武先発の岸投手を攻略しました。

中でもピンチを逃れた直後の2回に先制タイムリーを放った倉選手。
9回のダメ押しタイムリーもそうでしたが、
「いつからあんなに内角打ちが上手くなったのか?」と思わせる
思い切りの良いスイングでした。
今日の長谷川投手へのリードに再三のワンバウンドの処理と
遅れを取る正捕手争いにアピールするには充分過ぎる活躍。
これぞカープの誇る捕手の2枚看板の面目躍如でした。

千葉ロッテ3回戦での敗戦打者に発奮したのか、
ここ最近のマーティの先発起用に応えるべく、
必死さが伝わってくる嶋選手も3安打2打点と5番の仕事ぶり。

前田智選手の調子がイマイチなだけに
4番栗原選手の後に控える5番が好調なのも
打線が機能する大きな要因となっています。

4回に見せた「足を絡めてのしぶとい攻め」も
これぞ!カープの目指す野球といった感じで、
「相手投手を揺さぶる」効果を実証してくれたようで、
その中にあって4安打の固め打ちを見せてくれた
東出選手は、現時点では日本一の二塁手の域に達してます。

後は相方のショート梵選手さえ復調してくれれば、
いよいよ日本一の「荒木-井端」コンビに肩を並べる事も
視野に入ってきました。

いい事ずくめの中に有って、
唯一の懸念は、急遽降板した建さんの具合で
ただでさえ不安を抱える先発陣、それも左腕だけに
長引かない事を祈るばかりですが、
昨日も書いた通り、多くを望めないと感じていた点が
現実になったという事かもしれません。
この危機をチャンスと捉えて大島、篠田あたりに
左腕先発を取って代わって欲しいと感じます。

「鬼門中の鬼門」、しかも分が悪かった初戦を
こうもすっきりと快勝してしまうと
改めてこれまでのチームが「苦手意識に自縛」されて、
「自分達で自分の首を絞めていた」に過ぎなかった
という事になるんでしょうね。

これで交流戦10勝目で白星先行、借金も3として
今日はいよいよルイス様の降臨とくれば、
前回の西武戦でも二ケタ奪三振奪っているだけに
すんなり3連勝で借金2といきたい所ですが、
「果たしてこうも思惑通りに進んでいいものだろうか・・・」などと
勢いに乗れないのは、誰あろう自分自身だったりしますが、
こんな戸惑いを吹き飛ばすような快勝を期待しています。



毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

「負の遺産」の清算と「鬼門と化した初戦」を制するために

交流戦も残すところ3カード6試合となりましたが、
ここまで18試合を戦って9勝9敗の5割という成績は、
昨年までの惨状踏まえれば健闘の部類に入るのでしょうが、
ここからは西武-日ハム-楽天とパ3強との対戦続き。

交流戦は5割といっても、トータルでは借金4のままで
相変わらず危険水位目前には変わりが無いため、
強敵相手に最悪でも5分で渡り合わないと借金が増えるという
何とも厳しい条件になってしまいました。

救いは、明日からの西武ドームが最後の遠征で
残る日ハム-楽天とは地元市民球場に迎え撃つ事ですが、
気休め程度に過ぎません。

どうしても負け越したくない以上、
昨日も書いたように2勝しかできていない連戦初戦を
何とか勝ちにいって白星先行で進めたいところではあります。

単なる巡り会わせなのか?
ルイス投手の登板が2戦目が多いためなのか?解りませんが、
とにかく初戦を取れば連勝の目も出てくるだけに
明日の初戦が非常に重要になってきます。

そこで、マーティにお願いしたいのは、
ローテでは、建さん-ルイスという順になりますが、
あえて明日「中4日」でルイス投手先発で先勝狙って欲しいです。

建さんがここ2戦尋常でない壊れ方を見せており、
恐らくは下半身に疲れが溜まって切れが悪くなってるのが
原因と思われ、元々暑くなってくると調子落とす傾向もあり、
もう5月までの神がかり的な投球は期待できない気がしており、
それでなくても中島、GG佐藤、中村と右のパワーヒッターが並ぶ
西武打線相手では少々荷が重いように感じるので、
2戦目に向けて弾みをつける意味でも、
是非鬼門となりつつある初戦をルイス投手に託して欲しいです。

千葉マリンと同じく7連敗中と鬼門中の鬼門である
西武ドームでの対戦というだけでも気が重いのに
西武のローテは、恐らく苦手の左2枚で来そうな気配だけに
苦戦は否めませんので、せめて白星先行させる事で
気持ち的に優位に立てないか?と思う次第です。

交流戦終了までに借金完済してリーグ戦に臨もうとすれば、
明日からの6試合で3勝1敗ペースで乗り切る事が求められますが、
いずれも交流戦優勝を狙うチームとの対戦である点を考えると、
かなり高いハードルになるのは間違いありません。

交流戦明けて再開されるリーグ戦の初戦は、
市民球場に目の上のたんこぶであるGを迎え撃つだけに
何とか一つでも借金減らして「3位攻防戦」に持ち込みたい、
そのためにも、まずは目先の初戦に勝利するために
打てる手は全て打ってもらった上で、
千葉マリンに続いて「負の遺産」を来年に持ち越す事無く清算する
という意味でも、今日はルイス投手に託してもらいたいですね。



毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

☆千葉ロッテ最終戦「千葉の負の遺産」を清算する逆転勝ち

昨日の不甲斐ない敗戦について進歩の無い打線を
散々けなしましたが、選手の皆さんもさすがに応えたようで、
初回にいきなり3点のビハインドを追いかける展開となっても
今日は打線がじわじわと反撃に転じたばかりか
同点直後に梵選手のエラーから勝ち越されたにもかかわらず、
再度逆転した粘りには正直、驚きました。

もっとも前回の逆転勝ちも千葉ロッテ相手でしたし、
改めてリリーフ陣の大量離脱の穴が埋めきれずに
最下位に低迷している千葉ロッテの低調ぶりにも
救われた面は否めませんが・・・。
まずは昨日から一転して「結果」を出しただけでも評価に値するし、
「勝利への執念」を感じさせてくれた事で「良し」としますか。

ロッテ―広島最終戦(広島3勝1敗、18時16分、千葉、23625人)

広 島001110311―8
ロッテ300002000―5

▽勝 横山22試合2勝3S
▽S 永川17試合2勝10S

▽敗 川崎26試合3敗1S
▽本塁打 嶋2号(2)(川崎)赤松4号(1)(川崎)
中でも昨日少ないチャンスで2打席とも凡打に倒れて
「敗戦打者」となった嶋選手の代打逆転2ランは、
「気持ちで打った」ものと信じたい感動の一振りでした。
6/12 サンスポ.com 嶋
広島・嶋が会心の逆転2ラン「常に精進」 -サンスポ.com

千葉ロッテの先発は、
昨年のドラフトで指名権獲得できなかった唐川投手。

「カープが獲得できていたらやはり1軍で登板していたかなぁ」
などと感傷に浸る間もなく、
こちらも期待のマエケンが初回から捕まって3失点。

鬼門の千葉マリン、それも昨日の今日だけに
「9連敗で来年に持ち越しか・・・」と早々に
終戦モードに入りかけていたのですが、
唐川投手も疲れが出てきてるんでしょうね、
今日は勢いも粘りも感じられませんでした。

ゴールデンルーキーとはいえ、まだまだ未完成な部分が多く、
特にランナー背負ってからの投球は明らかに未熟で、
得点には至りませんでしたが、
初回のアレックスがいきなり初球から2盗を決めた時点で
揺さぶれば攻略できる手応えは感じられました。

一方のマエケンが非凡さを発揮したのは、
初回こそ高目に浮いた所をいきなり連打されましたが、
2回以降は安打を許しつつも徐々にリズムを整えていくあたり、
精神的に結構タフで実戦的な投手との印象を受けました。
更に5回5失点にもかかわらず負けが付かなかったばかりか、
結果はチームの逆転勝ちとなっただけに
もって産まれた「運」も持ち合わせているのでしょう。

両投手ともスタミナに課題を残す痛み分けの内容でしたが、
素材の良さは間違いなく、これから伸びるであろう可能性が
ひしひしと感じられました。
6/12 中国新聞 マエケン

先発唐川投手以下、ロッテ投手陣の低調ぶりに
助けられた感は否めませんが、
今日は「負けられない」という気持ちのこもったプレーが随所に見られ、
中でも初回出塁して初球に盗塁を決めたアレックス選手、
追撃のタイムリーに盗塁まで決めた石原選手、
連続タイムリーを左右に打ち分けた栗原選手、
勝ち越された直後に、
当りはともかく追撃のタイムリー放った前田智選手、
仕上げは昨日の汚名返上とばかりに逆転2ラン放った嶋選手と
それこそ競い合うようにいい仕事をしてくれました。

赤松選手のホームランなんて
これ以上無いくらい上手くすくい上げた一振りでしたし、
8回のアレックス選手の激走ぶりといい、
最後は勢いで完全に過去の「負の遺産」を一掃したようでした。

投手陣も踏ん張れなかった梅津投手はともかく、
「何が起こるかわからない」嫌な思い出ばかりが頭を過ぎる
千葉マリンでしたが、横山-シュルツ-永川の「勝利の方程式」が
最後まで危なげなくしっかりと締めてくれましたし、
過去のしがらみを吹っ切ったという意味で、
嶋選手の代打逆転2ランは、本当に価値有る一振りでした。

6/12 中国新聞 嶋&栗原
代打嶋、逆転2ラン-中国新聞

これで「負の遺産」を来年に持ち越す事無く断ち切りましたが、
続く西武ドームでも7連敗中と次なる「負の遺産」が待ち構えます。

今年の交流戦成績も再び5分に戻しましたが、
今年は大きな連敗も喫しないものの、初戦が取れないばかりに
なかなか貯金までは手が回りません。

ちなみにここまでの9カードで
初戦は2勝7敗、2戦目は7勝2敗と両極端な成績なだけに
今日の勢いを何とか西武ドームに持ち込んでもらい、
2戦目は待ちに待ったルイス降臨なだけに、
万難を排して初戦必勝モードで臨んでもらいたいです。



毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

★千葉ロッテ3回戦「プロとしてのプライドは何処へ・・・」

過去の敗戦から何かを学ぶ事無く、進化の跡が見受けられないのは、
本当に「情けない」の一言に尽きますし、
ファンの自分ですら「恥ずかしい」と感じる8連敗だけに
「恥を知れ!」と一喝したい気分なんですが、
今日ばかりは愛想が尽きそうでやりきれませんね。

広島・大竹、援護射撃なく117球完投負け-サンスポ.com

>ブラウン監督だけは表情が明るかった。
>「負けたけど、きょうに限っては私はうれしいんだ。
>大竹が今年一番の投球をしてくれたからね」。


例え「今年一番の投球」だったとしても、
チームにとっても大竹投手にとっても必要なのは、
「内容」よりも「結果」でしょう。

今年一番の投球を見せた大竹投手とはいえ、
結果はリーグワーストの8敗目を喫し、
チームも千葉マリンスタジアムで屈辱の8連敗、
この事態に明るい表情ができる神経が理解できません。

ようやく復調の気配を感じさせた大竹投手を
援護できなかった打線の不甲斐なさといい、
足掛け4年にも亘って8連敗を喫するなんて
同じプロとして屈辱以外の何物でもない敗戦に、
顔を真っ赤にして悔しがるのがブラウン流ではなかったか?
ここで悔しがらずに何が「激!だ」と呆れて開いた口が塞がりません。

もっとも例の如く掲げていたはずの機動力野球ばかりか
切り札の代打陣をも封印し、
一向にタイミングの合いそうにない打者を
何の策を弄する事無く打席に送り続けた無策ぶりからは、
「何としても大竹投手に勝たせてやろう」という意気込みすら
感じられなかった訳で、
迷采配の目立つ一方で負けん気だけが取り柄のマーティの
闘争心が薄らいでいるとすれば、もはや先は見えたようなもの。

負け犬根性叩き直すための調教師が
選手同様に傷口を舐め合うようになったらお終いです。

6/11 サンスポ.com ベンチ
まぁ、ベンチがこんなお通夜モードでは士気も揚がらんか・・・。


ロッテ―広島3回戦(広島2勝1敗、18時15分、千葉、24771人)

広 島000000000―0
ロッテ00001000×―1

▽勝 渡辺俊11試合5勝3敗
▽敗 大竹12試合2勝8敗


本当に今日の大竹投手は、初回の立ち上がりも粘ったし、
開幕以来の出来だっただけに勝たせたかったです。

6/11 サンスポ.com 大竹

この投球が次回もできるのならここまで悔やむ事もないのですが、
ここまで散々期待を裏切り続けてきただけに
1回好投した程度では、失った信頼感を取り戻せるはずもなく、
これにめげずに辛抱強く次回以降の登板へつなげてほしいです。

「エース」ルイス投手以外の先発陣がことごとく打ち込まれ、
投壊の瀬戸際にある中で、ようやく先発が責任を果たした以上、
絶対に勝ちに行かなければならない試合でした。

「強いチームがたまたま取りこぼした」のとは訳が違って、
こういう勝てる試合で勝ちを拾えないところに
何時までたっても借金生活から抜け出せない甘さを露呈し、
こういう負け方の後は、かなりの確率で連敗喫する事になるでしょう。

野手陣も「守備」でこそ大竹投手を守り立ててはいましたが、
「緩急にしてやられた」などと言い訳するのは、
狙い球を絞る、逆方向に打つ、対応できない選手の交代を行う等
打てる手を全て打ってからにしてもらいたいですね、打撃コーチ殿・・・。

打てる手の限りを尽くしての敗戦なら「善戦虚しく」と美化できても、
同じような敗戦をただ重ねるのは「恥」以外の何物でもありません。

「同じチームに同じように負け続ける」という醜態を晒し続けても
「恥」と感じないのであれば、もはや「プロ」とは言えないでしょう。

不名誉な連敗記録を来年に持ち越す事のないように
プロのプライドにかけて最終戦こそ「死に物狂いで勝ちに行く」、
それ位の覚悟と気概を見せてみろ!と言いたい。


一方の紫=サンフレは、今日も勝って6連勝と
首位独走態勢を築こうとしていますが、
「1年でJ1復帰」という至上命題に対し、
J2降格の屈辱をバネにして結果を出しているだけに
カープの不甲斐なさが余計目に付いてしまいます。

6/11 中国新聞 サンフレ
難敵・甲府破る 6連勝で2位との勝ち点差7に-中国新聞

J1とJ2とでは、相手との力関係が違ってくるので、
一概に1軍同士で戦うカープとは比較できないかも知れませんが、
技術も然ることながら、ここ一番で求められるものは、
やはり「目標に対しどれだけ真摯に向き合うか」という気持ち
のような気がしてなりません。



毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

「鬼門中の鬼門」関東遠征にあたって

とうとう交流戦でも借金生活に足を踏み入れたところを
目を見張るばかりのルイス効果で何とか5割に戻したものの、
ルイスの後にも先にも計算の立たない先発投手陣だけに
今日から東上しての千葉ロッテ、埼玉西武との連戦は、
修羅場と化すのが目に浮かぶようですね。

何しろ千葉マリン、西武ドームでは連戦連敗の繰り返しで、
何と共に7連敗中と鬼門中の鬼門にもかかわらず、
肝心の先発投手が大竹投手までは読めても、
後に続くとなると土曜日のルイス再来までの2戦は、
見当もつかないという闇の中。

そんな中で今日、マルテ投手の登録抹消に伴い、
誰が上がってくるのか?と思いきや、
待望の前田健投手が千葉ロッテ戦に先発するようです。
前田健が再昇格 12日のロッテ戦に先発-中国新聞

1カード2連戦と比較的余裕の有る日程にもかかわらず、
先発投手の頭数すら足りないという危機的状況では、
正直、リーグ戦に戻ったと同時に投手陣が崩壊するのも
時間の問題という絶望的な見方が妥当でしょう。

2軍でくすぶる投手陣に残された時間はわずかですが、
誰でもいいからルイス投手に続く選手の台頭なくして
Aクラスはおろか片手で踏ん張ってる借金すら維持できずに
奈落の底へ沈みかねないだけにマエケンには、
酷ですが期待せずにはおれませんね。

幸い今季のカープは先発陣さえ仕事をしてくれれば、
「先行逃げ切り」という勝ちパターンを確立しているだけに
野手陣が先制点をあげて先発陣が責任を果たしてくれれば
底々の戦いができるだけに、
先発陣と打線の踏ん張りに活路を見出したいところ。

その打線も2番東出選手が.350を超える高打率を維持し、
4番栗原選手も本来の姿に近づきつつある状態に加え、
5番嶋選手の復調気配、
小窪選手もさすがの仕事人ぶりを如何なく発揮するなど
そう悪い材料ばかりではないだけに、
今こそ「足を活かして自ら仕掛ける野球」が求められます。

現在、中継ぎ陣の流失に伴い、なかなか波に乗れないまま
下位に低迷する千葉ロッテが相手とはいえ、
本拠地では熱狂的ファンの熱い声援を背に
実力以上の力を発揮する可能性が大なので、
くれぐれも油断する事無いようネジを巻き直して臨んでほしいです。

週末には、胸を張って広島に帰ってこれるように
投打の踏ん張りに期待です。


毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

☆ソフトバンク最終戦「梅雨の合間、5日に一度のルイス晴れ」

一体どうなってるんでしょうかね?

ここまで3連敗、それも3試合で30失点と投壊の一方で、
打線は9得点というボロ負け続きだったカープ。

対戦相手のソフトバンクには特にカモにされ続け、
交流戦5連敗中、それも地元市民球場で4連敗中と
全く歯が立たなかったはずなのに、
今日は6-1で快勝です。

広島―ソフトバンク最終戦(ソフトバンク3勝1敗、18時、広島、18200人)

ソフト000001000―1 
広 島20100003X―6 

▽勝 ルイス14試合9勝4敗
▽S 永川16試合2勝9S

▽敗 和田10試合6勝2敗
▽本塁打 栗原7号(1)(和田)

先発投手がルイス投手というだけで、
こうもチームが生き返るなんて本当に驚きです。

最悪の流れの中で必勝を求められ、結果を出すあたり
異次元の存在としか言いようがありませんが、
実際、自分がこの目で見てきた数多くの投手の中でも
これほど凄味を感じさせる投手にはお目にかかった事がありません。
6/9 サンスポ.com ルイス2
広島・ルイス、堂々のリーグトップ9勝目!-サンスポ.com

その信頼感かあるいは闘争心かもしれませんが、
自らマウンドに立つ事で野手陣をも奮い立たせる事ができる、
これぞ「エースの中のエース」と呼ぶにふさわしいでしょう。

黒田投手の去った広島カープに「新エース」コルビー・ルイス降臨
といったところでしょうか。
改めて「よくぞカープへお越し下さいました」と最敬礼します。
6/9 サンスポ.com ルイス


いつもは阪神一辺倒のサンスポ.comですが、
今日に限ってカープ関係の写真の多い事。
本家阪神がぶっちぎりの首位を独走している上に、
原動力となってる3、4番の経緯もあってのサービスでしょうか?
拙ブログに彩を添えていただいてるようで感謝しきりですm(__)m

とはいえ、ルイス投手も完璧だった訳ではなく、
例の如く立ち上がりは、いきなり先頭打者にヒットを許したものの
続く川崎選手のバントゲッツーで事なきを得ましたが、
これもルイス投手ゆえに仕掛けを焦った結果だとすれば、
意識させた分、ルイス投手の勝ちという事なんでしょう。

そして、今日に限っては打線が初回から粘った訳ですが、
これもルイス効果なんでしょうかね?

1死1、2塁から栗原三振の際のダブルスチールは、
エンドランだったのでしょうが、ギャンブルが成功して、
結果は2死ながら2、3塁となってバッターは5番嶋選手。
6/9 サンスポ.com 嶋
これがまた「一体どうしたんだ?」という位、
ファールで粘った末の12球目を執念の先制タイムリーですから、
「普段から執念見せろ!」と言いたくなる訳で、
これぞルイス効果の最たるものかと感じました。

2点を先制した後の3回には、
4番栗原選手の「久々に市民球場で見る」豪快なソロアーチが出て、
4、5番が揃って打点を挙げるいい形での追加点。
6/9 サンスポ.com 栗原
広島・栗原、「完ぺき」7号ソロ -サンスポ.com

結局、ルイス投手は代打を送られた関係で96球でお役御免。
7回を6安打4奪三振1死球で1失点ときっちりと仕事を果たし、
ハーラートップの9勝目をリリーフに託しての降板となり、
シュルツ投手こそもたついてランナー1、2塁としましたが、
ここで早々と守護神永川投手を投入するや、
4番小久保選手を注文どおりの併殺打に打ち取って後続を断ち、
6/9 中国新聞 永川
頼れる永川9S 好結果続き自信にじむ-中国新聞

その裏には、青学の後輩小窪選手がダメ押しの2点タイムリーと
6/9 サンスポ.com 小窪
広島のルーキー小窪がダメ押し打!-サンスポ.com
終わってみれば、最初から最後まで
やる事なすこと上手くいきっ放しで快勝でした。
6/9 サンスポ.com ハイタッチ

今日のカープは、見違えるようないい試合ができましたが、
惜しむべくはルイス投手の先発時限定となりつつある点。
本当にこうも極端な因果関係見せ付けられると、
「投打の信頼関係」について本気で考えさせられますね。

と同時に、ルイス以外の投手陣にとっては、
大きなヒントとなりそうです。

打線の援護欲しかったら自らがしっかりと先発の仕事果たす事で
野手陣の信頼感を勝ち取る事が勝利への近道である。

こうやって考えると、カープ投手陣の場合、
相手関係以前に成すべき事が多いようです。

特に野手のエラーに足を引っ張られては顔に出す大竹君には、
ルイスイズムをしっかりと学んで、次回登板に活かしてほしい。

兎にも角にも、願いどおりに
連敗ストップして交流戦5割復帰したものの
ルイス投手に続いてくれなければ、また土砂降りに遭いそうで、
いくら梅雨時とはいえ、5日に一度しか晴れないなんて
何とも冴えない事態だけは避けて欲しいものです。

毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

★ソフトバンク3回戦「もう先発長谷川は要らない・・・」

オリックス相手に連日の二ケタ失点の惨敗続きのカープ、
片や首位阪神にサヨナラ負けで3連敗のソフトバンク。

落ち目同士の対戦とはいえ、過去の対戦は、
目下4連敗中、それも市民球場で3連敗という天敵。
それでも負ければ交流戦でも借金生活に沈むという正念場、
少しは投打に気迫が感じられる事に期待をしたものの、
今日も先発投手がぶち壊してくれました。

今日のポイントは5回の長谷川続投に尽きるでしょう。

勝ち越されると逆転する気力に乏しく、
先制逃げ切りが唯一の勝ちパターンと化している現状では、
2回に3点先制許した時点で「また今日もダメか・・・」との思い。

この思考回路がチームから反発心やら気迫を奪っている事は、
解っているつもりでもハマってしまった事に反省しきりですが、
どうやら野手陣は今日の試合の重要性が解ってたようで、
4回には出会い頭とはいえ、石原選手の同点2ランで
一旦は振り出しに戻す事ができました。

ここで王監督は早々と新垣投手を見切って三瀬投手へ継投した
だけに5回の長谷川続投が余計目立ってしまうのですが・・・。

「得点直後の失点」は絶対に防がねばならないなんて、
野球をかじってる人なら老若男女問わず解りきってる事
で、
それも同点にしてもらった直後だけに
いきなり先頭打者に四球与えた時点で見切るべきでしょう。

長谷川投手とて解ってるはずなんです、仮にもプロですから。
でも、単に解ってるけど実践できない程度の意識ならば
懲罰として断固交代させるべきだったでしょう。

リリーフ陣が捕まったのならまだ諦めもつきますが、
続投させた挙句に走者一掃されるまで引っ張ったのは、
ブラウン采配の罪でしょう。
もっともマーティは言い訳と八つ当たりをしているようですが。

高卒1年目じゃない…長谷川責める指揮官-スポニチAnnex

お言葉ですが、指揮官殿。

「投手として絶対にしてはならない事」すら実践できない者に
「チーム事情を理解しろ」という方が酷ではありませんか?


「先発陣の柱としての期待」を力に変えられないばかりか、
その自覚すら窺えない余りにお粗末過ぎる投球内容。

いくら先発が足りないとはいえ、通用しないものはしない。
「できるはず」とか「やってもらわなければ困る」という思い込みは、
そろそろ捨ててもいいのでは?
もう充分過ぎるほどチャンスは与えたように思いますが・・・。

13年目にして技術も気力も備わっていない者を使う位なら
打たれても何かを学ぶであろう篠田、マエケン等を固定した方が
来年以降の一途の望みにつながると思います。
6/8 中国新聞 長谷川
長谷川8失点 ソフトバンクに敗れ3連敗-中国新聞

広島―ソフトバンク3回戦(0勝3敗、15時、広島、26461人)

ソフトバンク030050000―8
広     島001200001―4

▽勝 三瀬14試合1勝0敗
▽敗 長谷川8試合2勝5敗
▽本塁打 小久保13号(1)(長谷川)松田6号(3)(長谷川)
       石原3号(2)(新垣)

市民球場で26461人といえば、
優勝争いしていてもお目にかかれない超満員・・・
にもかかわらず、こんな試合しか見せられないなんて、
今季最多の観客の目前で曝け出した醜態だけに
火のついた相手打線にガソリンをぶっ掛けるばかりか
超満員のスタンドに冷水をぶっ掛けてるようなもの。

このままでは、広島の鎮火も時間の問題でしょうが、
幸い明日は最強の点火剤の投入が見込めます。

ルイス投手の燃え盛る闘争心で、
今一度湿りきったチームが発火すれば連敗ストップで、
一先ず交流戦5割復帰と一息つけますが、
ここで不発に終わるようだと完全に鎮火してしまうだけに
いよいよ後の無い崖っぷちとの覚悟をもって、
一矢報いるべくソフトバンクに挑んでほしいです。

奇しくもスカウトとしてカープ黄金期の礎を築かれた
木庭教氏の訃報が伝えられただけに、
ご冥福をお祈りすると共に
何としてもこの弔い合戦、落とす訳にはいきませんぞ!
スカウト中のスカウト 木庭教氏が死去-スポニチAnnex

毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

★オリックス4回戦「連日の左腕葬送曲で貯金吐き出し正念場」

交流戦折り返しへの淡い期待を打ち砕いた「左腕葬送曲」、
その締めくくりが地元広島市民球場で22449人の見守る中、
厳かに奏でられ幕を閉じた。

「どうやって勝てばいいのか解らない。打撃コーチに聞いて下さい」
チームに喝を入れる勇気ある発言からわずか1ヶ月。
この間、防御率でリーグトップに立った事や
鬼門とされる中、今年も連敗で始まった交流戦の
チーム初勝利をもたらしてくれた事もありましたが・・・。

余りにも急に色褪せつつある「左のエース」は、
単なる一過性の過去形で終わってしまうのでしょうか?

6/7 中国新聞 建さん
7失点 高橋沈む-中国新聞

毎年、暑さと反比例して精彩を欠いていく建さんですが、
今年に限っては「卓越した投球術」を手に入れたと確信するに
充分過ぎる投球内容だっただけにショックも大きいです。

本来、「いてまえ打線」のDNAを引き継ぐ上に
カブレラ、濱中といった長打力の有る打者が加わって
「火がついたら止まらない」オリックス打線だけに
昨日、あれだけ火にガソリンを注いでしまったら
今日の延焼もやむなしといった気もしないではありませんが、
球の切れが悪くなってきているのが原因とはいえ、
試合途中で修正できないまま、かわし切れない姿に
一旦、失った輝きを取り戻すのは少々難しい気がします。
今後も過度の期待は禁物ではないでしょうか?

建さんをしても延焼食い止められなかった以上、
1軍登録されたばかりの上野、マルテ両投手には、
火消しは少々荷が重過ぎたでしょう。

終わってみれば、新生オリックスに華を持たせる
連日の二ケタ失点での惨敗。

広島―オリックス最終戦(2勝2敗、15時1分、広島、22449人)

オリックス022310300―11
広   島011000001―3

▽勝 中山5試合2勝2敗
▽敗 高橋10試合6勝4敗
▽本塁打 ローズ15号(1)(高橋)16号(1)(上野)浜中6号(1)(高橋)
       カブレラ10号(2)(高橋)小窪1号(1)(中山)

打線も以前の拙攻だらけの姿に戻りつつあり、
東出選手独りが地に足の着いた戦いぶりをしている以外、
無策だったり暴走したりとギアの壊れたようなポンコツぶり。

唯一の明るい話題はルーキー小窪選手のプロ初本塁打。

6/7 中国新聞 小窪

交流戦での貯金もとうとう吐き出して、振り出しに戻ったものの、
前半戦の総括する中で、
「先制点は取れても、逆転する馬力は無い」打線を踏まえて、
「先発陣の出来が勝敗に直結する」のが現状のカープだけに、
投打同時にガタが来ている以上、浮上の目が見えないのが
何とも不安に感じられます。

後半戦はあと10試合も残っているだけに、
この二ケタ失点での連敗が昨年までの苦手意識を呼び起こし、
このままズルズルと沈む事だけは避けたいですが、
改めて「ルイス投手以外の先発陣の奮起」を促したいです。

まずは今日からのソフトバンク戦3回戦、
二ケタ失点での惨敗という悪い流れを断ち切る、
交流戦での借金生活やカード負け越しを避ける等
あらゆる意味で「必勝モード」が求められます。

今日だけは、何としても勝って踏み留まってほしいと
切に願うばかりです。

毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

★オリックス3回戦 淡い期待を打ち砕かれた「左腕葬送曲」

昨日まで感じられた期待感は、まるでシャボン玉のように
呆気なく壊れて消えてしまった・・・。

6/7 暗転

一方で、昨日感じた不安がことごとく露見してしまい、
まるで金メッキが剥がれて地金をさらけ出すような醜態を晒す。

絵に描いたように「ぬか喜び」に終わらせてくれた選手、
特に篠田投手には2軍で「ぬか漬け」にしてやりたい気分です。

広島―オリックス3回戦(広島2勝1敗、18時1分、尾道、8336人)

オリックス300102060―12
広   島001010000―2

▽勝 オルティズ6試合2勝3敗
▽敗 篠田6試合1勝1敗
▽本塁打 ローズ14号(2)(青木高)

どう見ても、ダルビッシュ攻略して前半戦を7勝5敗として、
交流戦首位と1ゲーム差で地元に凱旋し、
対戦相手は前回2タテを食わせたオリックスという事で、
マスコミの「交流戦優勝圏内」とのおだてに躍らされた挙句に
身の程知らずにも「その気」になったとしか思えない緩み方。

中でも、おだてられてもっとも高くまで登らされたのは、
マーティ自身だったのでは?

6/7 サンスポ.com マーティ
広島・ブラウン監督、大炎上の投手陣に“怒”-サンスポ.com

「交流戦優勝」や「勝率5割」を視野にとらえた後半戦初戦、
言うまでも無く非常に重要な試合だったはずですが、
先発を託したのは、12日ぶりの登板となるルーキー篠田投手。

前カードで監督辞任のどさくさに紛れて2タテを喰わせたとはいえ、
交流戦の成績は6勝6敗とカープと1ゲーム差に過ぎないのに、
「格下相手に貯金シリーズ」とチーム全体が勘違いした結果、
重要な試合の先発に実績も乏しいルーキーを立てて臨むとは・・・。

毎度のごとく言われるように「勝負にいって打たれた」のならまだしも、
いきなり3連続四球で塁を埋めた挙句にタイムリー浴びるという
野球に係わりを持つ者ならたとえ小学生であろうと
「絶対にしてはいけない」と解ってる禁を犯してしまう神経が知れず、
子供達にも示しがつかず、プロのマウンドに立つ資格はありませんが、
先発させる方もさせる方でしょう。

篠田投手を継いだ大島投手こそまずまずの投球でしたが、
青木高投手は2死から四球出して、初球をローズにダメ押し2ランと
これまた鉄則を犯しての2失点。
とどめは、四球こそ出さないものの、真っ直ぐばかりで
ストライクゾーンで勝負挑み6失点と滅多打ちされたコズ・・・。

左腕共倒れ
篠田、18球KO 一死も奪えず降板-中国新聞

左投手がことごとく失点を重ねる「左壊滅状態」でしたが、
左の好打者が多いのでどうしても「左腕」は重宝されますが、
単に「左投げ」というだけで、
肝心の左打者にも通用しないレベルなら不要でしょう。

打者に向う気持ちも決め球も制球も持たないのであれば、
安易に1軍マウンド踏ませることなく、
この際、まとめて2軍で「塩漬け」にした方がまだマシです。

篠田投手の救い様のない無様な投球もさることながら、
ファールフライを追いきれない栗原選手に
緩慢な動作で2塁ランナーまで生還させたアレックス選手、
なんでもないゴロをはじいた梵選手と
野手陣も緩みっぱなしで目を覆いたくなる惨状。

戦える状態にあったのは、
初回のピンチに左右に好守連発し、反撃のタイムリー含む3安打と
目下首位打者で充実一途の東出選手が孤軍奮闘する姿が
逆に痛々しく感じられました。

やれ「交流戦優勝」だの「勝率5割でAクラス」だの
さんざん期待させてくれた挙句に見せられた無様な姿ですが、
これが通常の姿なのでしょう。

ルイス、建さんという「左右のエース」が登板する時こそ
チーム全体が緊張感をもって実力以上の試合ができても、
ちょっと気を許すと「草野球以下」の醜態を晒してしまう、
悲しいかな、これが現実のパフォーマンスなのでしょう。

普通に考えれば、優勝を争おうというチームだったら
いかに不調であっても昨日のような壊れ方はしないと思いますが、
昨日の試合が「たまたま」なのか?
あるいは前半戦が「たまたま」だったのか?
とてつもなく重苦しい暗雲が立ち込めてきた気がしています。


毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

後半戦の鍵を握るのは「ルイス以外」の先発陣の出来いかん

交流戦前半戦を7勝5敗と勝ち越しての折り返しと
鬼門にしては上々の成績でいよいよ後半戦に突入です。

中国新聞「カープ情報」に前半戦の総括が掲載されていました。
永川ら「魔の終盤」克服 交流戦7勝5敗ターン-中国新聞
順位表

交流戦前半の成績を眺めてみると、一にも二にも
中4日で3勝、それも涌井、ダルといった相手エースと投げ合っての
連敗ストッパーとなった「ルイス様々」に尽きる感があります。

責任投手延べ12名を見れば、先発以外の投手はわずか2名、
という事は、先発投手の出来で勝敗が決まってしまうケースが多く、
一旦先制なり勝ち越されると、打線は逆転どころか同点にも至らないまま
という傾向にあるようです。

とはいえ、打線もだらしないばかりではなく、
12試合中8試合は、2回までに先制点をあげるなど、
早い回から仕掛けられているのは、
交流戦最初のソフトバンク戦で連敗スタートとなって以降、
盗塁やバントといった従来見られなかった次の塁へ進めるよう
マーティの采配に変化が生じた事に起因すると思います。

一方で、先制されて逆転勝ちを収めたのは、
中継ぎ陣が不安定な対千葉ロッテの2戦のみと
相変わらず反発力に乏しい傾向は続いているようで、
正に「先行逃げ切り」がお家芸と化している様子。

一方で、先制点は取れるようになってはいても、
ここ6試合は3得点以下が続いている事は、
2連戦続きという事で各チームがエース級を登板させる事が多い点を
考慮するにしても、ちょっと寂しい気がしなくもないですが、
その点を先発投手陣の踏ん張りでカバーしている傾向のようです。

また、ここ3カードはパリーグのAクラスチームとの対戦続き
という事もあるのでしょうが、カード初戦は目下3連敗中で
1カード2戦制になった分、重要性を増すカード初戦の勝ちを
いかに拾っていくかが今後の課題となりそうです。

中4日で登板しているとはいえ、切り札ルイス投手を
使ってしまった以上、次回の登板までの間は、
他の先発陣の出来如何で長い連敗街道に沈む可能性もあり、
特に明日からのオリックス、ソフトバンクと続く4連戦の鍵は、
先発陣の出来に掛っていますが、
「左のエース」建さんはともかく、篠田、長谷川、大竹と
とかく信頼性に乏しい面々ばかりなので、
引き続き早い回での打線の援護が一段と求められます。

特に前回の対戦で2タテで下しているオリックスですが、
交流戦成績は、6勝6敗とカープと1勝分の違いしかなく、
大石監督代理がチームを手中にしたのか定かではないものの
前回の借りを返されないように気を引き締めて臨む必要が有りそうです。

6/6 中国新聞 ハイタッチ
何度見ても「いい写真」ですが、
後半戦もこういう光景を多く見れる事を願うばかりです。


毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

☆日ハム2回戦「エースの中のエース対決」制して前半戦勝ち越し

元々、投手陣に一抹の不安を抱えているだけに
日頃から「打線の奮起」を促してばかりになりがちですが、
今日ばかりは「よく頑張った!」と誉めたい気分。

日本ハム―広島2回戦(1勝1敗、18時、札幌ドーム、23870人)

広  島021000000―3
日ハム000000200―2

▽勝 ルイス13試合8勝4敗
▽S 永川15試合2勝8S

▽敗 ダルビッシュ12試合6勝2敗

何せ、ダルビッシュといえば、
ここまで11試合に先発して6勝1敗うち2完封含む4完投勝利、
防御率1.688と正に「エースの中のエース」という存在。

昨日の試合では「露払い」グリン投手に8回2死までノーヒット、
最終回にようやく2本塁打で2点返すのがやっとだった
打線との力関係からも「ダル攻略は至難の業」とも思えましたが、
ふたを開けてみれば序盤で早々と3得点。

それもいずれも2死となってからの得点だけに
2回の石原選手と赤松選手の思い切りの良さといい
3回の東出選手と栗原選手の激走といい
「名前負け」どころか今日は「何とかしよう」という
気持ちが感じられたのが何よりもうれしいです。

6/4 中国新聞 栗原と赤松

5月の月間MVPに輝いた「エース」ルイス投手からすれば、
「3点有れば御の字」ってところだったでしょうが、
今日はダルビッシュとの「エース対決」を自覚してたようで、
いつも以上に「えげつない」ほど切れていたスライダーといい
何時にも増して気合の入った投球でした。

6/4 中国新聞 ガッツポーズ
変幻ルイス13奪三振 赤松先制打-中国新聞

好投手との投げあいを自らのエネルギーに代えられる、
これぞ「エースの中のエース」と呼ぶにふさわしい投球内容で、
打線の奮起をも促したという事なのでしょう。

自らの投球に自信があるからどんどんストライクを先行させ、
有利なカウントで打者と勝負する事で主導権を握れるあたり、
昨日の大竹投手と比べるとその差は一目瞭然なので、
大竹投手には、是非参考にしてもらいたいものです。

「ボール先行」の独り相撲の投球を繰り返し、
味方のエラーに動揺する様子を顔に出してるうちは、
エースどころか野手陣の信頼すら勝ち取れませんが、
野手陣との信頼関係さえ勝ち取れば、
昨日の今日でも「しっかり守って、点を取ってくれる」事を
身を持って示してくれたルイス投手に感謝すべきでしょう。

そして、8回まで103球と余力充分だったルイス投手に替えて
あえて9回を守護神に託したマーティの采配に応えるべく、
自ら「守護神復活」を当確させた永川投手も危なげない投球で
もう完全復活と見て間違いないでしょう。
ルイス投手同様に表情に自信がみなぎってるあたりも
大竹投手に見習って欲しいです。

とにもかくにも今日で交流戦前半戦を終了しましたが、
開幕カードのソフトバンクにこそ2タテを喰ったものの
上位3球団全て1勝1敗と五分に渡り合えた事で
下位チーム相手に稼いだ貯金を借金返済に回す事で、
借金2を背負ってるとはいえ、3位を守る事ができました。

一カード2連戦と短縮されたところへ、
大黒柱のルイス投手が中4日で登板できた事が
「鬼門を克服しての善戦」の最大の理由であり、
正にルイス様々といったところでしょう。

明日以降、地元に戻ってまずはオリックス戦ですが、
くれぐれも取りこぼしの無いように必勝を期す事で
借金完済による勝率5割が至上命題となります。

そして、続くソフトバンク戦では、
交流戦開幕2タテの借りを返す事で念願の貯金が
視野に入ってきました。
その先には、Aクラスもおぼろげながら見えてくる訳で、
いよいよ正念場を迎える事になりそうです。

日によってばらつきはあるものの
上位球団に先勝されながらも連敗しなくなったように
ようやく投打のかみ合いが良くなってきつつある手応えを
感じられるようになってきた分、
ちょっとは期待しても良さそうな気もするのですが、
くれぐれも「ぬか喜び」に終わらせて欲しくないですね。


毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

★日ハム1回戦 手負いでも強い王者の前に「名前負け」

交流戦折り返し前の最終カードにして難関の日ハム戦。
「どうしても初戦は勝っておきたい」との思い上がりは、
完膚なきまでに打ちのめされた。

注目が2戦目の「ダルビッシュ攻略」に集まった事が
露払い役のグリン投手のプライドをも刺激してしまったのか?

「初戦を戦わずして、2戦目のダルを意識するとは、
身の程知らずにもほどがある」と言わんばかりに
あわやノーヒットノーランの屈辱を味わわされるところでした。

北の大地に王者の胸を借りに出向いたものの、
歴然とした力の差を見せ付けられての完敗・・・

それも相次ぐ主力選手の故障で手負いの王者なだけに
替わって出場した選手が仕事を果たす姿に
「真のチーム力の厚さ」を見せ付けられたようで、
「選手層が厚くなった」のをいい事にスタメンばかりいじる割に
チームが機能しない現状のカープとは、正に雲泥の差。

「仮にダルが先発回避しても勝てないんじゃないか?」
と思わされるだけの力の差を感じました。


日本ハム―広島1回戦(日本ハム1勝、18時1分、札幌ドーム、17815人)

広  島000000002―2
日ハム00011110X―4

▽勝 グリン11試合3勝7敗
▽敗 大竹11試合2勝7敗
▽本塁打 天谷3号(1)(グリン)栗原6号(1)(グリン)


6/4 サンスポ.com 大竹

先発の大竹投手は毎度の如く、踏ん張りきれずに
先に点を与え、ずるずると失点を重ねる「いつもの姿」のまま。
前回登板時の「2勝目」のプレゼントも何の役にも立たず、
相変わらず独り相撲を取り続ける投球内容。

大竹投手登板時には、本当に野手のエラーが目立ちますが、
これを不運の一言で片付けるのではなく、
ルイス投手や建さんの登板時には、締まった守備陣が
「なぜ自分の登板時にはエラーが続くのか?」考えれば、
自分の独り相撲の投球、すなわち「ボール先行」の投球が
チーム全体のリズムを乱している事実に目を向けるべきだし、
「運」や「野手」のせいにする前に、自らが招いた結果ではないか?
その位、自覚して欲しい気がしてなりません。

先発ローテの4、5番手の投手ならともかく、
仮にも開幕投手を任されたにもかかわらず、
登板の度に負けを増やすばかりで独りで5つも負けが先行して、
ルイス投手と建さんの貯金を食いつぶしているようでは、
とてもローテを任せる訳にいかないですね。

頭の切り替えが下手なのか?精神的に参ってるのか
知りませんが、
そろそろ2軍で頭を冷やして考えさせた方がいいかも知れません。

中継ぎ陣もいよいよコズロースキー投手のメッキが剥がれて、
1軍では通用しなくなってきたのも、
ただでさえ手薄な左投手なだけに大きな懸念材料となってきました。
大島、篠田両左腕は、できれば先発で使ってほしい、
それこそ今の大竹投手投げさすよりは、よほど期待が持てます。

一方、大竹投手を援護すべき攻撃陣も今日は音無し、
さすがの「首位打者」東出選手も4タコに封じ込められるなど
グリン投手の出来も良かったのは認めますが、
9回の2本のソロHRで「意地を見せた」だの「明日につながる」だの
慰め言ったところで負けは負け。

6/4 中国新聞 東出

お寒いコイ打線 八回二死まで無安打-中国新聞

指揮官殿が掲げる「機動力野球」って、
今日のように相手投手の調子がいい時こそ、
あれこれ仕掛けて揺さぶる事が求められるのでしょうが、
今日は「何とか塁に出よう」という創意工夫や気持ちが
一向に伝わってこない悪い時の攻撃陣に逆戻り。

カープにとって「本塁打でしか得点できない」という事は、
決して実力発揮とはいえない点の取り方で、あてにできないだけに、
もっとしぶとく粘って球数を投げさせたり、出塁して揺さぶりを掛ける、
そんな野球を見せてほしいのですが・・・
今日は日ハムにやりたい野球をされてしまった気がします。


とまぁ、余りの力の差に愕然とさせられた訳ですが、
こうなると俄然注目を集めるのが明日のエース対決。

大竹がエース失格の烙印を押されつつある中で、
一方、先発投手の役割を果たすばかりでなく、
今や安定度抜群で「エース」の風格が漂ってきたルイス投手。

投手部門の月間MVP受賞も当然と言えば当然の結果でしょう。

6/4 中国新聞 ルイス
ルイス月間MVP 4勝、防御率1・60で初受賞-中国新聞

初戦を落とした事で絶対に負けられなくなった「エース対決」、
より一層激しくオーラを発しながら孤軍奮闘するルイス投手の姿が
目に浮かぶようですが、少なくとも手負いの日ハムだけに、
「名前負け」するような覇気の無い攻撃だけは見たくない。

今日ばかりは打線の奮起を願わずにおれません。


毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

大竹か?ルイスか?それが問題だ・・・

早いもので交流戦も折り返しまで最後にして最大の山場となる
敵地での日ハム2連戦を残すのみとなりました。

ここ数年の傾向が余りに惨めだったため、
「鬼門」と化していた交流戦も今年に限っては、
ここまで6勝4敗と2つ勝ち越して借金返済に回せています。

5割到達が視野に入る反面、2タテ喰らえば貯金を吐き出すという
後半戦に向けて非常に重要な2連戦ですが、
カープの行く手に大きく立ちはだかるのが「エース」ダルビッシュ。

ここまで11試合に先発して6勝1敗うち2完封含む4完投勝利、
防御率1.688と正に「エースの中のエース」にふさわしいだけに
2戦目は、相当厳しい戦いが予想されます。

もっとも、指揮官殿は至って強気のようですが・・・。
「ダルとの対決、真価問われる」 ブラウン監督-中国新聞

確かに「真価を問われる」には違いありませんが、
何か「他人事」っぽいというか、根拠に乏しい強気の気が・・・。
いかにも「名前負け」しそうな臭いがプンプンする気がするのは、
自分だけでしょうか?
高校の先輩である嶋選手にしても、3年前と今とでは、
力関係は大きく入れ替わってしまってる感も有る訳で・・・などと
挑発する事で、意地を魅せてくれる事を期待したいです。


2戦目にダルが立ちはだかる以上、
初戦の重要性が一段と高くなる訳で、
是が非でも勝たなければならない1戦目を託すのは、
大竹投手か?ルイス投手か?

大竹投手は中7日、ルイス投手も中5日なので
順当にいけば大竹-ルイスという順になりそうですが、
ダルビッシュ投手が控えている分、初戦に必勝を期す意味で
ルイス投手でいきたい気がしないでもありませんが・・・。

開幕当初の大竹投手なら何も考える事はないのですが、
ここ最近の登板は、いずれも踏ん張れずに早々と失点を許す、
それも「独り相撲」の傾向が目立つ内容続きだけに
初戦任せるには、信頼感がイマイチです。
前回の「打線様々」で得た2勝目でも
「吹っ切れる」ようにも思えませんし・・・。

まぁ、マーティの事ですから、あっさりと初戦は大竹でしょうけどね。

ここは一つ、大竹投手には「絶対負けられない」強い気持ちで、
前回の汚名返上果たしてもらいたいです。
それでなくても、自身も未だ負けが4つも先行しているという
「開幕投手」の名が泣きそうな体たらくだけに、
いい加減、チームのムードを肌で感じて、
これ以上、独り相撲でチームの勢いに水を注す真似は
止めてほしいですね。

もっとも大竹投手独りに背負わせるのではなく、
打線には、初戦先発であろう「グリン攻略」を早目に仕掛けて
少しでも大竹投手の精神面を楽にしてやりたいところ。

起爆剤としての役割を期待するのは、
やはり「首位打者」東出選手という事になるだろうか?
6/3 中国新聞 東出
好調東出、迷いなし 安打量産で現在首位打者-中国新聞


できれば、初戦を大竹投手で快勝して先手打っておいて、
2戦目で「ダルビッシュvsルイス」という
勝っても負けても見応え充分の投手戦を余裕で楽しみたい。
12球団屈指の「エース対決」は、正に一足早い「オールスター戦」。

「オールスター戦」といえば、
今年からスポンサーがMAZDAになったんでしたね。
直接のつながりは無くなったとはいえ、
未だにチーム名に「東洋」の文字が使われている以上、
主役を張ってほしいですね。



ひょっとすると「初優勝」の時のように、
オールスターでの「赤ヘル旋風」の再来がAクラスをもたらすかも・・・。


毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

☆楽天2回戦「先行逃げ切りで接戦制して念願の3位到達!」

昨日の反省からか?注目のスタメンサードは小窪選手でした。
肝心の「足を絡めての機動力野球」こそ
楽天に軍配は上がったものの、
終わってみれば久々に「先行逃げ切り」が決まっての僅差勝ち。

楽天―広島2回戦(1勝1敗、13時、Kスタ宮城、20228人)

広 島100001000―2
楽 天000000010―1

▽勝 長谷川7試合2勝4敗
▽S 永川14試合2勝7S

▽敗 ドミンゴ13試合2勝3敗

今年は見違えるようなしぶとさを見せる好調楽天相手に
何とか1勝1敗に持ち込んだだけに価値有る1勝でしたが、
気が付けば念願のAクラス。

「浮上」というよりは、他球団が負けが込んでる中で
借金2で踏みとどまった結果ではありますが、
それでも決して順調とは言えないチーム状態での3位。

交流戦で借金を2つ減らしたり順位を上げるなんて、
昨年までは想像もできなかったので、大健闘の部類でしょう。

6/1 中国新聞 順位表

大健闘といえば、1軍復帰果たしたばかりの長谷川投手。
試運転も無しでぶっつけの先発、
それも昨日まで防御率1位だった「左のエース」建さんを仕留め、
更に勢いを増していた好調楽天相手だっただけに
6回4安打2四球で無失点は充分合格点。

髪を切り、ずい分さっぱりした風貌になってましたが、
肝心の投球はていねいに粘ってくれました。
2回のピンチを助けられたアレックス様々でしたが、
今日の「初心を忘れるべからず」でローテ定着してほしいです。

6/1 中国新聞 長谷川
長谷川6回無失点で2勝目 コイ3位浮上-中国新聞

昨日のフェルナンデス選手の活躍に刺激を受けたのか?
2回の守りで久々に魅せた「レーザービーム」に
6回の貴重な2点目となるタイムリーヒットと
今日は「助っ人」の名にふさわしい活躍だったアレックス選手。

今日も2安打を放って、チャンスメイクして全得点に絡んだ
打率.345と目下「首位打者」の東出選手。

初回の先制のチャンスに、
「ここぞ」という場面で見せる初球打ちで先制点叩き出した
「指名打者」出場の前田智選手。

好調だけに案の定、終盤に足を絡めて仕掛けてきた
楽天の猛攻を1点に凌いだ横山、シュルツ、永川の「勝利の方程式」。

自らの仕事に徹しチーム一丸となってモノにした接戦だけに
冷や汗もかかされた分、味わい深い勝利でした。

6/1 中国新聞 ハイタッチ

何はともあれ、チームはAクラスとして更に北上、
次に挑むは、「交流戦の王者」と呼ぶにふさわしい「日ハム」。
今や「エースの中のエース」ダルビッシュ投手との対戦で
苦戦は覚悟しなければなりませんが、
交流戦で一通り対戦を終える最後のカードだけに
何とか貯金を残して広島に戻ってきてもらいたいもの。

通算成績では借金2、交流戦だけ見れば貯金2なので、
2連勝できれば念願の借金完済も・・・
「可能性は有ります」程度に留めておくのが賢明でしょうね。


毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

★楽天1回戦「慣れない力勝負挑んだ末の返り討ち」

パリーグ2位、3位にして交流戦首位を走る楽天、日ハムの
敵地へ乗り込んでの対戦という交流戦最大の難関に
挑む北上遠征の第1ラウンドは見事に返り討ちに遭いました。

それも勝ちを見込んで「左のエース」建さんを立てての敗戦。
最近は立ち上がりに不安を感じさせてはいましたが、
さすがに楽天打線は見逃してくれなかった様子。

エース岩隈相手にいきなりの4失点は、
いかにも荷が重い印象でしたが、
それでもベテランゆえ何とか粘って欲しかったものの、
正に懸念的中といった感のある喜田剛のタイムリーエラー
はともかく、
4番フェルナンデスにダメ押しとなる連続本塁打浴びるなど
明日以降に尾を引きかねない失点を重ねてしまったあたり
今日は「らしからぬ」残念な内容でした。

ここまでの好投を考えれば「たかが1敗」でこんな日もある
と割り切って考えたいところですが、
交流戦最大の難関の初戦だっただけに
「期待を裏切られた」事に対する落胆は大きいし、
チーム内に動揺が残りはしないか?
明日以降、切り替えてくれる事を願うばかりです。

5/31 中国新聞 高橋
高橋びっしょり 安打の雨-中国新聞

楽天―広島1回戦(楽天1勝、14時、Kスタ宮城、14393人)

広 島000020010―3
楽 天40022000X―8

▽勝 岩隈11試合8勝2敗
▽敗 高橋9試合6勝3敗
▽本塁打 フェルナンデス7号(3)(高橋)8号(2)(高橋)
       倉2号(1)(岩隈)


中国新聞「球炎」でも触れられているように
喜田剛のサード守備は、目をつぶるレベル以下のようで、
投手陣にしてみれば時限爆弾を抱えているようなもの。
これでは「大胆な投球」に集中できるはずもなく、
チーム全体のリズムにも悪影響及ぼす心配が先に立ちます。

廣瀬選手がどこまで上達したか?解りませんが、
昨日も指摘したとおり
「サード小窪」で穴を埋める事を優先した方が
投手陣への負担軽減につながりそうな気がします。

考えてみれば格上の相手に挑む立場でありながら、
足元の守備すらおぼつかないなどという
付け入る隙を与えていては、
およそ勝機を見出そうという事自体、虫が良すぎるでしょう。

まずは相手に付け入る隙を与えない「専守防衛」に徹し、
相手のミスを待つ、あるいは武器である「足で揺さぶりを掛ける」、
これぞカープの目指すべき野球だと思う。

何とも格上に慣れない力勝負挑んでねじ伏せられた
印象だけに、
出るか出ないかわからない長打力に期待するよりは、
計算の立つ「守り」を固めて投手陣の負担を軽減し、
小粒ながらしぶとく粘ってつないで得点を積み重ねる方が
身の丈に合ってるとは思いませんか?指揮官殿。

毎日、お付き合いいただき誠にありがとうございますm(__)m
人気ブログランキング参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

 | HOME | 

いらっしゃいませ<(_ _)>

ただ今の閲覧者数:

since 2007/12/16


独白者

赤むらさき

Author:赤むらさき
色褪せた赤と紫に染まった憂鬱な日々を過ごす広島人。
最近は、慢性睡眠不足に悩む毎日です。


直近の流れ


We Are CARPぴーぷる


赤紫つながりの輪

このブログをリンクに追加する

いただいたコメント


多謝 トラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


ブログ内検索


AD-Butterfly


よろしくお願いします<(_ _)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 広島ブログ

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ようこそ!感謝です<(_ _)>


プロ野球Freak

powered by プロ野球Freak
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

Sports@niftyプロ野球速報


J1順位表


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


広告欄1


目指せ!たばこ銭

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット! >

by FC2


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。